« 判定会議と秋の希望 | トップページ | 術後一年 »

2024年6月22日 (土)

おうちdeパフェ

私の音楽活動を気にかけ、応援してくださりありがとうございます。

水曜日にようやく2作目CD録音の判定に決着をつけました。

ちょっと一息です。

この後私はジャケット製作に入ります。

完成は前回と同じく8月半ば予定です。

 

Img_2904

 

先日娘のショートステイのお迎えの帰り道に、昨年オープンして人気で近寄れなかった道の駅に立ち寄りました。

運転していて眠くなってきたのでちょっと休憩です。

そうしたらすっごく美味しそうなメロンのパフェ3種の看板が目に入り、

当然(?)引き寄せられて店内に入り、

一番お手頃の¥550のミニパフェを注文して二人で半分こ。

飲み物は頼まず水でいい。

他は¥1400、¥2500もしてとても手が出せない。

でもこのミニパフェに乗っているメロンは端っこの欠けらくらいで、

フルーツはほとんど見当たらず、これなら私が作るおうちパフェの方がずっといい!と思わず「パフェ研究家」を名乗りたくなりました。

以下、今年作ったパフェの写真です。

 

Img_5026

 

Img_3528

 

Img_3720

 

Img_3155

 

Img_3687

 

Img_4529

作り方はいたって簡単です。重ねるだけだから。

前にも投稿しましたが、

一番下にグラノーラ、その次に何かフルーツ、あるいはあればスポンジケーキの欠けらみたいなもの少し、そしてアイスクリーム(できればハーゲンダッツなどの美味しいもの、私は生活クラブのアイス)、その上にまたフルーツ。

最後にトッピングとしてクルミなどのナッツやドライフルーツを刻んだものを散らします。

バナナやいちごがあるパフェなら、チョコレートソースもあると嬉しい。

そんな感じで、ただ重ねていくだけですが、

重ねる種類が多いほどオーケストラや室内楽のアンサンブルのように、

交わった時のハーモニーが口の中で踊ります。

Img_3047

 

Img_3437

パフェって、子供の頃親に連れて行ってもらった時のワクワクや、

友達と食べに行った時のドキドキや、様々な思い出も乗っています。

(私は中高女子校そして男子が少ない音大なので残念ながら友達とだけ)

パフェは食べなくても生きていけるけれど、あれば人生が楽しくなる。

その一見無駄にも見える余分さがまたいい。

家で作って出すと家族や友達の笑顔が拡がること間違いなし!

幸せを呼ぶおうちdeパフェ いかがですか?

 

 

information

*私たちLuna ClassicaYouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

2枚目のCDに収録予定のブラームスのヴァイオリンソナタ第1番の冒頭部分を、下記YouTubeでお聴きいただけます。

https://youtu.be/_g0WW0caJMM

 

Luna ClassicaCD1作目「祈り」はこちらでご視聴、お求めいただけます。

https://www.tunecore.co.jp/artists/LunaClassica

 

« 判定会議と秋の希望 | トップページ | 術後一年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 判定会議と秋の希望 | トップページ | 術後一年 »