« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »

2024年6月

2024年6月24日 (月)

術後一年

今日は手術後一年経過した診察でした。

先週CTを撮りに来てその結果を踏まえ、娘の日常生活を踏まえて、

ネジを抜く手術はしなくていいでしょうとの判断でした。

 

Img_5220

 

一年前の5月末、自宅でてんかん発作を起こして倒れて頭を打ったことで、まさかの頸椎2番骨折。

応急処置で装着したネックカラーが合わず、その夜薬はおろか水も飲めなくてハラハラして、

救急外来にストレッチャー付きの介護タクシーで大学病院に向かいました。

頸椎2番は呼吸や神経の中枢に最も影響が出る最重要箇所。

私たち親子最大の試練、最大の危機でした。

 

倒れた時は、片手で支えていてゆるっと倒れたので、

「びっくりしたね」と声をかけた私に「うふふ」と言ってくれたのに、

まさかそんな事態になるとは!

頸椎骨折はすぐにはわからなく、しばらくして独特の痛みが来るそうです。

でも、何かおかしい と思い始めて市内の総合病院受診→大学病院となり、

その間の紆余曲折と心配やストレスは今までで一番の体験でした。

 

いつも入院には付き添って来た私ですが、次からはもうついて行かないからね と言っていたのに、

今回は命に関わる首ならもう一緒に行くしかない!!

話ができない子の代弁者、そして側にいるからわかること、できることをやれたから、

今こんなに元気になっていると一年を振り返り自分自身を労っています。

もちろん、手術を担当してくださった先生、そして病棟の看護師さん、

リハビリの先生、専門家の助けなしには何も出来なかったのですが、

夫には家に戻ってからの生活環境を整えることを具体的に準備してもらい、

そして治ってほしいと強く願う私の精神的な支えなしには生きる気力は萎え、

回復は難しかったかも、、、と振り返っています。

 

こんな中最も心に残ったのは、とりあえず入院させてもらえて、

手術までの時間にネックカラーを付けただけの状態でもリハビリが始まった時のことです。

両側をリハビリ医に慎重に付き添われてまずは立ち上がり、

その後病室のドアまで歩いて行く意思を見せ、ドアのところに立って必死に生きる意欲に満ちた爛々とした目で外を見ていた娘。

翌日は病棟の端まで歩いて、窓から外を眺める目に薄っすら涙を見たこと。

生きていたい。生きているだけで嬉しい。

 

それまでにも小3の時に坂道を走っていて転倒して左大腿骨骨折から始まり、

1の時はちょっと友達に押されて倒れて頭を打って硬膜外出血を起こして、

この時も瀬戸際を体験しました。

 

その後のてんかん発作の増加、何度かの転倒骨折、

さらにコロナ中に発作がますます大変になって、脳梁離断の手術に踏み切ったこと、

術後の経過が悪く2ヶ月の入院生活の後、もう一度開頭手術。

それなのに発作は良くならずに、退院後の生活が大変であったため、

16時間ファスティングを導入したり、様々な工夫で今は以前の1/3の発作に治っていること。

娘はこれまでの人生でどれだけのことを乗り越えて来たか の勇者です。

 

Img_5218

 

今は発作で倒れても骨折しないように基本は車椅子生活ですが、

1時間に一回10分安全に立つ装置も作り、安全を確保した上で体力、

筋力を少しでも保てるような生活を送っています。

これ以上骨密度を下げないように。

首に金属のネジが入ったままというのはとても気になりますが、

ネジを抜くと4mmの穴が開き、自然に穴がふさがるまでの期間骨が弱い状態が続くことになり、

手術の麻酔というリスクも天秤にかけて、このままの状態で行くことになりました。

半年後にもう一度経過観察で大学病院を受診します。

 

 

こんなにいろいろ大変なのに、それでも生きていることは嬉しい。

施設では理解してくれる支援員さんとの関わりがあり、

娘のことを気にかけてくださる長年の応援者の方々があり、

大好きな家族がいて、ごはんが美味しくて外に出れば自然が美しく嬉しい。

特別に何か成すことはできなくとも、いえそれ以前に話すことさえできなくても、

素朴な喜びだけの生活でも、生きていることは十分に素晴らしく愛があるだけで嬉しいことを、

私は娘から教えられています。

 

家族や職場や近しい人間関係で悩む人もいれば、健康問題で悩む人、

お金のこと、自分について、様々な悩みや苦しみを誰もが多かれ少なかれ抱えていますが、

私たちの課題は娘のことに集約されています。

私も本番の前日に娘の骨折や、てんかん発作で入院など数々経験して鍛えられてきました。

夫も娘を支える生活のことは「苦労ではなく修行だと思っている」と言います。

体を張って教えてくれているのがうちの娘です。

自分のためよりも大事な人のための方が力が出るのが人間のデフォルトのようです。

支える方が力を与えら、支えられているのです。

私の人生の意味がはっきりわかるから。

 

 

私は障害のある人の生活、実情、気持ち、家族の思いを伝えることも

自分の大切な役割だと考えています。

 

共に生きてくれてありがとう。

 

Img_5222_20240624231701

診察が終わって会計待ちの時と、回転寿司でお昼ごはんの写真。

 

 

information

*私たちLuna ClassicaYouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

2枚目のCDに収録予定のブラームスのヴァイオリンソナタ第1番の冒頭部分を、下記YouTubeでお聴きいただけます。

https://youtu.be/_g0WW0caJMM

 

Luna ClassicaCD1作目「祈り」はこちらでご視聴、お求めいただけます。

https://www.tunecore.co.jp/artists/LunaClassica

 

 

2024年6月22日 (土)

おうちdeパフェ

私の音楽活動を気にかけ、応援してくださりありがとうございます。

水曜日にようやく2作目CD録音の判定に決着をつけました。

ちょっと一息です。

この後私はジャケット製作に入ります。

完成は前回と同じく8月半ば予定です。

 

Img_2904

 

先日娘のショートステイのお迎えの帰り道に、昨年オープンして人気で近寄れなかった道の駅に立ち寄りました。

運転していて眠くなってきたのでちょっと休憩です。

そうしたらすっごく美味しそうなメロンのパフェ3種の看板が目に入り、

当然(?)引き寄せられて店内に入り、

一番お手頃の¥550のミニパフェを注文して二人で半分こ。

飲み物は頼まず水でいい。

他は¥1400、¥2500もしてとても手が出せない。

でもこのミニパフェに乗っているメロンは端っこの欠けらくらいで、

フルーツはほとんど見当たらず、これなら私が作るおうちパフェの方がずっといい!と思わず「パフェ研究家」を名乗りたくなりました。

以下、今年作ったパフェの写真です。

 

Img_5026

 

Img_3528

 

Img_3720

 

Img_3155

 

Img_3687

 

Img_4529

作り方はいたって簡単です。重ねるだけだから。

前にも投稿しましたが、

一番下にグラノーラ、その次に何かフルーツ、あるいはあればスポンジケーキの欠けらみたいなもの少し、そしてアイスクリーム(できればハーゲンダッツなどの美味しいもの、私は生活クラブのアイス)、その上にまたフルーツ。

最後にトッピングとしてクルミなどのナッツやドライフルーツを刻んだものを散らします。

バナナやいちごがあるパフェなら、チョコレートソースもあると嬉しい。

そんな感じで、ただ重ねていくだけですが、

重ねる種類が多いほどオーケストラや室内楽のアンサンブルのように、

交わった時のハーモニーが口の中で踊ります。

Img_3047

 

Img_3437

パフェって、子供の頃親に連れて行ってもらった時のワクワクや、

友達と食べに行った時のドキドキや、様々な思い出も乗っています。

(私は中高女子校そして男子が少ない音大なので残念ながら友達とだけ)

パフェは食べなくても生きていけるけれど、あれば人生が楽しくなる。

その一見無駄にも見える余分さがまたいい。

家で作って出すと家族や友達の笑顔が拡がること間違いなし!

幸せを呼ぶおうちdeパフェ いかがですか?

 

 

information

*私たちLuna ClassicaYouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

2枚目のCDに収録予定のブラームスのヴァイオリンソナタ第1番の冒頭部分を、下記YouTubeでお聴きいただけます。

https://youtu.be/_g0WW0caJMM

 

Luna ClassicaCD1作目「祈り」はこちらでご視聴、お求めいただけます。

https://www.tunecore.co.jp/artists/LunaClassica

 

2024年6月11日 (火)

判定会議と秋の希望

 

昨日の午前中はヘトヘトになった録音判定会議。

2日間で計10枚になったCD(途中話し声も入っている)をもとに、

まずは個人で判断してその後二人で意見をすり合わせる時間。

 

たとえば確認のためにCD3の43:25~聴いてみようとなれば、CDを早送りしなければならず、

さっさと次のを聴ければまだいいものをじっとスイッチを押し続ける。。

数字が飛び交い、音の記憶で頭が占領されて、かなりの脳疲労でした。

せっかくうまくいっていたのに最後の音が!とか、もうそんなことの連発で。

この音かすれている、ここの音程が~、、、などなどがっくりするものを聴くストレス。

あっ 自分のことです💦

だから余計にどっと疲れるのですよね。。

でも、味わい深いところもたくさんあります。

Img_4548

 

午後は素晴らしいフレンチで生き返るお疲れ様&お誕生日おめでとう♪ランチ会✨✨

コワン ドゥ フルノーさんのお料理に癒されました。

https://coindefourneau.gorp.jp/

Img_4538

Img_4539

Img_4540

Img_4541

Img_4545

 

秋のコワンさんでのディナーコンサート🎻🎹の日程(11/9土)も決まり、

二人で先の楽しみもできてさぁまた頑張ろう!!の気持ちです✨

 

Img_4537

 

でもその前に、判定会議時間切れになったテイクの確認→CD制作作業の大仕事があります。

世に出してもいいものが作れるのかどうか、、、

まだまだ産みの苦しみは続きます。🎻

 

information

*私たちLuna ClassicaYouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

2枚目のCDに収録予定のブラームスのヴァイオリンソナタ第1番の冒頭部分を、下記YouTubeでお聴きいただけます。

https://youtu.be/_g0WW0caJMM

 

Luna ClassicaCD1作目「祈り」はこちらでご視聴、お求めいただけます。

https://www.tunecore.co.jp/artists/LunaClassica

 

#コワンドゥフルノー

#守谷の絶品フレンチ

#LunaClassica

2024年6月 6日 (木)

ご褒美の時間

 

5月半ばの2作目CD録音の頃の怒涛の疲れもようやく取れてきました。

録音前は緊張していないつもりでも、やはり緊張があるのです。

それがわかるのは睡眠状態から。

寝付きはまあまあながら、寝て2時間後にはトイレに起きる、

明け方娘の発作で目を覚ますが続いて正味5時間眠れたかな?という

明らかに睡眠不足なのに、日中元気に練習できるから不思議。

やらないわけにはいかないし、やりたいし、の気持ちで身体を無視して動けてしまう状態でした。

 

そんな時は娘にも影響があります。

お天気も不安定だったのでそちらの影響の方が多いとは思うけれども、

見えない臍の緒で生涯つながっている障碍者とその母は、

体調がリンクするものです。

なので、娘もお昼寝が極端に少ない状態が続いていました。

そうなると明け方発作という負のループに入るのですよね、、、。

Img_4209

そして録音二日目には義母が亡くなったという知らせが入り、

家中バタバタの空気と緊張感。

夫とバトンタッチで私も田舎に帰り、先にお参りを済ませて、

その後予定していた実家の母との1泊旅行にレンタカーで出かけるというスケジュールの話は前回のブログに書きました。

一つ一つは大変であってもなんとかこなし、楽しい思い出もできたのですが、

やっぱり疲れました。。

 

福岡から帰って来てからはまずは録音チェックしたいけれども、

その準備を整えて、雑用もこなさなければならない。

そうこうしているうちに楽しみに待っていた友達との時間がやってきました。

 

先週末金曜日からの三日間。楽しかった♪

金曜日、3月のイベント打ち上げで仲良し三人で飯田橋のタイ料理店へ

昨年から知り合って親しくなった薫さんの出版記念イベントをお手伝いしたことの打ち上げです。

薫さんの翻訳書はこれ!

824 月明かりのロンド」https://amzn.asia/d/hmfAeoz

Img_4550

~写真はタイの紀伊国屋書店で平積みされている「824月明かりのロンド」

4月にタイを訪れて、著者のジェーンさんに会って、現地でプロモーション活動をしていた薫さんの快挙!!

薫さんの写真をお借りして~

 

私は実はタイ料理は初めて。

注文したお料理はどれも個性があって楽しめて何より美味しい!

たくさん笑って伝えたいことを話して、心もほぐした楽しい時間。

JR飯田橋駅近くなので、紀尾井ホールでの演奏会の時にまた寄れそうです。

タイの食卓 オールドタイランド 飯田橋店

https://g.co/kgs/Uz47Fxx

Img_4109

Img_4118

 

そして昨日土曜日は、息子と孫がやってきて一緒にお昼ごはん。

まずは近所の公園に散歩して、うちに帰ってお昼を食べて、

孫のリクエストで楽器で遊ぶ。

パパが「ピアノとヴァイオリンどっちがしたいの?」と聞いたら、

孫は迷わず「ヴァイオリン🎻」と答える。

嬉しいバアバです💛

Img_4141

Img_4173

 

日曜日の朝、庭にある紫陽花たちが咲いているのに気が付く。(特に裏の)

今年も咲いてくれてありがとう。

Img_4210

 

そしてお昼は家族のお疲れ様会で、取手市のラ・ベル・フォンテーヌさんへ。

こちらでも私たちのCD「祈り」を販売してくださっています。

https://labelle-fontaine.com

 

フレンチらしいシックなお店でゆったり座って美味しい食事。

ノンアルスパークリングワインとジュースで乾杯すると、娘がとっても笑顔に。

お腹も心も満足して、大雨が降って来る直前に家に戻れました。

Img_4214

Img_4215

Img_4216

Img_4220

Img_4222_20240606161001

 

そういえば、1年前の6月2日は頸椎骨折の手術の日でした。

あれから治って無事にこうやって過ごせていて感謝!!

 

 

そして火曜日、とても気持ちの良い時間を、

東京、神奈川、埼玉、もちろん茨城も含めて勝間塾の7名の友人たちとご一緒できました。

茨城って都内からは遠いと思われると思いますが、

つくばエクスプレスを使えばわりと近いんです。

利根川を渡ればすぐ。そしてその利根川の川べりの景色が気持ちいい。

道中もちょっと遠足気分で楽しんでもらえたのでは?

 

11:10までにTX守谷駅集合で、

目的地のイタリアンレストラン「さくら坂vivace」に向かいました。https://sakurazaka-vivace.com/

Img_4315

 

私の車に乗ってくださった方々には守谷観光案内も。

いえ 観光なんてどこにもないのですが、「左手に守谷市役所です。

次には大きなアサヒビール工場が見えます。そして通称赤い橋を渡ります。

この下を流れているのは鬼怒川で、、、」なんて説明するたびに、

「わ~~💛」という感嘆の声が上がりました。

もう~なんて感性豊かな勝間塾生!!! 素敵♪

その喜びの声を聴けるたけで、私は嬉しくてたまらない💛

 

さくら坂vivaceに到着してからも、ランチを目の前にして笑顔とわ~~💛という喜びの声が拡がる。

マネージャーとオーナーから、生ハムのプレートの差し入れもいただきました☆

ランチ後にイタリアが溢れている自然豊かなお庭を案内して、

また皆さん感激される。

皆さんの素晴らしい笑顔の写真をここに載せられないのが残念!!

食後のお茶はバスケットに入れて運んでテラスで楽しみました。

Img_4306

 

冬は富士山が見える、今も遠くにスカイツリーが見える見晴らしの良い景色には

心が解放されます。

テラスの上には桜の大木。

桜の季節には来たことがなかったけれど、きっとその時期も素敵だろうな、、、、。

 

ここは人気店なのでランチは2時間で入れ替わり制のため、

デザートは我が家にお誘いしました。

せっかく遠くからきていただくのに2時間だけでさようならでは申し訳ないし、

もったいない!

私の作るデザートはもちろんパフェです♪

しょっちゅう作っています。作るというよりは重ねるだけですが。

昨日は計8名だったので間に合わず、何名かがキッチンに入って手伝ってくださいました。

重ね方と材料は、一番下から順に

グラノーラ大さじ1,バナナ、アイスクリーム2種(ハーゲンダッツのマカダミアとロイヤルミルクティー)、イチゴ、キウイ、チョコレートソース、

前もって刻んでいたクルミとピスタチオチョコ、アプリコットのビネガー漬けを散らす。

材料は季節のものならなんでもいいんです。

酸味、甘味、触感の違うものを組み合わせることが大事。

味のハーモニーを楽しむつもりで。

Img_4316

同じ塾生なので、実際に逢った回数はまだ少なくても話はスムーズだし盛り上がる。

共通の話題である勝間さんのサポートメール(毎朝5時に届く)がありますからね!

今週のテーマは「アサーティブな自分になるトレーニング方法」です。

気が付くとどこに行っても私が一番年は上かも(笑)?と思うことが多いのですが、

でも歳なんか関係ない!

年上の友人から学ぶことはもちろんいいけれど、

若い友達から学ぶことも山のようにあります。

同じようによりよく生きたいと願う仲間は与え与えられ共鳴して拡がり、

一緒に居る時間が楽しくて仕方ない。

 

つくづく私は人が喜ぶ姿が好きなのだと思いました。

娘の訓練でボランティアさんが毎日来てくださっていた時期もあれば、

リハーサルで誰かが来てくれて一緒にうちでお昼ごはんなど、

おもてなしする機会が今までもたくさんありました。

皆さんから居心地がいいと言ってもらえるのは、

きっとうちの守り神が娘だからだと思います。

私も若い頃はけっこうカッカする方で待つのが苦手なタイプしたが、

娘のお陰で修行できました。(笑)

日々学ぶことも努力することも好きですが、誰かと穏やかな時間を過ごして笑顔を交わすことも、有意義な情報交換、意見交換することも大好き。

お陰ですっかり元気になりましたよ!

Img_4208

ということで、今は録音チェックに励んでいます。

CD製作の技術者、専門家がいるわけでもなく、

すべて自前で製作のわたしたちのCD.

今どきのCDは音程さえ調整でき、いくつものテイクから良いところをつぎはぎして作れるそうですが、私たちはそうはいかない。

10分間を無傷で弾くのは難しく、どこか休符の箇所でつながないといけないかな、、、と今のところは考えていますが、

それでも素のままです。

世に出していいのかどうか?まずは個人でチェックして、

泉恵さんと判定会議で決めて、実際の制作作業に入ります。

 

今ブログなんて書いているのは、娘がお昼寝中だから。

PCの右に置いたスマホのモニターで娘を見ながら、ブログを書いています。

録音を聴き始めると娘のことまで見ていられないので、危険を察知するのが遅くなるので、起きるまではできないのですよね、、、。

でもその間 別のやることをやる です。

明日は娘が通所日なので、集中して取り組みます。

 

 

information

*私たちLuna ClassicaYouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

2枚目のCDに収録予定のブラームスのヴァイオリンソナタ第1番の冒頭部分を、下記YouTubeでお聴きいただけます。

https://youtu.be/_g0WW0caJMM

 

Luna ClassicaCD1作目「祈り」はこちらでご視聴、お求めいただけます。

https://www.tunecore.co.jp/artists/LunaClassica

« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »