« 新たな学びと刺激 | トップページ | 録音の場 »

2024年5月 7日 (火)

誕生日に思うこと

GW中にお誕生日を迎えました。

毎年必ず晴れが約束されています。

LineFacebook等で祝いのメッセージをお寄せいただき、大変ありがとうございました!

お陰様で健康で無事にまた一つ歳を重ることができました✨

以下、先にFacebookに投稿した内容に加筆してブログにアップします。

 

Img_3587

~うちのカメラマン~

 

 

お誕生日の一日はどんな日だったかというと、

息子家族とお嫁さんのご両親と久しぶりに一緒に食事をしようということになっていて、孫ちゃんが喜びそうなふれあい動物コーナーがある自然がいっぱいの「あすなろの里」に3年前にオープンした里カフェで待ち合わせ。

GWはどこも混み混みで駐車場も入れないかも、、、と予想して、

私たちは10時には着いて散策してのんびり過ごしました。

 

Img_3607

~この前まで赤ちゃんだったのに、お子様ランチを食べるようになりました。~

 

特に、菅生沼を挟んで対岸にある茨城県自然博物館に渡る遊歩道の木陰で、ウグイスの美しい声を聴きながら風に吹かれている時間はとても気持ち良かった🍀

夫と、「ハンモックがあったらお昼寝したいね~」と。

録音が近いので本当はこんなにのんびりお出かけなんてしている場合ではないのに、

時間を気にせず外の木陰でゆったりなんて、なんて贅沢。

 

Img_3592

 

帰り道にお菓子のメイプルでケーキを買って帰り、家でハッピーバースデー。

風邪を引いて熱がある息子は残念ながら今日は参加できませんでしたが、

行く前に寄って差し入れを渡して顔を見て、プレゼント交換。(彼も誕生日が近い)。

いつもはどこにも行かないGWですが、近場で家族と過ごす時間はいいものですね。

 

Img_3622

 

夜中2回起きたため朝から眠かったので、20分ほどお昼寝してから練習。

まだ張り替えた弦が安定しない、、、。

でも、新しい弦は響きが良い。音がこなれるまでの辛抱。

 

Img_3625  

 

気温差が激しいため先週から発作が多い娘。

でもその前の1週間は発作ゼロが記録的に続いて、てんかんは治ったのか!と思ったほどでした。

このところ夜中の発作や布団のお世話で何度も起きて、私も寝不足が続いています。

良い日もそうでない日もある。

それが人生というもの。

歳を重ねて良いことの一つは、長いスパンでものを見られるようになって楽になったこと。

新しい一年をこれからも音楽と皆さまと共に、笑顔で歩んでいきたいと思います。

 

Img_3582

 

 

録音まであと8日になりました。

去年はこの時点で娘が発作で倒れて頸椎骨折なんていう大事件で録音が流れたので、

かなり注意しています。

5月って良い季節なのに、過去を思い出すと竜巻注意報が頻繁に出たり、

雷があったりの不安定な時期でもあります。雹が降ったのも5月末でした。

娘の発作はお天気連動なので気を抜かずに見てあげないと。

 

そして自分のことは、日々揺れます。

1作目の時の大変な緊張に比べると、落ち着いています。

演奏の仕上がりは自己イメージと一致したところまでしかできないのを、

今回はいつも以上を目指している。

それってどんな感じなのか?自分でもわかりません。

新しい扉を開くために何をする必要があるのか?

ただ練習していても新しい次元には行けなもちろん

かといって、焦っても良いことはない。

 

すでに明け方トイレに起きたり、発作のお世話で起きたりしたら、

そのあとは音が駆け巡って眠れないので、毎日5時間睡眠です。

緊張なのか興奮なのか、平常とは違う状態。

スマートウオッチは横になっていたら騙されるので、

正味5時間しか寝ていなくても睡眠スコアは84と出たりします。

当てにならないな~。。

 

自分がどう弾くか?はもちろんのことだけれど、それだけ考えていても仕方ない。

まだ音程がはまらない箇所、かすれる音はあり、う~~ん間に合うのか?の不安はある。

音が、音程が、構成がというクオリティはもちろん大事、でもそれは評価の対象、

自分の満足のためだけで、

なんのために作るのか?誰を喜ばせたいのか?の

自分から離れた問いを立てることが大事だと最近考えています。

前にCDを作ることは残すことと書いたけれど、

同時に世界に向けて、未来に向かって発信すること。

何のメッセージを発信したいのか。

 

Img_3598

 

本番が近づくと、自分がどう弾けるか?ではなく、

来てくれる友人の顔を思い浮かべてその人に喜んでほしいからエネルギーが出て、

良い結果につながります。

自分のため自分たちのためだけではマイナスにばかり目が行って萎縮して緊張するだけ。

そこは経験からよ~くわかっています。

音楽は差し出すもの、分かち合うもの。

 

心構えとしては、思い悩まないこと。

今日やるべきことを見定めて、深く追求するだけ。

眠れない私が自分に言い聞かせています。(笑)

 

Img_3624

~泉恵さんからいただいたプレゼント💛私の好きな色♪~

 

 

20代の頃に読んでなぜか大事に思っている文章が下記のもの。

困った時、煮詰まった時、いよいよという時に、なぜか毎回これを思い出します。

 

「あなたが何をするのであれ、たとえそれが急を要したり、非常な注意を払ってすべきことであっても、あなたにあれこれ考えたり心を乱されたりしてもらいたくはない。

なぜかというに、あなたのすることは、それが大変なことだろうと些細なことだろうと、その問題の八分の一に過ぎないからだ。

万が一仕事を成し遂げるのに失敗するとしても、心の状態を平静にしていることが八分の七に相当する。

中略

しかしながら、もし仕事を成し遂げるためにあれこれ思い煩って、心が翻弄されたり、自他ともに傷つけあったりしたならば、あなたは八分の一を守ろうとして八分の七を失ったことになるのだ。

そのような事態を招かぬよう、気を付けてほしい。」

初期の教父たちのフィロカリア

 

「覚醒への旅」 ラム・ダス著 平河出版社

注:ラム・ダスは過去にハーバード大学で心理学を教え、初著「ビー・ヒア・ナウ(Be Here Now)(1971)200万部のヒットとなり、ヒッピー文化を牽引しました。

1970年代のヨガ、瞑想、マインドフルネスブームの火付け役となり、現在の世界的なブームと繋がっていきます。

Be Here Nowは、アップル社の創業者スティーブ・ジョブズの愛読書としても知られています。

私が持っている「覚醒への旅」第八刷は1985年発行。初版は1980年なので、当時の人気がうかがえます。

 

 

どう思います?

私はなぜ30年以上、たびたびこの言葉に立ち返るのか?

 

 

今夕食の支度の際に耳読している田坂広志さんの「運気を磨く」でも、

心の状態の大切さが説かれています。

運気を磨く 心を浄化する三つの技法 (光文社新書)
https://amzn.asia/d/3iV8R2k

 

ほぼ読み終えたので、これからしばらく他の田坂さんのアンリミを聴き続けます。

 

この後のブログは終わってからになるかもしれません。

心からの音楽を収録できますように。

応援ありがとうございます!

 

Img_3623

~息子からは可愛いカレルチャペックの紅茶~

 

 

information

*私たちLuna ClassicaYouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

 

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

2枚目のCDに収録予定のブラームスのヴァイオリンソナタ第1番の冒頭部分を、下記YouTubeでお聴きいただけます。

https://youtu.be/_g0WW0caJMM

 

 

Luna ClassicaCD1作目「祈り」はこちらでご視聴、お求めいただけます。

https://www.tunecore.co.jp/artists/LunaClassica

« 新たな学びと刺激 | トップページ | 録音の場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たな学びと刺激 | トップページ | 録音の場 »