« 3/15つくばサロンコンサート出演 | トップページ | やりたいことをとことん »

2024年2月17日 (土)

最近のこと

 

最近の不思議なこと2つ。

1つは数日前の明け方の夢。

先週の雪の日から毎晩明け方に娘の発作で起きていて、その最終日のこと。

(今は安定していますのでご安心ください)

夢の中で私はどこかのホテルに宿泊していて、部屋に1人残した娘のことが気になって慌ててドアを開けたところ、

ソファーの手前には娘が座っていて、

2つ分空けたところに分身の私が座っていました😱

20年位前の若い私が。

 

皆さんは自分の姿を夢の中に見ることありますか?

今まで夢を見ても、私は体験をする側にいて、自分の姿を見ることなんてなかったのに、

初めて自分を客観視したことが、

えらく怖かった😨

いつも夜中に娘が布団を着ていないと、

なぜか目が覚めて布団をかけます。

まるで寝ている間に、天井から娘を見ているみたいに気がつくのです。

その延長のように感じたと言うわけです。

精神分析や夢判断をご存知の方は教えてください~。

 

もう一つは、水曜日の整形外科受診。

1年前から早めの骨密度管理をしていて、半年に一度の検査。

この1年運動習慣が定着したおかげもあって、

骨密度は2%ずつ上がっていたのは嬉しいものの、

不思議なことに身長が2cm伸びていた!!

ホントに??😳

いや多分、整形外科の身長計がおかしい方よね?

 

写真は内容と全く関係ない

近所の梅です🌸

Img_2596_20240217210601

 

 

今週は夫が田舎の両親の様子を見に帰っていて、娘と2人生活。

手伝ってくれる人がいないければそのつもりですべてを早回しで行うので、

練習時間が減る以外は特に問題はありません。いや、それも十分に影響ですが。

一番の問題は、非常事態が起こった時です。

 

五年前ハザードマップが改定されて、うちのあたりは水害が起きたら3M浸かることになってしまい、

去年から市役所の福祉課の方が具体的な非常時避難支援者リストを作成してくれています。

年末に担当職員さんが2人で調書を取りに来てくださり、

その後私から娘の資料をPDFで送り、それを元に共通の書式に従って記載された内容を確認し、

いざとなった時に支援してくださるご近所さんに情報開示という順番で進んでいます。

 

何が一番気がかりって、私がどこかで被災して帰って来られなくなること。

長~い取説を持つうちの娘のことをよく知ってくれている通所施設の職員さんや、

居宅介護のヘルパーさんがいるのは安心です。

でもそれは日中だけのこと。

一日を通したトータルの娘の注意事項を記した「親心の記録」というものを2019年からつけています。

改訂しながらいざという時のために準備していますが、

そのいざはいつ来るかわからない。今年のお正月は本当にそう思いました。

6bccb391e0844662a8648862f4c56f83

今回、市役所の福祉課のPCにうちの娘の資料が保管されていると言うのはとても大きな安心になりました。

実際には市の職員さんは手が回らないでしょうから、具体的に動いてくれるわけではなくても、

そこに資料があるというだけで違います。

 

常に、私がいなくなった後の娘はどうなるのだろう?という心配をし続けで来ましたが、

昨年から始めているショートステイや、今回の非常時用の資料作成と共有によって、

随分具体的に話が進み心の平和が少しずつ得られています。

 

Img_2613

写真はお散歩で見た雪柳。暖かい気温に刺激されて、花が咲く準備が進んでいるようです。

 

« 3/15つくばサロンコンサート出演 | トップページ | やりたいことをとことん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/15つくばサロンコンサート出演 | トップページ | やりたいことをとことん »