« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月20日 (火)

やりたいことをとことん

今日は5月の録音用のリハーサル1回目。

メインの曲は決まっているので、残りの小品を決めて気持ちはGo!です。

全部で72分にもなりそう💦頑張らねば~~。

 

会っている時間の半分は音が出ている時間、半分はしゃべって食べている時間。

先々のことを相談するのは楽しい💛

目標や夢が今を照らしてくれます。

夫ともこのところよく言っているのが、

もうこの歳になったら人が何と言おうと気にしないで、やりたいことをやろう!と。

変化が激しい予測がつかない時代に生きていて、

二日後に死んでも、100歳まで生きてもいい生き方をしながら、

今を存分に楽しみたい。

私の楽しみは広く興味を持つことよりも、好きなことを自分なりに深堀することだけれど、

それが何より楽しい性分です。

 

今日のお昼は、お正月に一度作ってみた数の子散らし寿司again

デザートはやっぱりパフェです♪

 

意欲的なタイトルの割には、写真は食べ物だけ 笑

Img_2665

 

Img_2667

2024年2月17日 (土)

最近のこと

 

最近の不思議なこと2つ。

1つは数日前の明け方の夢。

先週の雪の日から毎晩明け方に娘の発作で起きていて、その最終日のこと。

(今は安定していますのでご安心ください)

夢の中で私はどこかのホテルに宿泊していて、部屋に1人残した娘のことが気になって慌ててドアを開けたところ、

ソファーの手前には娘が座っていて、

2つ分空けたところに分身の私が座っていました😱

20年位前の若い私が。

 

皆さんは自分の姿を夢の中に見ることありますか?

今まで夢を見ても、私は体験をする側にいて、自分の姿を見ることなんてなかったのに、

初めて自分を客観視したことが、

えらく怖かった😨

いつも夜中に娘が布団を着ていないと、

なぜか目が覚めて布団をかけます。

まるで寝ている間に、天井から娘を見ているみたいに気がつくのです。

その延長のように感じたと言うわけです。

精神分析や夢判断をご存知の方は教えてください~。

 

もう一つは、水曜日の整形外科受診。

1年前から早めの骨密度管理をしていて、半年に一度の検査。

この1年運動習慣が定着したおかげもあって、

骨密度は2%ずつ上がっていたのは嬉しいものの、

不思議なことに身長が2cm伸びていた!!

ホントに??😳

いや多分、整形外科の身長計がおかしい方よね?

 

写真は内容と全く関係ない

近所の梅です🌸

Img_2596_20240217210601

 

 

今週は夫が田舎の両親の様子を見に帰っていて、娘と2人生活。

手伝ってくれる人がいないければそのつもりですべてを早回しで行うので、

練習時間が減る以外は特に問題はありません。いや、それも十分に影響ですが。

一番の問題は、非常事態が起こった時です。

 

五年前ハザードマップが改定されて、うちのあたりは水害が起きたら3M浸かることになってしまい、

去年から市役所の福祉課の方が具体的な非常時避難支援者リストを作成してくれています。

年末に担当職員さんが2人で調書を取りに来てくださり、

その後私から娘の資料をPDFで送り、それを元に共通の書式に従って記載された内容を確認し、

いざとなった時に支援してくださるご近所さんに情報開示という順番で進んでいます。

 

何が一番気がかりって、私がどこかで被災して帰って来られなくなること。

長~い取説を持つうちの娘のことをよく知ってくれている通所施設の職員さんや、

居宅介護のヘルパーさんがいるのは安心です。

でもそれは日中だけのこと。

一日を通したトータルの娘の注意事項を記した「親心の記録」というものを2019年からつけています。

改訂しながらいざという時のために準備していますが、

そのいざはいつ来るかわからない。今年のお正月は本当にそう思いました。

6bccb391e0844662a8648862f4c56f83

今回、市役所の福祉課のPCにうちの娘の資料が保管されていると言うのはとても大きな安心になりました。

実際には市の職員さんは手が回らないでしょうから、具体的に動いてくれるわけではなくても、

そこに資料があるというだけで違います。

 

常に、私がいなくなった後の娘はどうなるのだろう?という心配をし続けで来ましたが、

昨年から始めているショートステイや、今回の非常時用の資料作成と共有によって、

随分具体的に話が進み心の平和が少しずつ得られています。

 

Img_2613

写真はお散歩で見た雪柳。暖かい気温に刺激されて、花が咲く準備が進んでいるようです。

 

2024年2月 9日 (金)

3/15つくばサロンコンサート出演

 

今日は来月15日金曜日10時半から一時間の「つくばサロンコンサート」に向けての最初のリハーサル。

いよいよ次に向けて本格始動です。

 

Img_2535

 

この日のプログラムは、当初は私たちの二つのCDからの曲の選択で、

そのお披露目も兼ねた演奏会の予定でしたが、

前から書いていますように二作目のCDは娘の大怪我の手術と重なって断念し、

コンセプトが変わりました。

静かな曲が多いのですが、静かな中に作曲家の強い想いが込められたプログラムであると2人で話しています。

 

一曲目のカッチーニ作曲アヴぇマリアは、ヴァイオリンのカデンツ(ソロ)を含むドラマチックな楽譜で、

これが好きだと言ってくださる方が多い熱い作品から演奏会はスタートします。いきなり本気モードです。

 

二曲目にはドヴォルザーク作曲「家路」をクライスラーがヴァイオリンとピアノに編曲した譜面で演奏します。

「家路」はキャンプファイヤーでおなじみの曲。

ドヴォルザークはアメリカの音楽院に院長として招かれた時期、故郷のチェコ想いながら過ごしていました。

原曲は彼がそのアメリカ滞在中に書き上げた傑作の交響曲「新世界より」の第2楽章にあたります。

アメリカの雄大な夕暮れ思わせる郷愁溢れる作品を、ヴァイオリンとピアノだけで表現します。

 

Img_2537

 

その後、ブラームスが大切な友情を育んできたピアニスト・クララと仲違いをしたことに心を痛め、

和解の為に書き上げたピアノソロ「インテルメッツォ作品118」より1曲。

この作品にもブラームスの真心が込められています。

 

そして4曲目に、ブラームスのヴァイオリンソナタ第一番。

これも第二楽章はクララの一番下の息子フェリックスが亡くなったことに対する慰めに満たされたまさしく真心の作品。

終楽章も、もとの旋律にクララの誕生日に贈られたものを使っており、

私たちはブラームスからクララへの手紙のようなソナタと考えて演奏しようと話しています。

 

Img_2523

~こちらの楽譜は、ブラームスのヴァイオリンソナタ第1番第2楽章冒頭部~

 

 

プログラム最後は、相馬邦子氏への委託作品「祈り~Hoffnung希望」のつくば初演。

私たちだけしか譜面を持っていない貴重なこの作品はここでしか聴けません。

 

平日金曜日の朝1030から1時間のコンサート。

今年はこの先に本番を組んでいないので、

ぜひこの日お聴きいただけると嬉しいです。

 

チケット情報 つくばサロンコンサートのHP (入場料¥1500

https://tsalonconcert.wixsite.com/website-1

 

 

Img_2538

 

 

 

2024年2月 1日 (木)

その後風邪ひき

その後、珍しく風邪を引いてしまいました。

風邪なんて一体いつ引いたのか忘れるくらい久しぶり。

体調管理も実力のうちと言われる世界に居るので、

ちょっとした体の変化には敏感に対応して、

翌朝には治っているのが常です。

 

ところが今回はそうはいかなかった。

主催コンサートの興奮が残って、

無駄に早起きして5時間睡眠が続いていたのが原因だと思います。

睡眠不足はやはりダメですね。

でもコンサートが終わってからでよかったし、

幸せな興奮なのでいいのです。

Img_2440

 

私の症状は喉の痛みと咳、そしてだるさ程度の軽いものでしたが、

流行りのあれでした。

我が家はまだ誰もコロナに罹っていなかったので、

このまま逃げ切れるかなと考えていたのが、そうはいかなかった。

ようやく人並みです。

 

私の正面で食事をして右側で寝ている夫は大丈夫だったのですが、

いつも至近距離に居る娘にはうつってしまいました。

娘の通所施設の同じお部屋の人にもコロナが出ていたようなので、

そちらの影響ももしかしたら少しはあったかもしれません。

 

軽い風邪の症状ぐらいでしたが、施設の方から「今ものすごく心軽いコロナが流行っている」と聞いて、

念のために抗原検査をしてみたところ、

6日経っていた私は陰性、3日目の娘は陽性でした。

ちょっとびっくり。

出かけたりしていたので、ご一緒していた方々に移さないといいなと

祈るような気持ちで過ごしていました。

 

娘の方は微熱が出て私よりだるそうでした。

でもうちの娘のてんかん発作は熱が出ると消失するタイプなのです。

おかげで微熱がおさまると、もうそれはそれは輝く笑顔で幸せいっぱい。

そして寝ること寝ること!

お昼寝を3 4時間しながらも、夜も11時間睡眠。

体に素直な人なので必要な分はしっかり寝て、

1週間経ってようやく普通のリズムに戻りました。

 

うちの娘の班は重い方が多いので、一応10日間自宅で過ごしてから通所再開です。

私は3日早く発症していたのと軽かったのでごく普通の生活をしながらも、

軽いのになんだかやる気が出ない集中力がない状態が続いたので、

重い症状の方は大変なのだろうなと想像しています。

Img_2432

こんな感じの自宅療養で1月下旬を過ごし、

2月に入って心機一転です。

昨日庭にクリスマスローズが咲いているのを発見。

こんなに早く咲くのは見たことない。

暖冬を実感します。

いえ、早くも春が来ているのですね。

 

次の本番は315日金曜日10時半からのつくばサロンコンサート。

この日はブラームスの一番のソナタをメインに演奏します。

静かな温かい、時には厳しさもある内面的なプログラムをお楽しみいただけます。

私のホームグラウンド Luna Classicaのデュオでの演奏。

ぜひこちらもお越しくださいね!

1時間のコンサートで入場料は¥1500です。

Img_2445

チケット情報:つくばサロンコンサートのHP

https://tsalonconcert.wixsite.com/website-1

 

Img_2447

↑ プログラムはこちら

Img_2446

 

風邪をひく前には、いつもコンサートの調律でもお世話になっている相田さんに

うちのピアノも調律していただきました。

最後のお掃除前に鍵盤が波打っているのを初めて見て

面白かったので写真に収めました。

 

Img_2389

 

 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »