« 「824 月明かりのロンド」 | トップページ | 謎解きの旅の着地点 »

2023年12月31日 (日)

2023年を振り返って

今年最後のブログです。

 

激動の一年でした。

二つの大きな目標を掲げて始めた2023年でしたが、

どちらも達成できずに来年に持ち越しとなりました。

Img_2124

~大晦日の今日、年賀状も出し終わってこの10年を見返しています。2019年だけ見当たらない、、。~

 

 

CD第2作目を製作したかったのが、

録音約1週間前の5月末に娘がてんかん発作で倒れて頸椎の二番を骨折という大事故。

幸い早めに気が付いて病院にいき、手術も無事に成功して

その後元通りの生活が送れるようになりました。

でも、術後もとても気を遣いかなり神経が疲れました。

そうは言っても、今こうして普通に自宅で一緒に暮らせているということは幸せなことです。

 

2023年の前半はそのような大変な嵐の中にいましたが、

秋からは一転しました。

10月末に息子が東京異動になり、地元に引っ越してきました。

関西に行ったままかなと思っていた息子がまた近くに戻ってきてくれ行ったこと、

可愛い孫の成長間近かに見れること、

時々一緒に食事にできて楽しい時間が増えました。

Img_1914

12月は家族3人誕生日がいるので、合同誕生会から始まって、

クリスマス会、そして大晦日の今日と一緒に食卓を囲みました。

孫の「美味しかった」の言葉を聞けたり、

家族の笑顔がある生活は何よりの幸せと思います。

Img_2083

~下ごしらえしてオーブンに入れたらできるチキンの丸焼きは豪華に見えて嬉しい~

Img_2086

~クリスマスのケーキは生協で買った冷凍のチョコレートケーキながらも、

定番のおいしさです♪~

 

Img_2099

~孫もおしゃべりが上手になり「おばあちゃんだっこ」と言ってくれるのが嬉しい💛~

 

 

11月末には福岡から母もやってきてうちに三泊してくれ、

その後母と弟夫婦、息子家族と私たちの計九名で箱根に旅行に行ったことも今年の大きな思い出です。

今年のもう一つ大きな柱があるのですが、それはまた今度。

 

今年の秋に開催できればと考えていたのが、

ホールが取れなかったために1月になった主催コンサートの準備が佳境に入っています。

簡単なおせちの準備もできたので、

明日の朝のお正月の食卓をみんなで囲んだら、

あとは主催コンサートの準備に集中します。

まだ当日配布のプログラムが書けていないので。

 

集中するといっても娘のことは気をつけなければなりません。

頚椎骨折からもう二度と発作で倒れて骨折しないで済むように、

基本は車いす生活にしたのですが、

それではますます骨密度が低いまま。

以前自宅で訓練をしていた時のように工夫して、

一時間おきに十分程安全に立って骨に負荷をかけるようにプログラムを混んでいます。

 

具体的にはぶら下がり健康器を使ってそこにベルトを通して「ちょっと立ってね」

という感じなのですが、

3日ほど前に立っている時に大きなノックアウト系の発作が起こり、

その衝撃でぶら下がり健康器ごと横に倒れかけるという事件が起きました。

たまたま夫がそばにいたので支えましたが、

ぶら下がり健康器ごと横に倒れてしまっていたかもしれません。

恐ろしすぎます。

もう二度と骨折なんかさせないし、もう大丈夫と思っていたのに、

まだまだ安心できないのだと分かりました。

もちろん新たな安全対策は立てました。

 

私たちも様々な試練を乗り越えてきましたが、首が折れるなんて言う事態は最大でした。

その反対の息子の帰還。

あまりにも振れ幅の大木な一年でしたが、

だからこそ今こうして家族が揃って年を越せることに、

感謝の思いでいっぱいになります。

Img_2039

10日ほど前には、仙台までレッスンに行ってまいりました。

私にとって初の仙台。

それだけでもワクワクでした。(笑)

久しぶりのひとり旅。

小さなスーツケースに身の回りのものをまとめて、

背中に楽器ケースをしょって、

肩からは楽譜バッグ。

一番重いのは楽譜でした。

Img_2049

~泊まったホテルの17階からの眺め~

 

 

せっかくの仙台なのだから、

2日目午前中のレッスンが終わって観光して帰っても良かったところを、

荷物が多いのでもうさっさと帰ってしまいました。

家族も待ってますしね。

うちの文鳥がリビングのドアノブにずっと止まっていたそうです。

Img_2155

仙台では駅の近くのスタジオをお借りして、

一日目の午後3時間半、2日目の午前中2時間半、

とても有意義で貴重なレッスンを受けることができました。

先生の音楽の中で呼吸するように一緒に弾かせて頂ける時間は

まるで天国にいるような気持ちになりました。

Img_2055

~帰ってきた日の夕方の守谷駅~

Img_2057

~赤い空の向こうにくっきりと富士山も見えて~

 

 

でも本番お客様を天国、時には深い淵にお連れするには、

まだまだ練習が必要です。

ちょうど2週間。

精一杯取り組んでまいります。

114日(日)14時 アルスホールでお待ちしております。

Img_1607_20240101164701

演奏会の詳細 https://teket.jp/8104/27993

 

それではよいお年をお迎えくださいね。

 

 

 

« 「824 月明かりのロンド」 | トップページ | 謎解きの旅の着地点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「824 月明かりのロンド」 | トップページ | 謎解きの旅の着地点 »