« クリスマスタウン2023 | トップページ | 護られたアクシデント »

2023年11月26日 (日)

家族旅行

 

クリスマスタウンの翌日月曜日から昨日まで

1年ぶりに母と一緒に過ごしました。

前半は我が家で。

後半は母の希望である「雪を被った富士山を見たい」を叶える小旅行。

母、弟夫婦、息子家族、私たちの9名。

 

箱根の宿集合で、私たちは一番早くチェックインして、

疲れやすくなった母、てんかん発作と薬の副作用でお昼寝が必要な娘は

早めのお風呂とお昼寝をしてから夕食のテーブル囲む。

食事が終わったらもう何もやることがない贅沢!

睡眠もたっぷりでスコア91点。

 

翌日は強風で遊覧船もロープウェイも運行休止。

それならばと、 箱根ラリック美術館に向かう。

オリエント急行を展示してあってそこでお茶が飲めると知り、

電車好きな孫のために選んだ美術館でしたが、

ガラス芸術 生活芸術の洗練された美しさに魅了され、

美術館好きな義妹、お嫁さんもとても喜びました。

 

LALIQUE MUSEUM

https://www.lalique-museum.com

 

 

ここのレストランがまた素敵で、

一面ガラス張りの窓から見える紅葉を楽しみながらのランチも大満足。

そして河口湖へ移動する道中、 素晴らしい紅葉と富士山を堪能。

暖かく雲ひとつない快晴の下、 最高の富士山を眺めることができ、

母が大喜びでした。

 

Img_7624

 

またまた次の宿に入っても私たちはゆったりホテルステイ組。

元気な家族は外に出かけ、 弟夫婦と夫が訪ねた久保田一竹美術館も

それはそれは良かったそうです!!

私も図録を見せてもらい、 写真だけでも大変驚きました。

着物 という芸術が途方もないレベルで存在している。

美術館自体もガウディばりのユニークな建物。

箱根近辺に行かれる際は、ぜひこの二か所をチェックしてみてください!

Img_0885

www.itchiku-tsujigahana.co.jp

 

 

最終日の昨日土曜日は、 15時の飛行機に間に合うように三島駅まで送り、

短い家族旅行は無事に終わりました。

母は自身がそう言うように、

確かに以前よりは少し弱ったかな、、、という印象を受けました。

とは言っても、コロナ前まで毎年海外に旅行に行き、 運動欠かさず食事に気をつけ、

外に出ることが大好きな元気な人です。

 

気になるのは、人の話について「わからない、、、」と漏らすようになったこと。

鉄壁の記憶力もだいぶ衰えてきました。

86だから仕方がないこととは言っても、 本人は寂しそうです。

とにかく話好きな人なのでずっと話を聞いていなければならないのは

なかなか大変でしたが(笑)、 たった6日間。

昨晩お互い無事到着したという報告電話で、 母の幸せそうな声が聞けて本当に良かった。

ささやかな親孝行ができて安堵しました。

 

寒い季節の久しぶりの旅行で娘のことも心配でしたが、

発作も想定内で済み途中疲れた顔を見ることはあっても、

たくさんの笑顔もありました。

母も、車いすの娘を連れての移動の大変さを何度も気にしていましたが、

お出かけは大好きな娘です。

またしっかり体調管理して喜ぶところに連れて行ってあげたい!

 

我が家では、夫は2階の息子の部屋に寝てもらい、

母と娘と三人で川の字になって寝て不思議な感覚でした。

貴重な1週間に感謝。

Img_7761

家族旅行の〆は、帰り道にちょっと戻って小田原のさかなセンターに海鮮丼を食べに。

高くなって口に入らなくなったうにも乗った豪華な四鉄を奮発!

最後は熱々の出汁をかけてお茶漬けで二度楽しむ流儀のお店でした。

 

 

« クリスマスタウン2023 | トップページ | 護られたアクシデント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスタウン2023 | トップページ | 護られたアクシデント »