« 術後3か月 | トップページ | 秋の散歩 »

2023年10月 8日 (日)

副腎疲労から回復

 

だいぶブログが開いてしまいました。

今年は3回も夏バテの症状、、、と思っていましたが、

最後にはいやこれは夏バテではなく副腎疲労の方だと気が付きました。

以前にも経験があるからです。

 

副腎疲労という言葉は日本ではまだ馴染みが少ないらしいけれども、

アメリカの医学界では30年前から言われているそうで、

副腎というホルモン分泌を担う臓器が疲れている状態を指します。

もちろん、過去に3冊ほど本も読みました。

ストレスでコルチゾールを使い切り、疲労感で動けなくなる状態です。

気力もなくなり、一応普通に生活はしていて、会話もメールの返信もできるのですが、

練習というエネルギーを使うところまでは全く足りない。

それでももちろん練習しますが。

 

なぜそう気が付いたのかというと、「副腎疲労の人は中性脂肪が非常に低い」という新しい情報を知ったからです。

現時点での自分の中性脂肪はわかりませんが、

過去に正常値の下限に近い43しかなかった時期があり(ひどく疲労感に襲われていた)、その後もよくても63くらいです。

でも63あれば元気に活動できます。

夫は完全に正常値の上限を振り切っていていつも心身ともに安定しています。

対して私はいつも疲れやすい。

体質なので仕方がないとはいえ、それで済ませて耐えているだけというわけにはいかず、いろいろ調べて対処しました。

 

タンパク質と炭水化物をしっかり摂る。

今まで野菜中心の食事だったのが、かなり変わりました。

ビタミンCを大量摂取。

これはドラッグストアで売っているタイムリリースタイプのタイプを

一日に7000mgほど。

ビタミンBも大事なのでもちろんマルチビタミンミネラルも。

こちらは無農薬原料の植物由来のサプリをチョイス。

もちろん家族で摂っています。

 

マルチミネラルビタミン(180カプセル) ニューサイエンス社製

https://amzn.asia/d/4fceJEh

 

食べるだけでは足りないのです。

日本の野菜はビタミンミネラルが非常に少ないと言われています。

 

楽しんでいた耳読もやめました。

KindleのAI による音声読み上げは、 私にはやっぱり違和感があります。

違和感も積もり積もればストレスになってしまう。

そして耳を私は音楽のために使いたい。

ウォーキングする時もAudbleを聴くよりも、 鳥の声を聞いたり、

頭の中で音楽を鳴らしたり の方が 私には 合っているし、

何よりそれが心地よい、自分の体と感覚が喜ぶのです。

いろいろ新しい方法も試してみたけれども、

情報や知識を仕入れるだけではなく、

内省の時間や熟成の時間が同じくらい必要とわかりました。

 

さらに、 娘が在宅中の食事の支度をしている時、 洗濯物を干している時、

練習している時には、 いつも 古い方のスマホモニターで

娘の様子に異変がないか見ています。

自分がやっている作業と娘の様子を気にしながら、

さらに耳から情報を入れる

3つのことを同時にやるなんてそれは完全にキャパオーバーでした。

多くても二つまで。

本来人間はマルチタスクではなくシングルタスクに合うようにできているといいます。

過剰なマルチタスクは脳に負担になります。

 

夏場はあまりの暑さに何もしなかったので、完全に運動不足でした。

ここ2週間涼しくなってきてウオーキングを復活。

ヨガも朝、晩20分ずつやっています。

これらも気持ちいい。

Img_1208

もちろん何より睡眠。しかしここがネックです。

夏場は暑いとタオルケットを蹴って、その後冷えて発作になる娘のお世話で

ほぼ毎日夜中に何度か起きていました。

今年の夏は夜中の発作も多かった。

時間は短いのですが、毎日それで起きるとやはり疲れが溜まります。

娘のことで起きなくても、頭の中を言葉や音楽が駆け巡って眠れないとか、

あるいは暑くて目が覚めた時にはもう音楽が頭の中で鳴り響いていているなどにはずっと悩まされています。

 

そこで最近始めたのがYouTubeの瞑想用音楽を聴きながら目を閉じて

深い呼吸を15分やってから、ベッドに行くという習慣。

すぐに眠れるようになりました!

呼吸って身体、自律神経にアプローチできる最も簡単な方法。

今何とか副腎疲労を感じずに済むところまできています。

 

でも忙しくなって自分の体調管理まで気が回らなくなると、

あっという間にまた戻ってしまいそうなので、

今度こそは自分のことも大切にしようと心に決めました。

年齢を重ねて行くたびに無理はきかなくなっていると感じています。

今の自分の扱いに慣れて、残りの人生を有意義にと心新たに思う秋です。

 

気温差が大きく、たしかのこの夏の異常な暑さで体調を崩されている方も多いと思います。

もし何かのご参考になりましたら幸いです。

 

Img_1234_20231008160601

information

*私たちLuna ClassicaYouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

Luna ClassicaCD1作目「祈り」はこちらで視聴、お求めできます。

https://www.tunecore.co.jp/artists/LunaClassica

 

« 術後3か月 | トップページ | 秋の散歩 »

コメント

副腎疲労からの回復という文字が飛び込んできました。
ずーっと副腎疲労の症状が消えず、いつも倦怠感や夜間頻尿、ふらつき、鬱っぽくなるなどの症状で悩んでいます。歳も高齢なので(75)回復するのが難しいと思っていますが主人が突然倒れて介護になり、それまでは病院とは無縁の生活でしたので、何とか体力を回復させたいと焦ります。
病院の先生たちも、まだ、副腎疲労を認知されてない方ばかりで相談しても、ダメでした。
サプリも色々試しても上手く行かず、こちらのブログでビタミンCとマルチビタミンが書かれていましたが、この飲み合わせで、副腎疲労が軽減されたという事でしょうか?
もし、そうなら、試してみたいと思ってメールしました。お忙しい中だと思いますがよろしくお願いします。

岡本三枝子さま

コメントいただきありがとうございます。
辛いのに病院でもわかってもらえず、ご主人の介護もあって辛いですね。
体質(個人の代謝)により対処は違ってくると思いますが、いろいろ試されるのはいいと思います。
何もしないまま辛さを耐えるだけではますます辛くなりますよね。

以下、個人的な体験をお伝えしますので、もしよろしかったらご参考にされてみてください。

私は食事療法の専門家ではありませんが、妹が若くしてガンで亡くなっていることや、娘の重症アトピー、てんかん発作の改善などでずっと食事を主軸にした健康に興味を持ち、様々なことを試みています。

このブログに書いたことと、書いていないことも足してまとめますと、

1・日ごろの食事を野菜中心から、タンパク質と炭水化物をしっかり摂るバランスに替えた。(体質改善プログラムのYouTubeを参考にした)

2・私は疲れやすい体質から「毛髪検査」を受けたことがあり、その時に「ビタミンミネラル不足」を指摘された経緯があるので、食事にマルチビタミンミネラルをプラスしている。

3・サプリはできるなら、化学物質のものではなく、植物でできている物の方が吸収が良く安全性も高い。

4・太陽を浴びる、ウオーキングに出かけることは必須と考える。

5・寝る前にストレッチで身体を緩める。 ヨガのYouTubeを10分。

6・寝る前に瞑想のYouTubeで深い呼吸。 
あるいは、ただただ理由はなく「ありがとう」の言葉を繰り返しているだけで、身体が解けていく感覚があり、それですぐに眠れるようになった。


基本姿勢としては、「仮説を立てて検証する」という気持ちで、
一つだめでも消去法でいろいろ試されるのはいかがでしょうか?

民間療法は一つにつき、せいぜい1~3か月をめどに自分の結論を出しています。
だらだらとお金をつぎ込むのも、時間ももったいないからです。

一つの体験談として、何かお役に立てましたら幸いです。

岡本さまとご主人さまのご健康をお祈りいたします。

森 裕美

早速、丁寧なアドバイスを感謝しております。ずっと親の介護もあったので自分の体を労わる間も無く主人が倒れ又、介護になって、疲れから副腎疲労になったと思います。妹さんを癌で亡くされた辛い経験をされたのですね。若くして本当に残念です。

実は今週、ペット検査の結果が出て、私も肺がんの確定が出ました。
今でも体調が悪くとても標準治療を受けられないので、7月まで経過観察にして頂いています。

この歳で辛い闘病もしたくないのと、手術しても元の体力に戻る自信がなく主人の介護も続けられないと思います。
もし、がんに関して食事療法など何かあれば聞かせていただけたらと、もう一度コメントさせて頂きました。何度も申し訳ありません。

岡本三枝子さま

介護の上にご自身も肺がんということで、どれだけ辛いかとお察しいたします。
私の父は2回の手術で7年闘病した後に、70歳で肺がんで亡くなっているので、病状などは想像できます。
早めの治療でこれ以上大きくならないようにできるといいですね。
今はがんと共存するという考え方があるようです。

がんの闘病についての食事についてのご質問ですが、がんと闘った家族がいるとはいえ、私は食事の専門家ではなく、アドバイスできるようなことは持ち合わせていませんし、責任も持てません。
まずは主治医のご意見が一番だと思います。

ということを前置きして、もし自分の家族が今がんになったらどうするか?を考えてみました。
私自身は食事や健康に関する本が好きでたくさん読んでいますが、家族は私にお任せだからです。
以下、優先順位の高い順に書いてみました。

1:7月から始まる標準治療の前に、最も必要なのは運動だと思います。
娘が脳梁離断の手術をすることになった時も、とにかく毎日散歩に連れ出しました。
手術も治療も体力が基本だと思うからで、母としてできる最大のことは体力をつけてあげることと考えました。
歩くことで血液の循環、リンパの流れが良くなり、全身状態が良くなります。
日光を浴びることはメンタルにとても大事です。
岡本さんも介護で家を空けられないかもしれませんが、30分でもウオーキングの時間が取れるように、介護体制を整えることを考えてみてほしいです。
そして治療が始まるまでに、ケアマネさん、福祉課に相談して、介護の支援体制を整えることに頭を使うと思います。

2・そのうえで現在のところ、ガンの治療に必要なのはビタミンDだと考えています。
日本人の多くがビタミンD欠乏症だと言われていて、がんの患者さんは総じてビタミンD濃度が非常に低いそうです。
簡単なところでは、次のYouTubeをご参考になさってみてください。
ドクター石黒「日本人が不足しがちな抗ガン・治療に効能を発揮するビタミンとは?」
https://youtu.be/fHkX1qOqcwk?si=TGtcHLcIE_7DvnCh

3・食事に関しては次の本をお勧めします。
予防医学のドクター石黒は、常に新しい論文をチェックして情報をアップデートされるのも信頼できる点です。
「専門医が教える がんにならない食事法」
https://amzn.asia/d/19ZiBcq

4・さらに運動ではウオーキングの有酸素系に加えて、マイオカインを増やす簡単な筋トレを毎日の習慣に加えます。
「がんに負けない たった3つの筋トレ エビデンスに基づいた正しい治し方」
https://amzn.asia/d/hHO2seP

「筋肉が がんを防ぐ。 専門医式 1日2分の「貯筋習慣」
https://amzn.asia/d/6WchqbG

5・そしてガンは糖を餌にして増殖するので、なるべく間食の甘いものを減らす努力をします。

6・さらにできることなら、炎症物質になりやすいグルテン(パン、パスタなどの小麦)とカゼイン(乳製品)を減らします。

7・そして、何とかして睡眠時間を確保できると良いと思います。寝る前のストレッチ、深呼吸は睡眠の質を上げてくれると思います。

以上はすでに私は予防と健康のためにやっていることではありますが、今以上に徹底すると思います。

たくさん書きすぎてご負担になったらすみません。
この中で何かピンと来るものがありましたら、少しずつ取り入れてみられてはいかがでしょうか?

丁寧に教えて頂いて本当にありがとうございました。
ウォーキングは出来る日は30分くらい歩くようにしております。
ビタミンDも毎日飲むようにしたいと思います。糖分が癌の餌とあったので、避けるようにしていますがマクロビオティック的な食事が良いという経験談もありますが動物性のタンパク質も少し必要と思い鶏肉を中心に食べています。

7月までに大きくなっていないと、もう少し経過観察できたらと願っています。年齢からも手術で肺を切除すると、今までの生活はできなくなると思いますので、うちは夫婦2人だけなので、このままの生活が続けられたらいいのですが。
石黒先生の動画は時々見ていました。参考にさせて頂きます。
お忙しく疲れておられる中、時間をかけてコメントを書いて頂いて本当に感謝です。何より、心が癒された気がします。本当にありがとうございました。

岡本三枝子さま

今日、心に響く動画に出会ったので共有したいと思います。
「人生の幸せが倍になる最強の思考癖」
https://youtu.be/RIKAdPejjkU?si=vrMb7CvVHnVlW_Tl

岡本さんは私にかなり近い感じで取り組んでいらっしゃるようですね!
何か新しく取り入れるとしたらビタミンDですね。
私が最初にビタミンDの効用について知ったのは下記の本からでした。

「ビタミンDとケトン食 最強のがん治療 」(光文社新書)
https://amzn.asia/d/eSh504Y

もとは娘のてんかんを改善するために最後の策としてケトン食にトライするしかないかな?と考えて探していたところ、
この本がピンと来ました。
ケトン食はもとはてんかんの古典治療法ですが、本当にしっかり実行するにはゴボウやニンジンでさえ糖質が多いのでダメという大変な食事療法です。
ケトン食の発想で、、、くらいはやってみてそれなりの手ごたえを感じましたが続けるのは難しく、
そのあとにドクター石黒のやり方での16時間ファスティングを始めてもう2年半。
娘も私もすこぶる体調がよくなりました。
日ごろはお昼まで何も食べないのですが、朝ブラックコーヒーにグラスフェッドバターかココナツオイルを入れて、脂質を脳のエネルギー源にしています。
(出かける日は軽く朝食を食べるなど臨機応変に対応しています)

そして大事なことは、他にもケトン食でガンが治るという本は多数出ていますが、それは正しくないようです。
娘の主治医にもこの本を持って行って尋ねましたし、他でも読みましたが、ガン細胞は糖質を好むので一時期はケトン食で落ち着いても、ケトン食の回路でも増殖できるようになっていくとあります。
無理な食事療法で体力を落としたりストレスをためないように、日本人の体質に合った和食を中心に健康的な生活スタイルを大事にされることが良いのではないかと思います。

ガンについてはずいぶん本も読みましたが、相変わらず正解はわかりません。素人がわかったら専門家は要りませんよね。
病気をきっかけに、自分はどう生きたいのか?を問い直して幸せになるきっかけにできることが最善の道ではないかと思っているところです。

良い季節になりましたし、どうか少しでも爽やかなGWを送られますように。
よろしかったら私たちのチャンネルも覗いてみてくださいね。
Luna ClassicaのYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@lunaclassica3529

色んな情報をありがとうございました。ビタミンDをなるべく摂る様にしたいと思います。youtubeのチャンネル見させて頂きました。素敵な植物の動画をみながらバイオリンの音色に癒されますね。チャンネル登録させて頂きました。
たくさんのご親切に心から感謝しております。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 術後3か月 | トップページ | 秋の散歩 »