« ラ・ベル・フォンテーヌさんでもCDを♪ | トップページ | 意欲的に »

2022年6月 8日 (水)

家族

 

土曜日から夫は田舎の両親に会いに帰り、

4日間の母子家庭。

いつも何かと手伝ってもらっているので、

夫がいないと私は大変になるはずが、

今回は穏やかに過ごせました!

つまり、それだけ娘の体調が安定したということ。

Img_4780

~何年かぶりに咲いてくれたピエール・ド・ロンサール。

ダイニングから見える位置にと植えた場所が合わなかったようで、育たない~

 

 

以前だったら、二人の時に大きな発作が続いたらどうしよう、、、と

心配が渦巻いたのですが、

もうそんなことは起きない。

いや、正確には1日の夜中に1か月ぶりの大発作で放出したばかりなので、

その後は落ち着いているということなんですけれど。

 

主治医からは「雷じゃないんだし」と言われているけれども、

まだ月に1回は大発作があって、

その後はしばらく落ち着くパターンを見ていると、

頭の中の電気の嵐が放電を必要としているように見えてしまいます。

本当のところは、誰もわからない。

 

加えて土日は息子家族も赤ちゃんを見せに一緒に二つの田舎を回り、

彼らは初の飛行機旅行。

ほぼリアルタイムでLineで写真が送られてくるので、

初対面の喜びがひしひしと伝わって来てすごく嬉しかった。

C78baa62d8b041a989815e1b43b77da6

娘にも写真を見せて彼女も笑顔になったけれども、

どことなく自分も行きたかったな、、、という表情も見られ、

次の機会は一緒に飛行機に乗れるようになっていたいな、と思う。

71af9d98acfc41b8b4f9be9c67e701fb

それにしても、赤ちゃんの威力は凄い!

両方の曾おじいちゃん曾おばあちゃんの

今まで見たことがないほどの嬉しそうな笑顔。

会えるのを指折り待っていた日々もきっと楽しかっただろうけれど、

いよいよ待ち焦がれたひ孫との対面に無上の喜びをもらったというのが

伝わって来る写真を見れて、

私も幸せに気持ちになりました。

家族は難しいけれど、一番の幸せの元でもある。

1bbbb0e683bb4c9baa69b07c0c5f5d13

留守宅で私が大変だろうといつも労いの感謝の言葉をかけてくれる

義母にもこちらも感謝。

優しさと思いやりは違う。

思いやりは、相手の立場に立って相手の気持ちを想像すること。

その話を息子夫婦にもしてあげたいと思う。

 

そして今日は念願の新しい家族を迎えに

川口市の文鳥ショップへ♪

みどりちゃん という名の桜文鳥の幼鳥を連れて帰ってきました。

Img_4865

桜文鳥の父と白文鳥の母から生まれたこの子は、

どんな模様になるのかな~?

HPで見た感じも可愛く、

性格は大人しく甘えん坊とあったので、

楽しみにお迎えに向かう。

 

高速を使って45分。

帰り道の車中、かごの中ではバタバタしていたので、

手の中で保護。

大人しくしていました。

 

うちについても大人しい。

そのうち疲れて眠い様子。

そして全く食べない。

ちょっと心配。。

 

1800頃になって、夕食の支度の水の音などに反応してか、

急にチュンチュン言い始めました。

その後あの手この手で「ほらここに餌があるよ!」と誘うものの、

まだ緊張しているのか?餌の在りかに気が向かない。

 

20時過ぎてようやく食べ始めたのでホッとしました。

小鳥たちはちょこちょこ食べるから、

14時から6時間も何も食べてないまま寝かせるわけにはいかない。

食べて、水も飲んで、部屋の中を飛んで探検して、

抱っこもたくさんさせてもらって、

21時に小鳥は就寝です。

外の鳥たちは暗くなったらとっくに寝ているというのに。

Img_4883_20220608231401

~やっぱり眠いよね~

 

 

それにしても、いつもの文鳥の声が響くのは何とも嬉しい💛

うちはこうでなくっちゃ♪

ついつい遊んでまた時間がなくなりそうです。。

 

 

« ラ・ベル・フォンテーヌさんでもCDを♪ | トップページ | 意欲的に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・ベル・フォンテーヌさんでもCDを♪ | トップページ | 意欲的に »