« 春分 | トップページ | 音楽の力 »

2021年3月28日 (日)

桜の季節に

 

毎年、すっかり早くなった桜の訪れ。

今年は娘とゆっくり歩いて散歩しているので(去年は車椅子を必死で押していた)

周りの景色をじっくり眺めています。

Img_8884

そうすると、まさに桜の開花が日本の春の始まりだと肌でわかる。

まずは河津桜、寒緋桜と続き、ソメイヨシノと同じ頃に

私は名前は知らないものの、可愛らしいピンクの桜が咲き始め、

それに呼応するようにこぶしもモクレンも雪柳もレンギョウも、、、と

様々な花が咲き乱れ、新緑もスタート。

何とも目まぐるしいというか、魅惑の春の始まりに心躍る毎日です。

 

Img_8888

外に出れば、、、ですが、

久しぶりの本番を終えていろいろ考えていました。

自分でも、本番ってなんだっけ?の状態だった。

とりあえずぎりぎり人前で弾けるようにしか整わなかった。

でも、昨年は毎日最低の1時間しか弾けず、

入院期間の8週間楽器に触れなかったわけなので、

その後の1か月半で何とかできたことを

とりあえずよしとしようという気持ちに落ち着いたところです。

Img_8962  

ピアノと一緒に弾けることはとても嬉しいのだけれど、

あまりにも感覚が鈍り、

大してできない自分がもどかしい。

本番をやってわかったことは、エネルギーが落ちている今の自分の状態。

 

とうとう介護度6の認定を受けた娘のケアと家のことと

ヴァイオリンの三つを成り立たせることの困難さに

少々めげていました。

ちょっと、このプロジェクトが終わったら、

もう弾かない方がいいかな、、、と思いかけていた。

いや、実は本番前私はよく「もう弾かない方がいいかもしれない」と

気持ちが落ちることがよくある。

 

それは毎回病気?みたいな気分の流れで、

一回そういう気分になり、

それを超えて「ここはこう思う!こう弾きたい!」が高じて気持ちが盛り上がり

本番を迎えると何とかなるというパターン。

今回は盛り上がるところまでいかないので、なかなか辛かった。

弱音の部分を話すとこうなります。

Img_8849_20210328203601

でも、娘の感激の涙が、

勝手ながら天から「弾いてごらん」と言われた気持ちになれた。

ポジティブとか明るいとか見えているような私も

けっこうクヨクヨしています。いくつになっても。

落ち込んでは、また懲りずに立ち上がるの繰り返し。

誰でもそうですね。

 

でさらに、桜を見ると、新緑を見ると、

そこから生命エネルギーをたくさんいただいて元気が湧いてくる。

良い季節です!

3月つくばサロンコンサート非公開演奏会(勉強会)で弾いたプログラムは、

5月末に録音を予定している曲たち。

あと2か月しかない!

ここがうまくいかない、、にはまると、さてそこをどうしたらいいものか?

練習の仕方を考えてやってみる、

うまくいかなければまた考えるの繰り返し。

Img_8946

日頃、音楽は消えてなくなるもの、、、と思って、

とにかく本番は全力で弾く!でやってきましたが、

今やYouTube等の動画の時代。

証拠が残る怖い時代になりました(>_<)

つくばサロンコンサートの新しいHPでも動画がupされています。

 

YouTubeなんて恐ろしい、、、と思ったのに、

今回の中で最も短い「美しい夕暮れ」をupしたら、

意外に慣れてきました。

慣れとは感覚のマヒのことなのですね。。

Img_8974

中間部分のピアノパートの楽譜は、先に進みたいと書かれているというのに、

私はオクターブでもたもたしていたり、

まだ全体としてはまとまっていませんが、

とりあえず1upしています。

 

4月からは朝コンは「つくばサロンコンサート」に名称を換え、

時間も夕方や夜もあったりと実験します。

コロナ禍にあって、身近に本格的なプログラムで音楽が楽しめる

1時間のつくばコンサート。

どうかよろしくお願いいたします!

ネット予約が当日券より優先されるそうですので、ぜひご予約ください。

 

 

写真は今週のお花見。

全て近所の風景。

Img_8978

この時期限定の近くのパン屋さんの桜アンパン。

桜餡の甘さとクリームチーズの塩気、そして桜の花の塩漬けの絶妙さ。大好物♪

 

« 春分 | トップページ | 音楽の力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春分 | トップページ | 音楽の力 »