« 再入院 | トップページ | ハッピーバースデー・2 »

2020年12月22日 (火)

ハッピーバースデー♪

 

今日は娘の誕生日。

残念ながら病院で二人でだけれども、

いちいちスタッフさんに「今日はお誕生日で」(点滴も食事も毎回名前とお誕生日を尋ねて確認される)と告げて

おめでとう!をたくさんもらう♪

Img_7749

暇なようで忙しい入院生活。

点滴2種×三回計6時間だったのが、1種に減り、

回診、処置、検温、体温、血圧、酸素濃度、リハビリ。

日曜日までは毎回麻酔をして腰から髄液を抜く処置を受けていたのが、

昨日、脳神経外科の病室が空いたので引っ越しして、

脳外科の管理がしっかりできる体制に入ったので

常時細い管から髄液を抜く治療に切り替え。

麻酔を使ったとはいえ、これも痛かったね。。。

勇敢すぎます。

うちの家族で一番小さいのに一番強い。

優しい病棟主治医は「痛くてごめんね~」と言ってくださる。

Img_7753

~痛い処置を頑張った日は、スイーツを買う。

これはお父さんの差し入れファミマのモンブランプリン。~

 

 

しかしこの管理がなかなか大変で、

食事やトイレなどで身体を起こすときには一旦ドレーンを止めるため、

一回一回看護師さんにお願いしないといけない。

せっかく入れた管が抜けないように気を付けて、

入れた箇所に異変がないか日に何度も看護師さんが見に来て、

と厳重管理下に置かれています。

親としては、先生、病棟スタッフに何を伝えないといけないか?

をじっと観察しながらだけれど、

本人の回復する力を信じて待つしかないのだから。

 

熱はすっかり下がって平熱に戻り、

よく食べる。

食欲は生命力の印。

やたら寝ているのは気になるし、

日頃よりおとなしいけれど、いつもにっこりの娘です。

一番喜ぶのは「良くなる。良くなる」のおまじない。

「良くなる?」と尋ねると、笑顔で大きく「う~ん!」とうなずく。

そんな様子に慰められています。

 

不安がない人と一緒にいることで、

私もいちいち悪いことを考えないで済む。

心の平安とはこんなに素晴らしいものか、、、と娘を見ていて思う。

娘の清々しい笑顔に心が洗われる。

Img_7795

今の治療は、手術の後空いている小さな穴から脳髄液が漏れ出るのを防ぐために、

腰から髄液を抜いて圧を調整し、

その間に傷口が完全にふさがるのを待つという方針。

これで脳内の脳髄液の処理がうまく行くようになるといいな。

 

それでもだめだっだ場合は、シャントの手術も選択肢に入っているけれども、

うちの娘はいつも独自の道を、

自分のペースで、

彼女の好きなカメのようにゆっくりと歩んできた人なので、

今はただただ注意深く処置を管理した中、

自己治癒を待つだけです。

 

自由に動けないため夕日を見に行くことはできなくなったけれど、

朝日だけは病室から毎日楽しんでいます。

昨日の6時は雲もなく、建物のシルエットが影絵のような美しさ。

今朝は少し雲があった空ながら、

力強く昇る太陽のエネルギーを大きな窓越しにいただく。

Img_7784

昨日は397年ぶりに土星と木星が近づいたそうで、

今日は西洋占星術ではみずがめ座の時代に入る大きな変わり目の日とされているらしい。

一年で一番太陽が低い冬至は新しい始まりの時。

これからは日が長くなっていくのに春への希望を見るように、

今日は光に向かって進んでいく始まりの日。

 

本当は自宅で迎えたかったお誕生日だけれど、

売れきれないうちの午前中に1階のスタバに買いに行ったケーキで、

バースデイソングを歌ってお祝いしました!

これからの一年、彼女に健康とたくさんの幸せがありますように!

コロナも早く落ち着いて、世界が平和になりますように!

  Img_7792

 

« 再入院 | トップページ | ハッピーバースデー・2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再入院 | トップページ | ハッピーバースデー・2 »