« 笑顔ふたたび | トップページ | それでもこの世は美しい »

2020年8月25日 (火)

我が家の2020一大イベント始まる!

 

日曜日 久しぶりに雨が降り、地面が冷やされ、もちろん大気も入れ替わり、

ほっとする週明けの朝。

そんな月曜日、我が家のリフォームが始まりました。

 

Img_5906

 

初日は一部内壁を壊したりの解体工事があって、ものすごい音がする!ということで現場監督から避難を勧められ、

午前中はイオンタウンを散歩、お昼ご飯を買って午後は駅前の東横インにステイ。

お昼寝なしでは娘の発作が心配なので、

この夏帰省も旅行もなかったわけだからその代わりにちょっとホテルも気分が変わっていいかも?

守谷駅を目の前にした眺めが珍しく、これだけで面白い!

 

Img_5919

~玄関の壁に、工程表と図面が貼られた。

玄関入って左側のゾーンのみを大改革。~

 

 

工事以前のタンス運び等の余計な重労働で汗かいてもらった職人さんに、

お昼はせめてものお礼の気持ちで鰻重を届け、とても喜んでいただけた。

ついでに私たちもご相伴に与る。

でも、ごはんばかり食べるよりも、、、、と鰻重一つ(並のうなぎは小さい~)を二人で分けることにして、

ほかにお惣菜を買ってプリンも付けて♪ 

電車の音を聴きながら二人でお昼寝。

朝も早く目が覚めたしけっこう眠れたのでした。

いつもとは違う一日にワクワクする。

 

Img_5910

Img_5911_20200828144801

~東横イン 駅に向かって左端 405からの眺め。~

 

 

8時に職人さんが来る前に、発作なく無事に娘の支度や食事は終わっているだろうか?と朝からバタバタし、

片付けやステイの持ち物の準備等、いろいろ特別な一日。

何と言っても、築25年の我が家の一部が終わり、新しくなる。

今日は帰ってみると解体されたままの箇所がちょっと痛々しい。

2020我が家の夏の思い出は、「リフォーム」に尽きます!!

 

Img_5874_20200826104201

この窓が下の写真のように。

Img_5930

トイレの窓もなくなった。ジャロジーの窓はもっとも寒いらしく、

断熱は窓から!ということで、発作対策のため窓も換える~

 

 

今日も朝8時から家では解体工事の続きで賑やか。

巨人の歯を治療するドリルのような音が家中に、いやご近所まで響き渡る!

小鳥も気になっている様子で、

リビングのドアから50cmほど離れて玄関方面を恐る恐る覗いている。

昨日はピピも一緒に避難させてあげたかったけれど、

車椅子と荷物と小鳥のかごを一緒には持てないので、彼女はお留守番でした。

小鳥の心臓はビクビクしていたのかな~~(>_<)

ごめんね!

Img_5933

2階のお風呂が見える! 

 

Img_5875_20200826104201

改装前の納戸。

奥の方は、夫のバイク用品他だと思って長らく開けていなかったら、

私の園芸用品や備蓄の水(2002年期限)もみつかって、驚き!

 

Img_5938

納戸をお風呂(手前)と洗面所(奥)に改装。

今日はドアも窓もなくなったけれど、職人さんが帰る前にはベニヤでふさいでくれるらしい。

床下の土が少しかび臭い。。

 

 

 

今日のブログは、昨晩FBに投稿したものに少し追加して、

またももcafeさんから書いて、家に戻って投稿。

毎回違うカップで出てきて楽しい。

今日も美味しいコーヒーご馳走様でした♪

Img_5921

 

二兎のうさぎが何か会話している。

呼び止められて、「なに?」と振り返ってる?

ちなみに、私のマウスパットは美人のウサギです。

若くして亡くなった妹は兎年だった。

妹が気に入っていた真っ白なうさぎのぬいぐるみは、

息子が幼い頃大のお気に入りだった。

妹に息子が守られているような気がしたものだった。

息子はうさぎ、娘はかめが好きで、うさぎとカメの兄妹。

カメはうさぎを追い抜くことはなかったけれど。

 

Img_5940

~よく「女の子ですか?」と尋ねられた幼い頃の息子。

小さいときは息子のことは王子様、娘はお姫様と呼んで、さしずめ私は乳母でした(笑)~

 

 

想像力豊かな気持ちを、いつも話したくてたまらない小さな生徒さんたちだと、

このコーヒーカップにはどんなお話を付けてくれるかな?とも想像する♪

一生懸命話してくれる彼らの小さなおしゃべりを聴くのは楽しい。

内容よりも、伝えたいという気持ちを受け止めてあげたいの。

私と何かを共有したい、今を一緒に生きたいという気持ちが伝わってくるから。

そんなどうでもいいことに見えることが、かけがえのない信頼関係を作っていく。

 

自分の子供の子育ての時はそんな気持ちの余裕はなかったけれど、

今や孫気分で接する生徒さんたちの愛おしさよ。

子供は社会の宝、未来の希望で、みんなで育てていくもの。

 

次に続く。

 

 

« 笑顔ふたたび | トップページ | それでもこの世は美しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笑顔ふたたび | トップページ | それでもこの世は美しい »