« 初めての散歩 | トップページ | 今思うこと、その後 »

2020年3月 2日 (月)

今、思うこと

3月、ひな祭り。

女子の健やかな成長を祈るお祭り、お節句。平和な響き。

新型コロナに翻弄されている毎日に、つかの間の安らぎ。

昨日の暖かな春爛漫の日曜日は、そんな気分でした。

でもね、今日のような寒い雨の日は、お天気につられてちょっと暗くなる。

単純な私。

Dsc_3917

最初の頃、地域限定で済むのかな、、、と思っていた新型コロナも、

じわじわと世界中に拡がっていくのを見ると、

東日本大震災以来の悪夢を思う。

 

 

うちは新型コロナよりも、まず毎日が大変で。

ただ今薬の調整期間。

退院後、週に1度は救急車を呼ぼうか?と考える発作があり、

母としてはハラハラドキドキ、そして憂鬱な日々。(+_+)

 

発作はたいてい朝起きる。

だから、朝が来るのが怖い。

祈るような気持ちで過ごしていましたが、耐えているだけでは始まらない!

記録している発作表と私の感覚から、一番安定していた退院直前の薬の配分に戻してみたところ、なかなかいい!(勝手に)(^^

 

本来薬はお医者様の仕事の範疇なのだけれど、

一度飲んでいた配分なのだから問題はないはずと勝手に解釈して、

家に残っていた古い処方(2か月前)をうまく使ってみています。

 

次回の診察は24日の予約だったけれども、そこまで待てない。

そして、今後もし新型コロナが増えて来たら病院はますます危ない場所になるので、

今のうちに3か月分の薬を確保しておこうと考え、

火曜日夫に娘を頼んで一人で病院に行って来ます! 

 

 

そんな感じで、一旦迷路に入っていたところから、抜けた感じの今です。

気温差が少なかったここ数日だからよかっただけかもしれないけれど、

一番状態を把握しているのは私なので、勝手な母の行動もきっと、

長年のお付き合いから主治医も尊重してくれると思う。

Dsc_3913

少し早いひな祭りにした昨日は、

お昼はケーキを買って来て喜ばせ、

夜は散らし寿司で喜ばせ、

数日前まで発作波のせいであまり食べてくれなかった娘も

よく食べてくれて嬉しかった。(^^

ひな祭りの乾杯は、初のメキシコ産のコロナビールで。

乾杯ならぬ「コロナ撃退!」と夫とグラスを上げた。

20200302205300

 

 

Dsc_3921

~途中まで盛りつけて、そうだ、今は大皿料理は避けて、、、と言ってたのを思い出したけれど、

酢れんこんがとてもきれいだったので、写メに収める~

 

Dsc_3922

娘はいちごのショートケーキ、

今はもう巣立った息子はチーズケーキ、

お父さんはチョコレートケーキ、

そして私はモンブランというのがうちの家族の定番。

なんてことはない、日本の洋菓子のスタンダード。

お洒落なケーキもいいけれど、こんな普通のケーキもほっとしていい。

 

そして、免疫を上げるってどういうこと?を考える日々。

手洗い、マスク、人混みを避ける以外に、

同じところに居て重症になる人と、ほとんど症状が出ない人の差はなに?

体質?体調?体温?

 

いろいろな要因が組み合わさっているのでしょうが、

身体を作るのは食べ物だとしても、

心の持ち方も大きいのかしら?と我が身と心の在り方を見つめる。

不安や怒りは身体には毒になる。

そのことを友人が思い出させてくれて、ありがとうと思う♪   

平和だった昨日に感謝。

今日もどんより寒い雨の日なのに、娘は落ち着いています。

それだけで嬉しい♪

 

世の中の3月のコンサートは、どんどん中止になっていく。

知らせを聞くたびに、悲しさが増していく。

私たちの44日「名曲の花束」は、

その頃どうなっているかは今の時点で不明であることと、

そして、お客様が来なくとも弾こう!たとえ公開リハーサルででもいい!ということで、

開催予定です!

 

少ないお客様なら、感染のリスクは減る。

今のところ、キャパの3割くらいしか予約はなく、

むしろ今の状況では安心。

アルスは天井も高く、扉が3つあり、換気もしっかりできる。

私はサーキュレーター持って行こうかな。

消毒用のアルコールも購入済み。

マスクももともと買ってあったものの備蓄があった。

Dsc_3909

~キッチン用だからどの程度効果があるか?だけれど、

「プロ用」と書いてあるところに頼もしさを感じる~

 

 

実家の母からは「やめなさい。みんな我慢しているんだから」と言われ、

本当にそれはもっともなこと。

みんな泣く泣く諦めている。

でも、いつかどこかでまた始めないといけないし、

誰かが勇気を持って開くことが必要な時もある。

 

なので、宣伝はストップしたまま。

ご予約いただいた方の中で、当日来られるごく限られた方のための

贅沢な演奏会をと考えています。

 

この落ち着かない空気の中、準備するのもなかなか大変ではあるけれど、

でも音楽に向かっている間、

日常の心配から解放され、

作曲家が描いてくれた神聖な世界に身を浸して救われる。

きっと弾く方お客様双方にとって、

貴重な特別な時間になると思う。

 

 

 

« 初めての散歩 | トップページ | 今思うこと、その後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての散歩 | トップページ | 今思うこと、その後 »