« 日常にもどりつつ | トップページ | 穏かな身体 »

2019年6月 9日 (日)

美術館散策

 

 

たまには娘をどこかに連れて行ってあげたい親心。

といっても、年に2回ほどのお出かけ。

骨折も一段落したところで、今月この日なら!と予定していた日曜日。

千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館に行って参りました。

Dsc_3089

 

 

10年ほど前、家族で海水浴兼お泊りで銚子に行った帰りにガイドブックで見て寄ったこの美術館は、それ以降お気に入りのスポットの一つです。

なんといっても、湖(池)があるロケーションが大好きな私。

カモや白鳥の親子ものどかに泳いでいて、

よく手入れされた芝生、

噴水が清流のせせらぎ音を演出する水辺、

大きな樹の間を散策できる散歩道、

広々とした美術展示室、

どれをとってもゆったりした気分になれます。

お出かけ大好きなうちの娘も、車から降りたって木々の間を歩きながら嬉しそうでした。

彼女が喜ぶと私も嬉しい♪

楽しくマイペースでリハビリしよう!

 

 

 

Dsc_3095

 

美術館の入り口付近には印象的な巨大オブジェ。

いつもこれを見るとジブリの「ハウルの動く城」を思い出すのだけれど、

周りの樹と一緒に眺めていると、ステンレス、スチール、アルミが素材だというのに、

まるで巨木の木の根っこのような感じにも思えて来ました。

ランク・ステラ(1936~)作の「リュネヴィル」

 

Dsc_3092

 

 

ここの目玉は何といってもレンブラントの「広つば帽を被った男」。

昔教科書で見たこの絵の生を観れるなんて!と初めて見た時は心底驚いたけれど、

毎回この絵に会いたくて来ている気持ちもあるくらい好きです。

 

 

 

400年近くも前に描かれた絵だと言うのに、

目の前で生きている人のような生命力を放っている。

当時29歳のオランダの画家の飛びぬけた才能が伝わって来る。

絵の中で生きる永遠の命。

 

 

 

古典のものはこれ1枚で、

その後は印象派、エコール・ド・パリの巨匠達の絵が続く。

ルノワール、モネ、ピカソ、マティス、シャガール、、、。

わ~豪華!

 

 

 

そして、近現代の作品がずらっと並ぶ。

カンディンスキー、マグリット、ポロック、カルダー、ウォーホル、、、。

ここら辺になってくると、わかるとかわからないとかの域も超えて、

広々とした空間に実に雄大に配置されていて、

作品の空間を歩くのを楽しむといった気分。

 

 

 

東京の美術館と違って人も少ないのでゆっくり見られ、

窓の外の緑が目と心を癒し、

アートのある空間で呼吸する。

 

 

 

その後庭を散歩して、お昼ごはんどこに行くか相談。

美術館に近辺の美味しいお店マップが置いてあったのでそれを参考に、

車で10分のイタリアン「ラ・クッチーナ・ハナ」に移動。

当たりでした♪

 

 Dsc_3104

 

~入り口はバラのアーチが続く~

 

 

Dsc_3103

~庭は花がたくさん~

 

 

高さ6メートルのオープンキッチンの開放感。

庭の木々も大木で、美術館の続きの気分になる。

案内された席もちょうど窓に囲まれた角っこで、緑を眺めながら食事。

あ~きもちいい、、、。

 

Dsc_3106

 

大空間で豪華な気分を楽しめるのに、

小さな子供たちもたくさんいるファミリーレストランで気軽。

週末は値段アップではあるけれど、

平日ならパスタランチもピザランチも、前菜、デザート、コーヒー付きで¥1500お得です!

 

 

 

帰り道の車の中では、今最も気になるヴァイオリニスト イザベル・ファウストをyoutubeBluetoothで聴く。

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(2013年 ローザンヌでのライブ)カデンツの面白さ!

トントントントントンとティンパニで始まるという斬新な出だしのこの作品。

彼女が演奏する第1楽章のカデンツにもそのティンパニとのデュオが随所に配置され、

譜面の読みの深さと構成力に驚かされる。

その先も「何やってくれる?次はどう弾く?」と面白過ぎる!

 

 

娘もすごく喜んで聴いていました。

彼女、車の中で、家で、山のように聴かされている。

耳は肥えているのよね。

喋れたらきっと母にとって、最も辛口の批評家になったことでしょう。

あ~こわ!

 

 

 

このところ依然、練習時間があまり取れない生活。

このままではいけない!

今年も後半に入ってしまったところで、

前半のロスを取り戻すべく頑張らねば!です。

 

 

 

最近ネットでみつけた面白いテキストはこれ!

「ジャズ無窮動トレーニング」 道下和彦 リットーミュージック

 

Dsc_3116

 

無窮動とは休みなく動き続ける曲のこと。

パガニーニの作品11や、バッハのパルティータも無窮動がある。

このテキストはジャズのコード進行に沿った音符で埋め尽くされた休符のないフレーズエクササイズ。

ジャズにはあまり馴染みがないけれど、とっても面白そう!

これを制覇したら、もしかしたら私もジャズヴァイオリンが弾けるようになるかも?

 

Dsc_3118

 

しかし、面白い教本だの参考書だのが山積みで、一体どれからやる?

と悩ましい。

とりあえず、いろんなものを並行してやっております。

読書も同じく何冊もを並行して読む。

勉強は何よりも面白い!!

 

 

 

 

« 日常にもどりつつ | トップページ | 穏かな身体 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日常にもどりつつ | トップページ | 穏かな身体 »