« この1週間の流れ ・1 | トップページ | この1週間の流れ・ 3 »

2018年10月23日 (火)

この1週間の流れ・2




えっと、、、続きです。




 

先週水曜日、

朝は娘のてんかん発作が続いて疲れてしまって寝てしまい、

目覚めるのを待って朝食、着替えの後、施設まで送って行きました。

こういうことが平均週に1回ほどあります。

なので、私の午前中の約束は不確か。  ごめんなさいの数々。

私の毎日、全ては娘次第。




 

春のある1週間に2回の救急車騒ぎからずっと、今年は発作が多い。

異常気象の影響としか考えられません。

悪くなっているとは思いたくないから、、、。

普通の健康な人でさえ、気温差が大きい、湿度が高い、異常に気温が高い夏、

強力な台風で、心身の疲れはあるはずです。

うちの娘のような繊細な子はもっと辛い。

持病をお持ちの方、小さなお子さんたち、高齢の方々、皆さん大変ではないでしょうか?



 

 

そんなこんなで仕方ない、、、と自分を慰めつつも、

この春から、夜中の発作、

発作でなくとも夜中に何度も目を覚ましている(発作が怪しい、、)などで

私もすっかり睡眠負債がたまっています。



 

 

そんな中の木曜日のお昼過ぎ、娘が発作で倒れたと施設から電話が入る。

「ビクッとした発作で後ろに倒れて尻もちついて、

もしかしたら圧迫骨折していないか心配、、。病院はどうしますか?」と支援員さん。

うろたえる気持ちを抑えて、一旦電話を切る。

検査で人の何倍もレントゲンを浴びている娘。

ちょっとしたことで放射線を無駄に浴びせたくない。





 

しかしやっぱり心配で、もう一度電話を掛けると、

その後いつものように元気にしている様子だったので

これなら大丈夫かなと思い、普通にバスでの帰宅をお願いする。

その後たくさん昼寝して、まあまあいつもの様子かなと思いきや

階段を上る足取りがやたら重い。

お風呂から上がるのに苦労する。

なんか変、、、。





 

しかし翌金曜日、私はこの秋最後のレッスンをお願いしていたので東京に出かけたく、

娘は通常通り施設に。

ところが、そのレッスン中に電話が入る。




 

 

支援員さんから、「11時からずっと寝ています。もう1時間半も」。

(いつもと違うというニュアンス)

「無理に起こすと発作になるので、寝たい時は寝かせてください」と私。

その後、一旦目を覚ましてお昼をしっかり食べて、再び寝たそうで、

異様に寝る日でした。

動物って具合が悪い時はひたすら寝るって言うよね。

てんかんのせいなのか?あるいは昨日の転倒の影響か?

まさか骨、折れていないよね、、、、。




 

 

結局土曜日の午前中、近くの整形外科クリニックを受診しました。(ここは初めて)

つくば大から来ていらっしゃる経験豊富な先生に当たったのが幸運で、

手短ながらも的確に判断していただけました。

今までの経緯(すでに3度の骨折を経験し、しかもあまり痛がらない、骨密度が弱い)ことを伝えると、ドクターも怪しいかもしれませんね

ということでレントゲンを4枚撮影。

結果、骨は大丈夫でした!!




C_2

 




なんとホッとしたことか。

そして再び骨密度も測り、骨を強くする薬を処方され、万々歳の気分なのです。

4月の骨密度検査の結果からビタミンDを飲むことにはなっていたけれど、

それくらいで大丈夫なのかとても心配だった。





食事は気を付け、プロテインも飲ませ、マルチビタミンとカルシウムマグネシウムのサプリメントも摂るようになっても、この2年間で骨密度は1%上がっただけ。

下がっていないだけ良かったと言って済ませられない気持ちの母です。

薬に安易に頼りたくないと言ってももう仕方がない。

ここで副作用の心配のないビビアントを処方してもらえたのは、

怪我の功名に思える。





 

そして翌朝、てんかんの小発作が小刻みに続くので、

ダイアップを使う。

9月の定期受診の時に、家での発作の様子をスマホで撮影して主治医に見てもらい、

この感じだとダイアップ適応とのことだったので、

大発作でなくて初めての使用。

ずっと寝るのかな?と思っていたけれど1時間半で目を覚まし、

その後本日火曜日に至るまで発作は落ち着いています。




 

 

私の感じでは、発作は電気の火が脳の中にたまっていくような感じがする。

(医学の素人なので、あくまでの母親目線のイメージです)

たまったものは放出する必要がある。

その放出が発作。

大発作は頭中の山火事。

今はダイアップのお陰で、発作の種火が小さくなっているような感じがする。

たまったものは、安全に放出できればいいのです。

倒れて怪我をするのが一番怖い。




 

意識明瞭で落ち着いていて穏やかな微笑みの娘を見れる幸せ。

たかだかこんなことで、なんとも穏やかな日に感じる。


 

まだ続きます。

流れの話しは私なりの行き着くところがあるの。




Kimg0910480x676

 

~去年のあけぼの山だけれど、今はコスモスの季節よね♪~


« この1週間の流れ ・1 | トップページ | この1週間の流れ・ 3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603199/67304824

この記事へのトラックバック一覧です: この1週間の流れ・2:

« この1週間の流れ ・1 | トップページ | この1週間の流れ・ 3 »