« いつか見た青空 | トップページ | 久しぶりのオペラシティ »

2018年9月 9日 (日)

備えあれば、、



この度の北海道胆振地方での地震、台風21号の被害に、心よりお見舞申し上げます。




 

本当に今週はなんという一週間だったことでしょう。

被災地の哀しみと混乱には言葉もありません。

ニュースで生の声を聞くたびに、胸がつぶれそうです。

続けてこんな大きな災害が起きると、直接被害がなくても気持が萎えます。

自然の前には人間は成すすべもない。

東日本大震災の時は、家の前の道路にも亀裂が入って砂が出てきて、

我が家も液状化が懸念されます。

どれも他人ごととは思えない。




 

今から遡ること20年ほど前、

環境団体「地球村」の代表高木義之氏の講演を聞いて以来、

ネットワーク「地球村」情報誌を毎月購読しています。

新聞などは、何を大きく報じるかは各社の判断に任せられているので、

必ずしも大事なことが一番大きく報道されるとは限らない。

(もちろん、何を大事と考えるかは各社、各自違う)

大見出しや大きな文字だけで今何の情報が必要か選ぶのも、

一市民にとってはなかなか難しい。

https://chikyumura.org/



 

地球村の情報誌によると、

日本の国土面積は世界の0.28%という小さな国なのに、

*マグニチュード6以上の地震の20.5%が日本で起こっている。

*活火山の7.0%が日本にある、活火山110以上を持つ火山列島。

とあります。

つまり、環境問題以前に、日本はもともと自然災害が多い国土ということ。

私はブログ等で政治的な発言をするつもりはありませんが、

原発だけは反対をはっきり表明したいと思います。

 




1970年~2000年の間にM5を超える地震は、

日本3945回に対して、フランス、ドイツはたったの2回。

つまり地震発生頻度は2千倍。

なのに、世界の原発の1割を持ち、原発密度が世界平均の35倍!とあります。

単純に数字を見ても、日本に原発がこんなにあるのは狂気の沙汰としか思えない。

原発の真下で地震が起きたらどうなるか?考えないの?

こわい~~!

やっぱり原発反対! 

なので、我が家は生協のバイオマス発電と契約。

自然エネルギー支持に1票のつもり。

パル電気の料金は、東京電力と同じです。




 

 

防災の日を過ぎて、改めて我が家の防災も見直しています。

いざという時に身動きが取れないので、備えはしっかりやっておきたい。

備えのある家が増えれば、コンビニに駆け込む人が少しは減り、

社会の混乱をちょっとだけ軽減できることに貢献できる。

できることからやってみる。

先日市役所で改めて、災害時の要支援者名簿(娘)に申し込んできたばかり。

地震は不意打ちですが、台風、水害についてはスマホの防災アプリなどで、

近時間の予測はかなり確実になっています。

時間軸(警報)に沿っての行動計画というのも考えなくてはならないのかな、、、。

裏山こそないけれど、近くの古い用水路はちょっとしたことですぐ水が溢れるし、、。

頭が重い。。。






 

我が家の対策いろいろ



・家具は全て壁に固定する。

・水の備蓄 1階にも2階にも箱で。

・消火器 玄関と2階洗面所近くに。キッチンには小さなスプレー式消火器

・非常時のビタミンミネラルの補給を兼ねて、缶の野菜ジュースを箱買い。

 時々日常でも愛飲しながら、賞味期限内に消費

25年保存可能な水で戻せる食品、家族33日分。

・キャンプ道具の数々(テント、寝袋、、、、)

・ラジオ兼用手回し充電器

LFDのランタン、懐中電灯、電池のストックもたくさんあり

→その後、ヘッドライトの方が手が空いていいとの情報を得て、

 ヘッドライトをリビングと寝室に用意

 さらに、そのヘッドライトに非常用のホイッスルもくくりつけておく方がいいみ  たい。

・娘の抗てんかんの薬は、常に最低2週間以上分は確保

・出かける時のバッグには、必ず3日分の薬を入れておく。

・トイレが使えなくなった時のための簡易トイレ

 (袋に入れて固めるタイプの簡単なもの)

・トイレットペーパー等の日用消耗品も、必ず12パック多めに在庫を持つ

・今回新たに寝室に、スリッパを使えない娘のために、

 新しい靴を箱に入れて準備。

ガラスが飛散すると素足では歩けない。

・お風呂の外にはバスローブを用意し、洗面所の引き出しにも懐中電灯常備。

・もちろん、非常持ち出し袋は玄関に。靴箱の上段とベンチの中に。

・車のトランクにも、出先で何かあった時のために1泊分の準備は積んである。

・ガソリンは、常に半分以下にならないように気を付ける





 

他、何か足りないものは?

こんなに続くと怯えて暮らすことになりかねないけれど、

考えられることはきっちりやって、

社会から元気がなくならないように、

いつもの生活を営んでいく。

そして誰もが明日何が起こるかわからないから、

楽しいこと、やりたいことを特に大事にしたいと思う。

この困難な時代を頑張って共に生き抜きましょう!





Dsc_2169

 

 

文鳥とはいえ、白い鳥は平和の象徴に思えるのは親ばかだから?

今朝はなぜか重い発作が続き、娘はその後疲れて長時間寝てお昼前に回復。

台風も多く気候が激しいせいで発作が多い今年の夏。 

可愛そうだし私も困る~。。





被災地でもエコノミー症候群予防のために20分は歩くようにとのことで、

その後お父さんと一緒に近くの公園に短時間の散歩に出かけて、

ヤマボウシの実を拾ってきました。

風でたくさん落ちていて500gも。 さてどうする?

ビタミン、カロチン、アントシアニンを含み、

滋養強壮や疲労回復効果もあるらしい。

ジャム、果実酒、あるいは生で? (生食も甘いけれど、ジャリジャリした食感)

ジャム作りなんてほんとは余計な仕事だけれど、

面倒な裏ごし等手伝ってもらって1瓶出来ました。

ねっとりした南国系の甘さ(^^



Dsc_2171



実家の母は、今年引っ越すまでは毎年6月に庭の梅の実で、

量の梅ジャム(年によっては80個も!)を作ってくれていました。

相当な労働だったと実感。感謝。






« いつか見た青空 | トップページ | 久しぶりのオペラシティ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603199/67149229

この記事へのトラックバック一覧です: 備えあれば、、:

« いつか見た青空 | トップページ | 久しぶりのオペラシティ »