« 7/20「音の万華鏡」 | トップページ | 欲張りな旅♪ »

2018年7月20日 (金)

前半終了!



本日、第131回つくば朝のサロンコンサート、終わりました。

テレビで「命の危険のある暑さ!」「不要不急の外出は控えて!」とアナウンスされる暑さの中、果たしてお客様は来られるのだろうか?と危ぶんでいましたが、

思った以上にたくさんの方にご来場いただき、感謝感謝でしたm(__)m

皆さまの音楽を愛する気持ち、朝コンを応援してくださる気持ちを改めて有難く思いました。





Dsc_2018

 

~いただいたお花と、今日会場で飾ったブラームスの写真。

ちょうど「雨の歌」を書いた頃の46歳。麗しいブラームスです♪~



 

 

今日は乱暴なタイトルですが、明日からの週末関西に出かけるので、

旅行の準備、家の片付けで余裕がなく、とりあえずのご報告を!というところです。

本当はこんなタイトルを付けるにはあまりに温かい作品なので似つかわしくないのですが、、。





 

「音の万華鏡」とのネーミングがまさにぴったりだった、今日の朝コン。

一つのコンサートで二粒美味しい♪のプログラムだったのではないかと思います。

ニーノ・ロータ、面白い曲でした!

しっとりしたブラームスからがらっと気分が変わり、

クラリネットの軽やかな音とチェロの低音、

そしてそれを支える明快なピアノを私も客席で楽しみました。

 




Dsc_2019

 

~朝コンのプログラムとフルート末吉千枝子さん作の「おまけ」~

 




Dsc_2020

 

~中を開けると手書きで情報がいっぱい詰まっています!~



 

 

自分の方はどうだったかと言うと、

6月の本番後、迷っていた個所も自分なりの解を出し、

この作品はこれ!と言えるものを持って登場したつもりでした。




 

 

が、、、本番の朝のいつものように430に目覚め、

このまま起きてしまうと持たないと思い、

一応もう少し眠る努力をし、545起床。

余裕のはずが出かける前にバタバタしてしまい、

その気分を持ってGPをワサワサとやってしまい落ち着かない気分で本番を迎え、

細かいところの集中が足りなかった、、、と反省しているところです。

 

 

 

でも、素晴らしい共演者のピアノに今日も支えられ、

今の自分たちにとってのこの作品世界を生きることはできました。

そして、一生をかけて勉強する価値のある作品だということを改めて感じました。

しょっちゅう本番ができるわけでもなく、ましてやソナタを弾く機会は稀。

次にブラームスの「雨の歌」を弾く機会が訪れるのはいつだろう、、、と思ってしまいますが、必ずまた帰って来たいと思います。

今は大事な場所から去る寂しさが胸の中に拡がります。




Dsc_2014

 

 

~新聞屋さんにもらった種の朝顔が咲きました。一番花~



 

 

明日は、息子のところに行ってきます。

6月の本番1週間前に右腕を骨折して、未だ装具を付けている彼。

関西は地震もあり、先日の豪雨では避難警報も出たという地域。

「夏休は旅行に行くから帰って来ないかも」と言っていたので、

顔を見に押しかけます。

子離れできていないのね。。

 

 

 

ただそれだけでなく、親戚とも会うことに。

貴重な関西在住の叔父夫婦。

法事でもない限り会う機会はありませんが、

こういう機会にちょっとゆっくり話をしてみたい。

従妹はヨーロッパで指揮者として活躍しています。

そしてもう一つ。

ずっと聴きたかったコンサートにも。

いくつも欲張ります♪





 

本番も終わり、梅雨明けの頃で暑さの本番前のはずで選んだ日程でしたが、

気候の予想は完全に外れてしまいました(*_*)

関西はこちらよりもずっと暑そうなので頑張らねば!

 

 

 

お留守番の家族のことも気になりますが、

いつも母に頼っているばかりでは困るので、

二人で何とか頑張ってもらいます!

高気圧に覆われてからはずっと発作無しで来た娘でしたが、

昨日から暑さのせいか発作が増えてちょっと心配ではありますが、

意外に私がいないときの方が何事もなかったりします。



 

明日は711のバス。

また5時起きです♪

おやすみなさい。




« 7/20「音の万華鏡」 | トップページ | 欲張りな旅♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前半終了!:

« 7/20「音の万華鏡」 | トップページ | 欲張りな旅♪ »