« 前半終了! | トップページ | 最強のデュオを聴いて »

2018年7月24日 (火)

欲張りな旅♪





いや~暑い暑い!!

昨晩、お風呂に入ろうと2階に上がったところ(我が家のお風呂は2階です)、

21時でもまだ35.5度もありました!!

家は壁の中に熱い空気がたまっていて魔法ビン状態で、

なかなか冷えません。

気象庁がこの暑さを「災害」と言っています。

ホントに、、、。ゲッソリです。(*_*;

うちのピピも朝は、口を開けてハアハアしている。

小鳥は38度の体温で、羽毛も纏っているから余計に暑いのでしょう。

見かねて早めにエアコンのスイッチをオン。

その後気持ちよさそうにお昼寝です。



 

 

今日は徒然なるままに、、、の気楽なブログ。

この暑さの中週末、ここよりももっと暑い関西に出かけて来ました。

目的は、息子の骨折見舞、叔父夫婦に息子を引き合わせること、

そしてコンサート。

62日にバドミントンのスマッシュで腕を螺旋骨折をし

(つまり自分で折ってしまった~~!)

とても痛い思いをした息子は、その後地震、水害と災難続き。

彼の住まいの辺りも避難指示が出て、電車は止まり一時は陸の孤島だったそうで、

この1か月半にいろんなことがありました。

大変だったね。。



 

 

夏は帰って来ないとか言っていたので、それなら私が行く!と決めていた日程。

いつもなら梅雨明けの頃でまだ暑さも何とか、、のつもりが、

なんだこれは!!の猛暑。

覚悟の上出かけましたが、

新幹線やホテルなどどこもエアコンがよく効いていて、

ちょっと外に出てモワっと熱いと思っても身体の芯が冷えているせいか、

家にいる時よりも汗をかかず、

熱中症の心配は全くなく過ごせてほっとしました。

むしろ警戒して余計に飲んでいたせいか、やたらトイレが近くて、、、。

用心しすぎた?

でも用心に用心を重ねた方がいいでしょう。

こんな暑さは初めてのこと。

心配性の私はお留守番の家族のことも気になりながら、いろいろ指令を飛ばし、

でもこういう時こそ娘は意外に大丈夫で、一人旅を楽しんで来ました。




Dsc_2038

 

 

息子が叔父夫婦に会うのは本当に久しぶりだそうで、

もしかしたら赤ちゃんの時以来?と言われ、

本当にそうだった??そんなに会ってない?

一応子供たちも大人になると、学校行事等もなくなり少し気持ちに余裕ができ、

今までなかなか会えなかった人に会いたくなる時期に来ています。

人生のいろんな時期にそれぞれのステージがあって、今は次に進んだ感じがする。

子供が学生までは、家族は子育てというある程度決まったレールの上を

走っている気がするけれど、

今は自分で自在に残りの人生の選択をしていく時期に来た。

そんな感覚が随所で芽生えています。



 

 

今までの自分とは違うことをやり、

こういう時の私はいつもはこう動くと自動選択して来たことを、疑ってみる。

そうすると、新しい出会いや再会が待っていて楽しい。

ついいい人に傾きがちな自分を、ちょっと待て!と首をつかむ。

いい人であろうとして失ってきたことが多くない?

期待に応えようと勝手に頑張って疲れたこと多くない?

この歳になると、「残りの人生」という言葉がどこか実感を持って来る。

平均寿命を考えると、残りはまだまだたくさんあるはずだけれど、、、。





 

私の一番の使命は娘のお世話、命を守ること。

そして家族の健康と幸せのために家庭を整える。

誰も代われない仕事だから。

そしてそれを頑張れるように音楽を、勉強を思いっきりやる。

遠慮も我慢ももうしない。

以前はやりたいことより圧倒的に、やるべきことに押しつぶされていたけれど、

今は役割よりもより自分を生きたい。

そんなことを、新幹線の中で考えていました。



Dsc_2021

~新大阪の駅で見てびっくりしたピンクの電車。

調べてみたら「ハローキティ新幹線」という名の博多まで行く新しい車両~





息子とお昼ご飯で集合し、お土産を渡す。

持ってきたのは、暑さ対策のクーリングタオルと本、そしてハンカチなど。

芦屋の駅から歩いてすぐの会員制コンサート「クラシカ」で、叔母と待ち合わせ。

芦屋ってさすが高級住宅街なだけあって、外車だらけ!

ゆったりした空間でお茶を飲みながら、コンサートを楽しむ。

その後、叔父も合流して一緒に西宮で夕食。

息子の知らない昔話に花が咲き、彼も一応面白がって聞いていてくれたかな?

私ももちろん優しく気さくな叔父夫婦とゆっくり話ができるのは

とても楽しかったけれど、

関西唯一の親戚である叔父たちに、

どうぞうちの息子を何かの時はよろしくお願いしますm(__)mの気持ちでした。

ちょっとホッとした感じ。





Dsc_2023

 

ホテルは息子の寮があるゆりのき台に取っていたので、

1時間半かけて移動。

夜二人で出かけることも日頃はなかったものだから、

生暖かい夜の空気を歩くのは、どこか夏祭りの気分がした。

すぐ駅前のホテルなのでそこで分かれて、翌朝の朝食でまた集合。




 

10時くらいにチェックインして、後はお風呂に入って寝るだけ。

何もしなくていいのよね~の贅沢♪

2330にはベッドに入ったけれど、5時には目が覚めてしまい、

まだまだ本番の余韻が続いているのでした。

ここ4日くらいはずっと、身体が勝手に早起き。




Dsc_2048

 

~ウッディータウン中央駅前 三田ホテル6階からの眺め~






カーテンを開けてみると思わぬ見晴らしのよさに、感激!

バルコニーもあり、まるでリゾートに来たみたいな気分♪

思わず写真を撮りまくりました(^^

広々とした景色は、何よりの喜びになる。

目の前に何も遮るものがない景色は、心と体を大きく拡げてくれる。

何でもないけれど見飽きない景色にすっかりご機嫌になり(もちろん昨日からも♪)

いや~♪ここを取って良かった!と思った。

スタンダードシングルで予約していたのに、

最上階の6階中央のスーペリアの部屋に当たった幸運。

何だかわからないけれど、ありがとう~!の気分でした。

 

 


Dsc_2037




息子と830集合で1時間かけてゆっくり朝食。

週末は食事が出ない寮なので、日ごろは自炊しているそうだけれど、

装具を付けて不便だろうと思いホテルバイキングに誘ったら来てくれた。

嬉しい♪また会えた♪(困った母ですね。。)

そして記念撮影して分かれて、私もゆっくり出発。

 





Dsc_2041





明石までまた1時間半かけて移動しながら、車外の景色を楽しむ。

めったに来れない関西は、関東と違って山が近いのが新鮮に感じる。

そう、電車の窓からは必ず山が見える。

それだけで、自分の日常とは違う場所にいる実感が湧いてくる。




 

 

明石の駅についてまだ少し時間があったから、

夫と娘に何かお土産がないかとうろうろする。

ありました!「ことりParty」なる看板!

小鳥グッズがいろいろあって♪、

娘に靴下、ハンカチ、キーホルダーなど日常で使えるものを選ぶ。

男性へのプレゼントってなかなか探せない。難しいよね。

結局お菓子かなあ~?ということで、

そろそろタクシーで2つ目のコンサートの会場で。




Dsc_2056





 

その日は山手の住宅街の中にあるカフェと個人のお宅でのコンサート。

終ってから演奏者を囲んでのパーティーもあるということで、

お料理の準備も着々と進んでいる中、お隣の席になった方と話に花が咲く。

コンサートの模様は、また後日。




« 前半終了! | トップページ | 最強のデュオを聴いて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欲張りな旅♪:

« 前半終了! | トップページ | 最強のデュオを聴いて »