« Luna Classica | トップページ | 本番レポート・1 »

2018年6月 6日 (水)

森と湖の音楽 日曜日開演

 

いよいよ関東地方も梅雨入りか?と思われる今日のお天気。

この時期の湿気と温かめの空気がまとわりつく独特の感触。

今年のデュオコンサート「~森と湖の音楽~」もいよいよ今週末となりました。

Dsc_1832

 

 

~庭の樹で一番最後に咲くシャラ(夏椿とも言う)が今、花盛りです。

一日でぽとっと落ちてしまう潔さは、白い清潔な花弁にぴったりに思える。

もったいないけれど一日の命にかける花の姿は、消えてなくなる音楽と似たものも感じたりして、、~

 

 

 

いつも本番1週間前にはなぜかダウンする私。

疲れや緊張から一度リセットするための儀式のようにそれは訪れますが、

今回は休みたいと言っている身体に従わなかったものだから、

月曜日から身体がさらに鉛のように重くなり、

体調管理がやはり大事と悟って、

今日はたまっている事務仕事をしながらちょっとゆったり過ごしました。

 

 

 

立ち止まると、気持ちも身体もガチガチになっていたのが、少しずつわかってくる。

こんな身体から出る音で、誰が喜ぶ?とはたと自分に問う。

そして再び、自分は何のために今このコンサートをしようとしているのか?を考える。

そういう時間を持てた一日で幸いでした。

 

 

 

楽器も5月のノバコンサートの1週間前から調子悪くて、

梅雨に入ると余計に心配なのでこの10日の間に3回の楽器工房通い。

うち1回は1泊入院で、送り迎え。

昨日ようやく問題解決してすっきりして安心できました。

ヴァイオリンって、本当に繊細な楽器です。

生きているよね~って思う。

それも魅力の一つであるのでしょう。

 

 

 

その繊細さにまた似ているのがうちの娘。(私も?)

このところ梅雨入り前の空に馴染めないのか娘のてんかん発作が多く、

夜もお互いに熟睡できず、

さらには一度目が覚めると音楽が鳴り始める私は眠れなくなり、

疲れはどんどんたまっていく。

そして毎朝発作があるものだから、

果たして無事にバスで行けるか?と綱渡りの気分の日々です。

寝てしまって彼女がバスに乗れなかったら、私の午前中はつぶれてしまう、、、

お願いだからバスで行って~!と

今は自己中心の母でごめんなさいなのです。M(__)m

コンサートの翌日は、ママと二人でまったりしようね。

 

 

そして土曜日に関西在住の息子が、バドミントンのスマッシュで右腕を螺旋骨折という

電話が!

ひや~~っ相当痛いだろうな、、、

不自由なギブスの身体で生活はどうしているのだろう?と気をもみ、

でも神経には問題なさそうと聞きちょっとホッとし、

毎日回復を祈っている母です。

 

 

といろいろ続き、いつものことではありますが、

小鳥の母である私の神経はいろいろ揺さぶられていました。

ノバの前もいろいろあったけれど。。

何かしらあるのはいつものこと。

頑張ります!デス(^^

今日の娘は久しぶりの安定です。

 

 

 

そういえば、このところ聴いていなかったリラックスの魔法のCDを思い出してかけてみる。

これと私はとても相性がよく、1BGMで流している間に心身ともにリラックスの方向に向かっていくのがわかるから不思議です。

お気に入りの1枚、頼りになる1枚があるととても助かります。

ナチュロアロマチカで購入して3年。

我が家のいつもの音楽なのです♪

うちのピピも昨晩は、頭を傾け目を閉じて聴き入っていました。

家族みんなが好きな音楽。

Dsc_1834

 

~ハワイの波の音と小鳥の声。そしてハープの音が風に乗ってくる癒しのCD 今も♪~

 

大木先生にリラックスのためのクラニオとアロマトリートメントを受けることができ、

いつも元気をくれる友人にメールしてみようかな、、、と思っていたら、

彼女が美味しいお菓子を見つけた!と今朝届けに来てくれたり、

赴任されたご主人についてザンビアに渡った友人からも応援メールが届いたり、

夫も家のことをいつも以上に手伝ってくれ、

周りの温かい協力、応援のお陰で本番に向かっていけることを

心から有難く思います。

 

 

作曲家の人生も私たちと同じように、

大きな試練や小さな心配や日常の心揺さぶられる出来事があって、

そんな生活の中でゼロから生み出していく創作活動に身を削っていました。

今回のプログラムの中心となるブラームスとグリーグも、

晩年の写真には人生の苦悩が深く刻まれているように思います。

 

 

が、日曜日に弾くのは、もう少し若い頃の40台半ばの作品。

苦労も十分に乗り越える体力があり、喜びも多かった頃のエネルギー溢れる作品。

思いやりに満ちた温かいソナタ。

苦難に立ち向かう強い気持ちのソナタ。

それぞれ25分間、どっぷりと作曲家の生きた世界を会場の皆さまと分かち合えますように!

 

 

癒しの小品と、充実のソナタで構成された今回のコンサート、

あと数日精一杯準備に励みます。

アルスホールでお待ちしておりますm(__)m

 

 

2018a

 

「森 裕美 山口泉恵 ルナ・クラシカ コンサート ~森と湖の音楽~」

610日(日)14時開演 つくば文化会館 2階 アルスホール

 

一般 前売り¥3000 当日¥3500

学生 前売り¥1500 当日¥2000

未就学児は入場不可です。

大人のプログラムをじっくりお楽しみください。

 

チケットのお申込み、お問い合わせは、このブログのお問合せ欄、

あるいはHPのお問合せフォームにご記入ください。

http://forest-note.com/

 

 

 

下記店舗でもチケットを扱っていただいています。

長いお付き合いでいつも応援してくださっている、大木先生、平野様、大和久様、

いつもありがとうございますm(__)m

 

ナチュロアロマチカ   守谷市久保ヶ丘2-5-18 0297-46-2810 

花みずき&ウェルカム  守谷市本町4408    0297-46-3002

ブティック・フラワー  守谷市けやき台2-6-2    0297-46-0204

Img_1272

この看板がお出迎えします♪

« Luna Classica | トップページ | 本番レポート・1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603199/66801760

この記事へのトラックバック一覧です: 森と湖の音楽 日曜日開演:

« Luna Classica | トップページ | 本番レポート・1 »