« 春気分つづく | トップページ | 春の嵐ふたたび »

2018年4月15日 (日)

春の嵐

 

 

久しぶりの救急車。

私ではなくうちの娘。かれこれもう7回目。

今週水曜日から日曜日まで帰省し、まずは夫の実家そして私の方の2軒を2泊ずつの

5日間の恒例のバタバタ帰省。

いつも両方の実家から「台風」と呼ばれている私たちです。

 

 

 

2日目の夜、久しぶりに娘のてんかん大発作が起き、

もう落ち着いたかな、、、と思っても時間をおいて計6回。

これはもう家では見ていられない!と、

とうとう330には救急車をお願いして病院に搬送してもらいました。

 

Img_1260

 

 

~後ろからついて来る夫が撮影。

搬送先が決まるまで10分ほどかかり、その間さすがに不安な気分に、、、~

 

 

 

 

運ばれている最中に目を覚まして発作は落ち着くことが多く、

今回は点滴はなしで、心拍数、血圧、呼吸数、血中酸素濃度をモニターするくらいで済み、

結果8時には家に戻れてホッとしました。

朝日の中帰る朝帰りって、とてもまぶしい。

入院覚悟で行ったけれど、帰れて良かった~!

夜中の真っ暗な病院でトイレを探すのはさすがにちょっと怖かった、、(*_*;

 

 

 

かかりつけの病院がない場所だと、治まらないときの処置をドクターも迷います。

次回からは宿泊のある外出には主治医の指示書を持参することを勧められ、

そのようにしようと思ったところです。

なるべく安心できる環境を作って出かける。

怖いからと家に閉じこもっていては、母子ともにいけないから。

 

 

 

 

1年半以上起きていなかった大発作なので、私少し気を抜いていたかな、、とも反省しました。

普通人のようなスケジュールでは動けなく、少ない活動量でお昼寝もしないともたないのに、ちょっと無理をさせてしまったかな、、と思います。

ごめんね。

 

 

 

でも、一番の原因はカメが違ったこと。

お気に入りのカメのぬいぐるみ(2代目)もだいぶ傷んできたので、

この帰省で次の子にバトンタッチする機会にしようなどと考えたのが乱暴でした。

いつものカメじゃないから一晩目からなかなか眠れなくて余計に疲れがたまり、

もともと初日の移動日は気圧の警戒時間がずらっと並んだ日であったし、

バス、電車、モノレール、飛行機、レンタカーと、出かけて到着まで5時間半もかかれば疲れるのも当たり前。

3つも誘因が重なると大発作が起きるんだ、、とわかったところです。

Dsc_1712_2

 

~可愛がっているかめちゃん2代目と3代目。1代目の子は大事に保管されている。~

 

 

このところ以前よりも発作が少なかったのは良くなったからという訳ではなく、

ケアが良かったから出現しなかっただけと思った方がいい。

やっぱり過保護に見える扱いをしないとだめみたいですね。。

ガラスでできているかのようです。

 

 

 

救急車に乗ったところ、救急隊員さんから「お母さんは座っていてください」と言われ、仕方なく足元で大人しくしていたら、

母がいないと思って心細くなったのか?メソメソととても悲しそうになきはじめ、

それはそれは可哀そうでした。

それ以後、べったり母に頼っています。

その後も寝ると軽く手を突っ張ることがあり、

ああまだ発作波が出ていると傍から見てもわかる。

 

 

 

帰りの本日はまた東京は春の大嵐で気圧の警戒モードでしたが、

西から飛行機で飛んできた私たちにはその影響はなくて済み、

無事に帰宅。

明日の娘はお疲れ休み。

私は片づけ掃除、そして明後日の保護者会総会準備とフル回転です。

 

 

« 春気分つづく | トップページ | 春の嵐ふたたび »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603199/66615438

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐:

« 春気分つづく | トップページ | 春の嵐ふたたび »