2017年10月14日 (土)

小鳥と暮らす♪

 

2f1_2

~ベランダから1mの距離にあるメジロの巣。手が届きそうで届かない~

 

 

先日久しぶりのヨガ(友人が公民館にてワンコインで教えてくれている)の時に

「今年って何トシ?」という会話。

え~?みんな覚えてないの?

我が家は文鳥と暮らしているので、

今年はピピの年! 彼女は我が家の主役なのです。

 

 

 

 

一緒にいると、愛は深まるばかり❤

完全に私を母だと思っているピピは、後追いして家中どこにでもついて回ります。

鳥は本能として、捕まってしまう時は命の終わりだと悟っているので、

手の中に入れられるというのは本当は気持ち悪いのだけれど、

「ここは良いところ。あなたの巣♪」と言い聞かせて

日に何回か手の中に入れてヨシヨシしているので、

だいぶ落ち着くようになってきました。

私も小さくて柔らかくて温かいはかない生き物をそっと包むと、

何とも言えない幸福感に満たされます。

うっとりするほど。

私の健康は、娘のハグと小鳥の抱っこ(手の中に入れることをそう称している)のお陰で保たれているのかも。(^-^)

 

 

Img_1095_2

 

~スリッパや暖房機の前が好き。アブナイよ~!~

 

 

鳥は飛ぶために動物の中で最も体温が高いのだそうです。

私も平熱は高い方だけれど、ピピを手の中に入れて遊ぶせいか、

ますます手が熱くなってきています。

ハンドパワーを小鳥からもらっているかも?

これでいい音が出るとますます嬉しいな(^^♪ 

 

 

 

 

前の桜文鳥が老衰で亡くなる前は、

たしかに体温が低くなってあまり飛べなくなり、

小屋から出してあげると私の手を目指してちょんちょんと弾んで歩いて来て、

手の中でじっと温まっていました。

亡くなったのは4月にしてはすごく冷えた日の朝でした。

文鳥の寿命は8年くらいだそうなので、

今の白文鳥もすでに人生の後半に入っています。

ピピちゃん ママと一緒に楽しく長生きしようよ~!

 

 

Dsc_1075

 

~フォークから食べるのが好き。あなた、自分のこと人間だと思ってるでしょ?~

 

 

 

 

この子は一生家から出ることはありませんが、

庭では野鳥が命の営みを繰り広げています。

 

今年もメジロが庭のヤマボウシに巣を作っていました。

メジロの巣はそれはそれは繊細で、とても細い枝だけを選りすぐって作ってあります。

どこからこんな同じ細さのものだけ集めて来るのか?

人間に気が付かれずにいつ巣作りしているのか?謎だらけです。

そしてこの小さな揺りかごは、葉っぱが全部落ちて風雨にさらされるうちに

次第に壊れていってしまい、ついには地面に落下します。

庭師さんが3年に一回ほど枝抜きに来てくれる時に、

巣が付いた枝を切って持ってきてくれる時以外は、

壊れていくのを黙って見ているしかないのは少し切ない、、。

 

 

 

 

 

一度は細い枝だけでなく、新聞や雑誌をまとめるのに使うひもを裂いたものも使ってあって、2階のベランダから見るとそれがキラキラと光って美しくて、感動していました。

この巣を作るために、何度往復したのか?を想像すると、

せっせと巣作りする小さな生き物がますます愛おしくなるのでした。

 

 

 

 

 

渡り鳥ではないから、きっとこの庭で成長したヒナは、

またこの庭に自分の子供を育てるために帰ってくるのかな?

いや、いつも棲んでいる?

我が家の子供たちが大きくなっていった隣で、

鳥たちもせっせと子育て。

温かい気持ちにさせてもらっています(^-^)

 

 

Meji

~数年前の雪の日のメジロ。今年のメジロの数世代上の子かも~

 

 

 

メジロだけでなく、鳩の巣もあります。

そちらは常緑の樫の樹の方。

鳩は1メートル以内にならないと、もう逃げもしない。

よく門に留まっています。

庭は鳥たちの領分ですね。

住宅地になる前は、もとは彼らの祖先のものだったのでしょうから。

 

 

 

 

冬になると食べ物がなくなるので、

果物やお米を置きます。

水浴びする水鉢もある。

水鉢には水連を植えて蚊対策にメダカも飼っていて、

レンガを沈めて鳥の足場を作っています。

 

 

 

 

我が家の酉年は、来年もその先もずっと続きます。

今週はしばらく雨続きだそうで鳥の声が聞こえないのが寂しい。

鳥たちは、食事にありつけているのだろうか?

たまにそんなことを考えながら、

小鳥たちの騒がしい声が響く晴れの日が来るのを待っています♪

 

 

Dsc_1012

~このやまぼうしの一番上に、メジロの巣がある~

 

 

2017年10月 6日 (金)

唯一無二の

 

急に寒くなりました。足元が特に。

季節が進むのが早くありませんか?今年の秋。

でも、秋色に染まり始めた庭の葉っぱのように、音楽のお蔭でハートは温かい色♪

 

 

C

 

 

 

今週はいろんな音楽の刺激があった1週間。

特に考えさせられたのは、田尻洋一氏のピアノコンサート。

関西在住で、各地で活発な演奏活動を繰り広げているコンサートピアニスト氏。

多くの作曲家の全曲演奏を成し遂げているという、

圧倒的なレパートリーを持つ稀有な方です。

今までのリサイタル回数は1000回を超えているというから驚き!

しかもその膨大なレパートリーの中には、ご自分で編曲して一人で演奏される

交響曲やピアノ協奏曲があり、元オーケストラ奏者としてはそれも魅力♪

 

 

 

 

驚異的な記憶力の持ち主で、全て暗譜。

アンコールも何でもリクエストに応えられるという凄さ!

「今日のために一生懸命準備してきました」というのとは全く別次元にいて、

月に56回あるコンサートはどれもプログラムが異なっている。

頭の中は一体どうなっているんでしょう~~?と私は不思議でいっぱいの気分です。(^^;

 

 

 

我が家から車で20分のアミュゼ柏プラザでも年に6回開かれており、

もう8年?(数字に弱い私の記憶はあやしい、、)

ほど続いているロングランコンサートを昨年初めて知り、

私は今回3回目でした。

 

 

Dsc_1027

 

 

初めて足を運んだ昨年12月のコンサート。

柏の会場に入ってびっくり。

壁は防音の穴あき仕様で、天井も低く、およそ音楽用ではない小ホール。

ここで果たしてどんな音が出てくるか?と構えていたら、

絶妙なペダル使いでデッドな環境が気にならないのでした。

 

 

 

 

濁るか濁らないかのギリギリのところでつながれていくペダルは、

独特な響きをたたえていて、静かな場面の音楽は本当に独自の世界が拡がります。

正直初回は「ペダルが多いような、、」と気になっていた私も、

今やすっかりその響きのとりこに♪

この世界にずっと浸っていたいと思う響きを楽しませていただいています。

そう 音楽に浸る、、、という言葉が一番しっくり来るかも。

 

 

 

 

余計な思い入れや派手なアクションは全くなく、

見た目は地味に、けれども誠実に淡々と弾かれる姿からは、

虚飾のない音の世界が拡がります。

無理なく自然に弾く姿勢は、いくら弾いても疲れないように見え、

ずっと聴いていたいと思ってしまいます。

肩が凝らないクラシック音楽。

 

 

 

 

旋律楽器の私は和声感にこだわり、音色の工夫以外にもスパイス程度の時間の揺れのある繊細な演奏を身上としているけれど、

田尻さんはそうタイプではなく本当に淡々と、あっさり弾くのです。

透き通った川の流れのように。

 

 

 

 

最初は、素朴でスッキリし過ぎ?と思っていたのが、

演奏が進む間に川の流れがはっきり見えてきて、

流れに乗って行き着くべきところに連れて行ってもらえる

心地よさを感じるようになります。

どうでもいい細かいところに頓着しない、

見通しの良い骨太の演奏とでも言ったらいいのでしょうか。

見習わねば。

 

 

 

 

なんの構えもなく椅子に座ったかと思うとすぐに始まる姿からは、

頭の中には常に音楽が流れていて、ヒョイとその船に乗るだけのように見えます。

聴いている方も緊張することも構えることもなく一緒に自然に音楽に乗り、

そして曲中どんなに盛り上がっても、最後はまたスッとこの世に戻って来る。

会場のみんなで旅に出て、安心して家に戻ったね、、、という穏やかな気分になる。

およそ仰々しさなんて無縁です。

 

 

 

 

けれども、作品の山の部分はとても雄弁で、

素晴らしい集中力で弾き切る快感を聴衆に楽しませてくれます。

今回初演だったベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」の一人演奏は、本当に圧巻。

聴衆のため息と感激の声、拍手喝采で、会場は大いに沸きました。

気持よかった~!

 

 

Post_rising

 

 

 

終楽章のゲネラルパウゼ(全休止)では、

真剣勝負の間合いを聞いている方も一緒に体感し、

その後一気に終わりに向かって進む快感も

共に楽しませていただいた素晴らしいライブ。

初演のこの一瞬にかける情熱に立ち会えてとても幸せでした。

だから生は良いのですよ~(^-^)

 

 

 

今まで特に印象に残っているもののなかで、、、

まず、バッハの「主よ人の望みの喜びよ」で見た景色。

雪降る夜、一人歩いていると大聖堂が現れる。

扉を開くと神を賛美する音楽が流れていて

その祝福の響きに包まれる喜びと共に、再び外に出る。

同じ雪の中を歩いていても、身も心も温かい。

演奏を聴きながらそんな幸せなイメージの中に居ました。

 

 

 

 

ベートーヴェン「第九」の終楽章。

オケではファゴット(b音)から始まり、テノールのソロと男声合唱と続く場面。

田尻さんの演奏を聴きながら、ここは男の人たちが肩を組みながら

「人類皆兄弟なのだ」と笑顔で歩いてくるベートーヴェンの理想が

初めてはっきり見えた新鮮な驚き。 

私は何度も弾いた馴染みの曲なのに。

この時、演奏から作品の本質が現れるというのはこういうことか、、、と思いました。

 

 

 

 

ショパンのピアノ協奏曲の第2楽章「ロマンス」。

実は私は好きでない楽章、、、。(^^;

オケのヴァイオリンパートは、音をジトっと伸ばしているだけ。

(ホントはだけ、、ではないけれど(^^;)ごめんなさい、Violinはつまらないんです、、。)

ところが、彼の演奏を聴いてこの曲の素晴らしさを初めて知った。

 

 

聴いているうちに、私の頭の中に星空が現れる。

途中昼間の花が咲き乱れる草原に出るように思う個所もあるけれど、

空気の澄んだ美しい夜空の下にいるかのような優しい煌きのある響き。

その時に聴いた美しい音と自分の中に溢れたイメージが、

半年以上経っても忘れられません。

 

 

Photo

 

 

 

私は聞く人を勝手なイメージで遊ばせてくれる懐の深い音楽というのが好きで、

たまにしかないそういう演奏に出会えると、無上の幸せを感じます。

 

 

 

 

熱演や、完璧だけを目指した演奏では、それには出会えません。

自分もそういう演奏ができるようになりたい!と願っているのですが、

無私にならないとできないのかな?

あるいは音楽と同化している?などなど

いろいろ考えてしまいます。

少なくとも自己顕示欲など皆無で、音楽に身を捧げているのが伝わってきます。

 

 

 

 

終演後には毎回お茶会があり、そこでお人柄に触れることができるので、

私も楽しみに参加しています。

本当は、根掘り葉掘りインタビューしたい気持ちに駆られるのですが、

先週はスイスの演奏旅行から帰国したばかり、

そして今回は初演を成し遂げたばかりのお疲れの方に、

そんな自分勝手なことはできないな、、、と我慢でした。

田尻さんが自発的に話される内容から、何を考えていらっしゃるのか?

実は密かに演奏の秘密を探っています(^-^) (勉強、勉強!)

 

 

 

 

独自の世界があるというのは、とても魅力的なこと。

私にとって大きな目標です。

正しいだけの教科書通りの演奏は、もうとっくに聞き飽きている。

完璧でも心がない演奏はもっとつまらない。

癖のある独りよがりな演奏は遠慮したい。

 

 

 

 

聴きたいのは、その人独自の世界観がある音楽。

その人に、その音楽世界に「また会いに行きたい!」と思うような演奏。

 

 

 

もちろん、楽譜が立ち上がって来る演奏は理想。

でもいくら「楽譜に忠実に、、、」と言われても、

いくら調べて勉強してみても、

作曲家ご本人に質問できないことがほとんどなので、

楽譜を翻訳する演奏という行為には、

演奏者自身が大きく反映される。

そう、目の前の人がどんな人なのか?を音から聴いているのです。

 

 

 

 

ストレートにそれを表現できるには、技術(身体)や分析(頭)だけでなく、

心の在りようもかかわってくるのかもしれない。

必ずしも立派な人間になろうという意味ではなく、

偽りのない自分であることが、

エネルギーを滞りなく流してくれるのかもしれない。

 

 

 

 

ああ~勉強することが山のようです。

私がコンサートに行くのは、楽しみよりは勉強が主な目的。

勉強のために行って、楽しさがついてくれば言うことなし!

さあ芸術の秋。

今月は計3つのコンサートで勉強しつつ、楽しんで参ります!

 

 

Photo_2

 

 

田尻さんの次回のアミュゼ柏での演奏会は、116日(月)14時開演です。

通称「ベト7」 ベートーヴェンの7番のシンフォニーを、ピアノ一人で演奏。

皆さま、田尻ワールドをどうぞお楽しみに!

 

 

田尻洋一さんのこれからの公演日程

www.eonet.ne.jp/~y-tajiri/j-schedule.htm

 

 

 

 

 

2017年9月28日 (木)

爽やかな朝

 

 

もうすぐ「ひよっこ」が終ります。

日曜日は放送がないから月曜日の朝が待ち遠しかったほど

楽しみにしていました。

 

 

 

 

朝ドラなんて、ヒマな主婦が観る番組(失礼!)、、、と

かつては思っていた私ですが、

3年前だったかの夏の終わりに「花子とアン」(昔「赤毛のアン」が好きだった)を

見てハマってしまい、

その後は「マッサン」「まれ」、、、とすっかり朝の行事になっています。

 

 

 

 

ただし、じっと見ているのはもったいない!ので、ラジオ体操とストレッチをしながら、

ずっと立ったままです。

落ち着きがない?  それとも貧乏性?  欲張り?

 

 

 

今回の「ひよっこ」は何がいいって、

出てくる人がみんな気持ちの良い人ばかり。

そしてハッピーエンドの嵐。

普通はこうはいかないでしょう!有り得ないでしょ!と言いたくなる気分は横に置いて、

心から祝福したくなる気持ちにさせてくれます。

画面からは、終盤になればなるほど

出演者同士がますます番組を大事にしているように見えて来ます。

長丁場の撮影だろうから、

いつも一緒に仕事をする共演者は家族のような親しさを帯びてくるのでしょうか。あるいは、長い撮影期間の戦友としての連帯感?

長いからこそ終わりが意識されるとますます残り時間が愛おしくなるような空気感を、

俳優さんたちの目から感じます。

その一つ一つが温かくて、、、。

朝から幸せをもらって一日を始められる元気を、

このドラマからもらったかな?と有難く思います。

 

 

ストーリーの運びは単純かもしれないけれど(特に終りかけはいつも、、)、

それでもいいんじゃない?と素直に思ってしまう私も能天気?

すっかり慣らされている?

いや、朝からごちゃごちゃ考えたくないんです!

この中では安心していられる。

子供の絵本の世界のように。

大人にも、そういう時間が一日にちょっとくらいあってもいいよね~。

 

 

 

「マッサン」の時もだったけれど、

朝の始まりの15分という短い時間に、心をマッサージしてもらっている感じ。

地震、異常気象、豪雨、Jアラート、、、、様々な社会の不安、

自分の生活にも心配ごとが起きる、嫌なことも起きる、、、

日常生活には大小いろんな波風が立ちます。

心の中に立つ波風に気持ち悪くなって酔わないように、

波にのまれて転覆しないように。

船の上でしなやかに波に乗れるように、

準備体操で身体をほぐし、

朝ドラで笑ってちょっと涙して心をほぐし、

さあ今日も一日頑張ろう~!の気分にさせてもらっています。

 

 

 

 

ああ ひよっこが土曜日で終わるのが寂しい~。。

昭和レトロが好きなうちの夫も、

今回番組前半の舞台だったトラジスタラジオの工場の風景を見て

懐かしさがこみ上げて観たくなったらしく、

それ以来録画して毎晩観ています。

夫婦で話題が増えたのも楽しかった(^^

 

 

Photo

 

 

 

決まったドラマは観ない我が家ですが、これだけは別枠。

短いしね♪

私は毎日夕方1830に練習を終えると、

ニュースを見ながらトランポリンを5分飛び、

2045からはお風呂のお湯を入れながら15分踏み台昇降でステップを踏むのが、

毎日の運動日課。

決めた時間にテレビをお供に動くことに決めていると、

楽々でちょっとしたエクササイズができます。

 

 

 

 

しかし、このところ脚の筋肉の衰えも感じて来て、

さらに老化の下り坂を降りているような、、、。

どこかでスクワットも日課に入れるかな?

やること多いけれど、短い時間のものを生活に散りばめて、

努力と思わずにちょこっとやるというスタイルで、

何とか体力を維持しようと目論んでいます。

いつまでも娘の介護を頑張れるように、元気でいなきゃ(^-^)

 

 

 

気が付くと、どれもNHKがお供みたい。。

実家が真面目なNHK派でしたので(^^;

すっかり刷り込まれているようです、、、ね(笑)

いや、今は朝ドラよりも衆議院選が何よりの注目です!

とはいえ、お楽しみも大事♪

 

2017年9月21日 (木)

秋をみつけて

 

今年はさっさと秋が始まった感の関東地方。

先日の台風一過では、また暖かい風がやってきて夏が一瞬戻りましたが、

やはりすっかり秋空です。

身近な秋のしるしを見つけては、移ろいゆく季節を愛でる。

日本人でよかった~♪と思う季節です。

 

 

 

我が家の小さな庭の中で一番大きな木は、やまぼうし。

この樹から毎年秋が始まります。

この子は、お盆が過ぎると決まって葉っぱを落とし始める。

まだ暑いのに~。

でも、まるでカレンダーを持っているかのように、

ほぼぴったり毎年815日あたりから落葉が始まります。

それを見ると、暦の上の秋が本当のことに感じられます。

 

 

その後も続々と秋のお印が出現。

今年は紫式部がたくさんの紫の小さな実を付けました。

しばらく楽しめます。

 

 

Dsc_0985_2

 

 

今週の水曜日には、娘がバスで帰ってきた時にふと見ると、

万作が黄色い葉を道路に一枚落としていました。

さっそくゲット!

家の中に持ち帰ります。

そして、秋を飾る。

そういう小さなことが大好きなわたし。

 

 

 

旅行もままならないし、自由に好きな時に出かけられるわけでもなく、

娘の体調に合わせて生活しているうちに、

私も足元の小さな幸せを見つける達人に育ててもらいました。

 

Dsc_0990_2

 

~昨日切って家に入れた枝の葉は、今日はすっかりしおれてしまい、

紫の実だけを集めてみたら、キャビアみたい♪~

 

 

特別なことがなくても、

日常の中に小さな嬉しいことをみつけて、

小さな変化を喜んで、

それで十分幸せだと思えるようになったのは、

重い障害のある娘のおかげです♪

 

 

 

彼女は何が食べたいかさえ、声に出せない。

「ん~」でほぼ済ませ、たまに指さして、表情で意思を伝えるけれど、

細かいことは伝えられません。

それでも与えられた生活の中で穏やかにご機嫌よく過ごす姿は、

菩薩にさえ見えます。

受け入れること の達人とも見えます。

そんな彼女が健気でますますかわいくて、

守ってあげなきゃ!と母心がまた動きます。

 

 

 

私も幸い勉強が好きな性質なので(というか、そうなった)、

地味な今の生活を愛しています。

一つ一つを慈しみながら、

毎日の生活を大事に暮らすことは、

一つ一つの音を吟味して、

じっくり味わって弾くことと似ている。

 

 

私の音は、確実に娘との生活から影響を受けている、私だけの 

いえ、私と娘ものです。

それを本番で放ちます。

その時は、その場にいるすべての方と共有する音になる。

 

また聴いてくださいね(^^

Img_1087_2

~追加写真。9月24日小貝川フラワーカナルにて。

今限定の彼岸花を家族3人で見にお散歩。

夫の作品~

Dsc_1006_2

Dsc_1001

~自宅から車で15分のところに拡がる景色に心も緩む。

ほどよい田舎に住む幸せ♪~

 

2017年9月17日 (日)

葡萄色のドレスで

 

 

金曜日 9月朝コン、あっという間に終わりました。

リハーサルのスタートも今までで一番遅く、

しかも3回のリハーサルでの仕上げという最短コース。

北国の短い夏のように駆け抜けました。

でも、密度の濃いリハーサルを楽しみ、

本番もなかなかハードでした。

 

 

 

まず、Jアラートで始まった落ち着かない当日の朝。(茨城県なので)

私は「とにかく、本番だけはさせて~!」と家で叫んでいました。

慣れるのもよくないけれど、

何度もこういうことがあると「またか、、」の気分になりかけています。

でも、中には「一日中なんだか落ち着かなかった、、」との声も聞かれ、

迷惑この上ないですね。。

 

 

 

そんな中、朝コンに来てくださった皆様、

本当にありがとうございましたm(_ _)m

ロシアとノルウェーの作曲家の作品をお楽しみいただき、

コンサート後に気分が変わっていましたら嬉しいです(^-^)

 

今期から、月ごとに一つのチームが1時間を担当し、

入り口にはプログラムのイメージの飾りでウェルカムコーナーを置き、

演奏者が楽しんで仕立てております。

 

Img_1051_3

 

 

今回は、ピアノのMizueさんが、このコーナーを担当。

ロシアのマトリョーシカはわかるとして、

このちょっと不気味なような面白い人形、なんだかわかりますか?

ノルウェーの妖精トロルは、こんな顔しているんですよ!

グリーグの家はトロルが住む丘の意味の「トロルハウゲン」と名付けられていますが、

彼の家の隅っこで、庭先で、こんな土着のいたずら妖精と出くわしたら

面白いでしょうね(^-^)

 

 

私は朝の到着が遅れ、バタバタとゲネプロ。

最後のリハーサルから1週間たっているのに全部は弾けず、

ゲネプロ後20分で支度をしてすぐに本番。

しかも1時間通して。

心身ともに、なかなかハードでありました。。

 

 

 

前日の夜に気が付いたんです。

そうだ!

明日はGP後、休憩はほとんどなく、すぐに全部弾くのだと。

エネルギー配分もよくわからず、

アタフタしましたが、それも勉強。

結果は、朝からいきなりターボふかして運転した気分。

午前中で一日のエネルギーの大半を使い果たし、

午後はもぬけの殻状態でした。(*_*;

 

Dsc_0976_3

 

~当日お配りしたプログラムと、フルートの末吉さん作の「おまけ」と、

私が書いた「解説」の3点セット~

 

 

大事に弾いた繊細な「白鳥」。

子供のころバレエが大好きで、チャイコフスキーのバレエのレコードをかけて、

踊っていた私。

ようやくオデットになれたかな~?

(いや、トシが、、、という声が聞こえてきそう)

 

 

 

3つのエネルギーがある時は集約され、あるときは四方八方に発散された

熱演の「ピアノトリオ」。

本番ならではの熱い瞬間がたくさん出現。

丁々発止を楽しみました♪

 

 

 

セリョージャ(ラフマニノフ」とヴェーロチカの淡い初恋の「ロマンス」。

3部に分かれる中での冒頭の部分、

コントラバスがそれはそれは優しく

ヴァイオリンとオクターブユニゾンで奏する繊細な音は、

正面からは「好き」とは言えなかった若き日のセリョージャの優しい姿を思いました。

 

 

 

北欧の静けさが広がる「最後の春」。

シンプルなのでどうかな~と少々気になっていましたが、

録音を聴いてこれはこれで一つの世界があった、、、と思いました。

 

 

 

海と歌と踊りと星空と炎と、自然と共に生きるエネルギーが詰まった「ソナタ3番」。

個人的にはいろいろ反省点多々ありでした。

思い切りも悪く、かといって丁寧にも弾けず、いろんな意味で中途半端。

もっと素敵な作品なのに。

どこがどうだったのか、その後も考え続けています。

 

 

 

全体は、振り返っても良いプログラムだったなあ、、、と懐かしくなるほどですが、

演奏の出来はいろいろ。。

毎回そうですが、

とてもうまくいったと思えるものと、

反省が多いものと。

全てがうまくいくことはまずあり得ないけれども、

悔しいことは後ではその方が成長の糧になってくれます。

いや、しかし今は悔しい方が大きい。

とは言ってもそれは個人的な問題で、

素晴らしい共演者との本番は面白く、

自分の不手際があってもまた録音を聴きたくなるのです。

お客さまにも何かしらお届けできていましたら幸いです。M(_ _)m

 

Dsc_0973_2

~末吉さんのおまけの中身はこんなに充実!今回はラフマニノフでした♪~

 

 

また「北国の、、、」のプログラムやろう!と

終演後の打ち上げランチで盛り上がり、次のことを考え始めました。

北国の春になるのか?(誰かの歌みたい?)、

あるいは秋になるのか?

北国チームの第2弾、どうぞお楽しみに♪

 

 

 

次回、私の朝コンでの登場は、

1215日(金)の第124回です。

タイトルは「クリスマスの贈り物」

こちらも素晴らしいソプラノ、ピアノ、チェロとの共演で、とても楽しみ♪

早速昨日の夕方から本格的に取り掛かりました。

今日はピアノパートも弾いてみて、勉強を楽しんでいます(^^

ぜひ今からカレンダーに書いておいてくださいね!

また朝コンでお待ちしておりますm(_ _)m

Dsc_0969_2

 

~朝コンをいつも大事に想ってくださるお客様から、

演奏者3名にお花をいただきました。

私たちの葡萄色のドレスにぴったりのアレンジメント! 

写真よりも実物は、もっとシックな色合いです。

ありがとうございましたm(_ _)m~

2017年9月12日 (火)

9月15日朝コンプログラムノート・2

 

プログラムノート 後半です。

*エドヴァルド・グリーグ 「最後の春」op34 二つの悲しき旋律より

(弦楽合奏用に編曲された二つのヴィニエの歌)(1880) ピアノトリオ編

 

「ペール・ギュント」でお馴染みのノルウェーの作曲家グリーグ。

日本では「過ぎにし春」と呼ばれて、弦楽合奏の名曲としてよく演奏されるこの作品は、本来の意味は「最後の春」であるようです。

2年間何も作曲していなかった想像力を失った状態から、ようやく脱却するきっかけとなったのが、本作品を含む歌曲「ヴィニエの詩への12の旋律 op33」。

歌詞の内容は以下のものです。

 

 

~私がこの春の息吹に見るのは長い間なくしていたもの

だが私は憂鬱に自分にこう問いかけるだろう「これで最後なのか?」

なるようになればいい、私はそれでも生命の息吹を感じるのだから

この春を味わいつくし そしてすべてが終わるのだ~

 

 

人生の終わりの寂寞感、それでもどこかに残る春という季節に重ねる生への憧れ、

そして北欧独特の拡がる静けさ。 

ここにしかない世界をどうぞお聞きください。

 

 

Dsc_0957

~グリーグの家から、庭と海を眺める~

 

 

*ヴァイオリンソナタ第3番 ハ短調 op45 (18861887

 

 

1885年グリーグは、ようやく自分の家を持ちました。

グリーグの家は、ノルウェーの妖精トロルが住む丘という意味の「トロルハウゲン」と呼ばれています。

その場所については、指揮者の矢崎彦太郎氏が書かれたものから引用させていただきます。

 

「ノルウェー第2の都市のベルゲン市郊外で、ノルウェー海に突き出た半島突端の高台を占有する孤絶した家屋は、温もりのある木造で、大きく取られた窓からは眼下に拡がる海を一望のうちに収められる。ノルウェー放送管弦楽団の首席客演指揮者を務めていた30年ほど前に何度か訪れた印象深い家の辺りは、彼が作曲したピアノ協奏曲の主題を髣髴とさせる澄んだ空気と透明な光に包まれていた」

 學鐙 vol.114 No2より  丸善出版株式会社

Images1uz7gwyu

 

 

ソナタの3番は、この家に越してきてから間もなく着手されています。

フィヨルドとノルウェーの自然をこよなく愛したグリーグは、

自然から多くのインスピレーションを得ました。

この場所の最初の印象及びその時の心境が、

この作品にも表れているように思います。

グリーグの日記にもこう書かれています。

「この土地が、私に命と情熱を与えてくれたのだ。

この地を、私の音楽の中に蘇らせねばならない」。

 Imageshzcyyivm

 

 

 

 以下、演奏者の勝手なイメージです。

曲から何を想像するかは聴く方それぞれの自由ですが、

演奏者は実はこんな風景を思い描いていると知ると、

より楽しんでお聞きいただけますでしょうか、、、。

 

 

 第1楽章は目の前に広がる北の海。

波しぶきがあがり、荒れる波。

ある時は光がさして穏やかな海面、風が強くなりさざ波が立ち、

遠くから嵐が近づいてくる。

大地から眺めるているだけでなく、船に乗って実際に波を身体で感じているように思うところもあり、自然描写に優れていると感じています。

そして、この景色を眺めながらグリーグは何を想っていたのかを想像します。

 

 

2楽章 歌と踊り、そして星空の夜。

この楽章に関しては、音楽之友社から出ている「グリーグ その生涯と音楽」に、以下のような興味深い記述があります。

「第2楽章の音詩は、再び最初の主題に戻ると、まるで重力が取り除かれたようだ。ほとんど地面に着地することなく、我々は幅広い和音を通して別の世界へと導かれる。ここでも彼は、同じ素材によって全く違う世界を生み出している。」

 

 

 

 第3楽章、炎と生きる力の音楽

アクセントを伴うリズムの音型。チラチラと燃える炎。大地に響く力強い足音。

我が家を持ったグリーグの確固たる自信と意志、

未来に向けての意欲さえ聞こえてくるようです。

自身の健康問題、希薄になった夫婦関係、作品の評価、ここに来るまでに多くの悩みがあったグリーグにとって、ようやく落ち着ける安心の我が家。

グリーグは家の建築に心力を注ぎ、愛する家を「自分の作品」と呼びました。

しかしすぐに、静けさを求めてこの家で作曲しては、

再び新しい刺激を求めて旅に出ることを繰り返すようになります。

 

 

 

3楽章にも大海原が出てきます。

しかしそれは1楽章のような荒れ狂う海ではなく、力強くも希望を感じる太陽に照らされた海の風景。

グリーグは第1楽章で波に立ち向かい、第2楽章では安らぎを経て静かなエネルギーを新たに蓄え、最終楽章では同じ海の波に揺られても、悠々としているように思うのです。

ここに、ソナタ形式を借りて3つの楽章を経て成長する素材(作曲者)を感じます。

 

 

 

 このソナタは、いくつかの素朴なモチーフとゼクエンツによる展開と和声の変化という見かけは小さな要素をもとに構成され、演奏には大きなエネルギーと豊かなインスピレーションが求められています。

 

 

文責 Mori Hiromi

Imagest9ins4wn

~グリーグの家。「トロルハウゲン」~

 

 

 

参考文献

・「伝記 ラフマニノフ」 ニコライ・バジャーノフ 音楽之友社

・「グリーグ その生涯と音楽」 アーリング・ダール 音楽之友社

・「チャイコフスキーわが愛」 バランシン・ヴォルコフ 新書館

・「チャイコフスキーがなぜか好き ~熱狂とノスタルジーのロシア音楽~」 

                   亀山郁夫  PHP新書

・「作曲家の生涯」  ハロルド・C・ショーンバーグ 共同通信社

・クラシック音楽史大系  パンコンサーツ

・「音楽家の家」  G.ジュファン、C.バスタン、J.エヴラール  西村書店

・「音を編む14」矢崎彦太郎「學鐙」夏号vol.114No.2  丸善出版株式会社

 

2017年9月11日 (月)

9月15日朝コンプログラムノート・1

今回は、今週金曜日の朝コンの解説を事前公開します。

遠くに住む友人たちには、「今回こんな内容なのね~」と想像してもらえると嬉しいし、

これを読んで「行ってみようかな~?」と思ってくださる方が現れたら

尚嬉しい

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

121回つくば朝のサロンコンサート 2017915日10:30~アルスホール

「北の国の晩夏」 プログラムノート

 

Dsc_0607_3

~チャイコフスキーという名のバラ。

黄色味を帯びた花弁は、咲き切ると真っ白に。

今年の6月茨城県フラワーパークで撮影~

 

*ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー 「白鳥の湖」op20

2幕より「グラン・アダージオ」(作曲年18751876

 

ロシアの作曲家チャイコフスキーは、金細工職人のように繊細な仕事をする人でした。

感傷的で美しい旋律は、彼独自の色彩豊かな和声に彩られ、

ダイレクトに感情に響いてきます。 

音楽のようにチャイコフスキー自身が、

非常に細やかな感性の優しい人物であったようです。

 

Tyaikohusuki31_3

 

 

白鳥の湖は、チャイコフスキーにとって初めてのバレエ作品。

しかし初演は失敗し、その成功は残念ながら彼が亡くなって後のことでした。

悪魔から白鳥に姿を変えられたオデットが、人間の姿に戻れるのは夜だけ。

その魔法を解くのは、王子の純愛。

暗い湖のほとりで、オデットは悲しい自分の身の上を語り始めます。

音が描く繊細な感情のドラマを、ヴァイオリンとピアノで演奏いたします。

 

 

 

Photo_3

 

 

 

*セルゲイ・ワシーリエヴィチ・ラフマニノフ 

ピアノ三重奏曲第1番 「悲しみのトリオ」 (1892

 

 

同じくロシアに生まれたラフマニノフは幼い頃おばあちゃん子で、スケート狂、

そして大変な腕白坊主。

裕福な家庭に生まれたものの家は傾き、叔母に預けられ、

14歳で音楽の才能を見出されてモスクワ音楽院に入ります。

音楽院時代の最初の4年は厳しい寮生活でピアノ漬けの毎日でしたが、

作曲に励みたいために寮を出て下宿し、

19歳のころにこのトリオを書いています。

生涯熱烈に崇拝したチャイコフスキーの、

ピアノトリオ「偉大なる芸術家のために」に触発されて、この作品は生まれました。

そしてチャイコフスキーも若いラフマニノフの才能を大変高く評価し、

彼のバレエ音楽「眠れる森の美女」のピアノ連弾譜を、

ラフマニノフに任せています。

ラフマニノフの1番のピアノトリオの出だしに繰り返されるテーマ「ソラシレ」は、

奇遇なことに、チャイコフスキーの有名なピアノ協奏曲第1番の出だしの反対、

鏡の形をしています。

ここに、チャイコフスキーへの憧れを見ることもできます。

ラフマニノフのトリオ第1番は誰に献呈したものでもない習作ですが、

2番のピアノトリオは、この翌年に急逝したチャイコフスキーに捧げられました。

本作品の最後は、静かな弦のユニゾンの下で葬送行進曲がしめやかに流れ、幕を閉じます。若き日の意欲溢れる作品です。

Imagesrp1wr1z9_3

 

 

 

*ラフマニノフ  ロマンス(原曲 6手のための ピアノトリオ編)

作品番号なし  (1891

 

このロマンスは、まだセリョージャと呼ばれていた18歳の夏の思い出の作品。

この前の年から、イワーノフカでスカローン家の3姉妹と過ごす夏を送りました。

その3姉妹が演奏するために、6手という特殊な編成になっています。

そして、一番下の妹ヴェーロチカとは淡い恋が芽生えていました。

大変興味深いのは、このロマンスの出だしは、

この10年後に作曲されるラフマニノフの代名詞ともいえるピアノ協奏曲第2番(スケートの浅田真央さんがソチオリンピックに使った)の、

2楽章の始まりと同じこと。

交響曲が酷評され失意のために鬱病を発症し、

作曲できない苦しい日々を送った後に生まれた名曲ピアノ協奏曲第2番。

懐かしい土地の自然、思い出の人々、若き日の自分、そして初恋。

温かく生き生きとしたものがここから流れてきて、彼の再生を支えてくれたのかもしれません。

つづく。

2017年9月 9日 (土)

北の国の晩夏 どうぞお待ちしています

 

9月になり、今年の関東地方は早々と秋の気候です。

例年だと こんなに暑いのに地域の中学は運動会!と

心配になるような残暑の第1土曜日ですが、

今日はちょうど嬉しいお天気ですね(^^

 

 

 

9月もお彼岸まではまだまだ暑いだろうから、

北の国の音楽で涼しい空気と熱い気持ちの両方をお届けしたいと思い考えた、

来週金曜日の朝コンプログラム。

いや~ もうすっかり北の国と同じ気分の涼しさです。

 

Dsc_0949

 

 

 ~30年以上前に西武でみつけて買ったこの焼き物の音楽隊。

ヴァイオリンは弓が折れてしまい、つまようじ。。~

 

 

 

昨日は会場リハーサルを行って来ました。

大きい会場で弾くと、家で弾くよりももっと音を出そうと思うだけでいつもと違い

(家ではうるさくて、そう全開では弾けない、、)

ピアノも大きいので大音量で鳴り響き、つい張り合ってさらに頑張ってしまい、

いろいろほころびが生じます~~。

まだまだだな~、、、とがっかり、そして反省しつつ、

よく響く本番会場での練習だからこそ拡がるイメージを得て、

さあラストスパート頑張ろう!の気持ちを新たにしました。

いつも直前2週間で別人になる私です。

とにかく、最後は細かいところを詰めていかなければ。

Dsc_0941

 

 ~1曲目の白鳥を弾いているところ。オデットになりきれるか?~

 

 

 

間違うことも、音程が外れるのも恥ずかしいけれど、

ただ間違わないように安全に弾くだけで音楽がないのはもっと恥ずかしい!と思ってしまう私は、

身の程知らずの冒険をおかしてしまいがちです。。

(アホか、、、と自分でも思うけど、、(*_*;

 

 

自分の力量を上げる努力をしながら、今できる中で最大限の表出ができるように、

技量と、抑えきれない自分の情熱のバランスを取ることに、毎回苦労しています。

一か所くらいは、もう~何もかも気にしないで自分を超えることをしてもいいかな、、とは思うけれど、

冒険しすぎでは傷だらけになってしまいますね。

作曲家に申し訳ない、、。(^^;

 

 

いつも、これを書いたときはどんな心境だったか?を想像します。

私が好きな作曲家の方々はどなたももうこの世にはいないので、

直接質問をすることができません。

せめて、本を読んで調べて、いや何よりも楽譜をよく読んで味わって、

この瞬間何を感じていた?

実生活では何があった?

文献と楽譜の両方から探ります。

 

 

 

最終的には、自分の主観がもちろんミックスされてしまうけれど、

私が感じるその作品世界を、聴いてくださる方に紹介したい、

今一緒にその世界に生きたいと願い本番を迎えます。

 

 

 

このところ、朝コンでもトークの時間をいただいて少ししゃべっていましたが、

今回のプログラムは演奏時間がぎりぎり。

昨日通しで弾いてみて、ちょこっと合間に相談したのも含めてトータル58分でありました。

朝コンは1時間のモーニングコンサートなので、今回はほとんどしゃべりません!

 

 

ということで、ただいま当日お配りする解説というか、プログラムノートを制作中です。

原稿はほぼできました。

一か所転記させていただきたく許可を打診している個所があり、お返事を待って、

次回のブログでは一足先にその解説をお披露目したいと思います。

 

 

 

でも、昨日のアルスリハーサルでは、熱い演奏間違いなし!の本番になると確信しました!

掘り出し物のラフマニノフの素敵なロマンスもあります。

 

熱くて魅力的なコントラバス、

素晴らしいピアノと一緒の、トリオとデュオを幸せに思います。

 

 

 

来週の金曜日の午前中、ぜひアルスホールにいらしてくださいね~♪

 

 

121回つくば朝のサロンコンサート 「北の国の晩夏」

915日(金) 1030~ いこいの1時間♪

 

入場料当日券のみ ¥1000

 

Dsc_0952

 

 

<プログラム>

チャイコフスキー 白鳥の湖 第2幕より グラン・アダージォ

ラフマニノフ   ピアノトリオ第1

ラフマニノフ   ロマンス(原曲は6手連弾)

グリーグ   最後の春 (原曲は弦楽合奏)

グリーグ   ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3

 

 

Dsc_0947

 

~つくばからの帰り道、稲刈りがだいぶ進んでいました。

秋の田畑と青空が美しい。

今年も美味しいお米をありがとうございます~

 

2017年8月31日 (木)

夏の終わりに

 

8月最後の日だというのに、涼しすぎる雨のお天気でした。

子供たちは拍子抜けだったでしょう。

ちょっと寂しい気分の831日だったのではないかしら?

 

 

明日から9月。

我が家には新学期はもうないのですが、子供たちを見守る地域の大人としては

「明日は始業式」と同じように思っています。

9月の初めが一番子供たちの心が揺れやすい、と新聞等で目にする時、

自分の子供時代も思い出します。

 

 

 

別に大したことではなく、

強いて言えば中1の夏休みの終わりをはっきり覚えているくらいのものです。

自分で憧れて受験した女子高だったにもかかわらず、

自分の思い描いていた勝手なメージとは違っていたことに落胆し、

11学期の間は、毎日「あと何日で週末、、」と指折り数えていました。

夏休の最終日は「とうとう夏休みが終わりか、、、、」とものすごく暗い気分になったことが鮮明な記憶。

 

 

 

ところが、2学期が始まってみると、学校に行きたくない気分は薄くなり、

その後すんなり行けたのです。

ただ単に新しい中学校生活と、初めての1時間の通学という

二つの変化に慣れるのに時間がかかったというだけ、だったように今では思います。

いつもこの時期は、そんな昔のちょっぴりほろ苦い自分を思い出して懐かしくなります。

大なり小なり、誰にでもありそうな、新学期の緊張。

 

 

 

812

 

 ~今年の取手の花火大会。夫の作品~

 

 

 

そういえば、幼稚園に入った頃も、妹と弟のように自分も家に居たくて、

毎日幼稚園バスに乗せられては、

一番後ろの柵にしがみついて大泣きしていていましたっけ。(笑)

変化の始まりは良くも悪くもストレスになり、

新しい環境をすんなり楽しめる時と、馴染めずに強烈にもがくこと、

両方ありましたね~。

 

 

 

そんな中で一番ストレスなく楽しく移行できたのが、

意外なことに大学時代。

初めて親元を離れて上京したのに、

女子寮に入ったから寂しくならずに済んだのでしょう。

寮の同じ学年に福岡県人は9名もいましたし。

 

 

 

夕食の時に笑い続け、

夜の練習が終わると誰かの部屋に集まってお菓子を食べながらまた笑い転げ、

ああ笑いの幸せの力を偉大に思います。

あの時食堂の笑いの中心にいた北海道出身ピアノ科のえっちゃん。

(ごめん、名字を忘れてしまった(*_*;

卒業後全く会う機会もないままですが、どうしているのかなあ?

いろんなことが懐かしいなあ~。

 

 

 

私のこの夏休みは(実際には夏休みがあるわけではないけれど)、

振り返ってみると静かな変化を求めた時間でした。

実務の本だけでなく、久しぶりに自分の内側を見つめるための本を読んだこと。

 

 

 

 

たまたま本屋で手に取ったNHKラジオ「こころをよむ」シリーズのテキスト

町田宗鳳さんの「無意識との対話」は、とてもわかりやすく

一気に楽しめました。

町田さんによると、無意識といっても階層があり、

最も深い無意識を浄化する力があるのは、

「ありがとう」という感謝の言葉だということ。

シンプルなので、忘れずに済みそうです。

 

 

 

横山紘一さんの「唯識の思想」は、

私にはちょっと難しくなかなか進みません。

仏教関係の知識が薄いもので、初めて触れる概念が多く、

一言一言に立ち止まってしまいます。

 

 

 

しかも、私の読書タイムは、娘が帰ってきてお昼寝のお供で隣にいる

15分から20分ほどの時間。

日頃はどうしても、勉強の本が優先です。

難しいと感じてしまうものは、たまに乗る電車に持って行くとかでないかぎり、

ずっと同じページにしおりが挟まったまま。

でも、それでもいいか、、、。

 

 

 

昨日は「自己観察養成講座」というのを受けて来ました。

今年の夏休みのお楽しみ第2弾です♪

(第1弾は、パーソナルカラー診断)

 

 

 

 

ひょうひょうとした松平さんは太陽と風を連れてきたような方で、

お話は面白く、

外の出来事が何であっても、

シンプルに自分がどう感じているかを「観る」ことにシフトしよう、、、と

素直に思えました。

楽になれる温かい風が吹いてきた、、、という感じ。

 

 

 

同じものを見ていても聴いていても、感じることは人によって全く違います。

同じ感覚の人を見つけると「一緒~!」というのが嬉しくて気分は盛り上がりますが、

「そんなに感じることが違うの~?」という人がいても、

それも本来は面白いはず。

自分に余裕がないときは、違いを楽しめる余裕などないけれど、

楽しめる時は、時間も体力も含めて自分が健康な状態にあることの目安になるし、

なんか嫌だ、、と感じる時は、「今自分に余裕がないんだ」と気づくことができる。

それならばその今は、ちょうどいい距離を取ればいいだけのこと。

 

 

 

 

情報の海に囲まれ、毎日が忙しい現代にあって、

違いを楽しめる状態を作っていくのは、生きやすさの一つの目安かもしれません。

しなやかに、自分の軸で、振り回されずに、

まずは自分を観察してみようと思う

夏の終わりです。

 

 

 

さあ明日から9月、本番に向けて集中しよう♪

今回演奏時間がぎりぎりいっぱいなので、トークはなしです。

当日お配りするための解説も作らなきゃ!なのです(^-^)

 

 

2017年8月24日 (木)

9月15日朝コン♪

 

すっかり暑さがぶり返した関東地方。

この前まで秋のような涼しさだったので、暑さに身体がついていくのが大変です。

今晩2階の温度計は、夜の9時でも33℃を指していました!

つらい~。。

(いや、福岡生まれの私は、身体はなんとか大丈夫、、、^^; 気分だけ嫌。)

 

 

 

 

でも、入道雲と蝉の鳴き声は、やっぱり夏らしくていいなあ~と思います。

日が暮れるとカネタタキやコオロギの声が夜の空気に染みて、

人間の活動が落ち着いた時間帯から秋の気配が忍び寄って来ているのを感じるのも、

この季節のささやかな楽しみ。

小さな虫たちの羽音が集まり涼しい風を送ってくれて、秋に連れて行ってくれるのかな?なんて想像するのも楽しい。

暑さにうんざり耐えつつも、秋の予感に救われる、二つの季節が交錯する独特な季節。

もう少し、頑張りましょうか。

 

 

 

 

次なる本番915日のコンサートのタイトルは、

「北の国の晩夏」です。

本物の北の国は、8月下旬はすっかり秋なんでしょうが、

日本にいる私には9月は晩夏という気分です。

暑さ寒さもお彼岸まで と言いますしね。

 

 

 

 

さて今回は、ロシアの作曲家チャイコフスキーとラフマニノフ、

北欧ノルウェーの作曲家グリーグの作品を並べ、

トリオとデュオを皆様にお楽しみいただく予定です。

 

HPでもプログラムの一部は発表していましたが、

今日初めて全部お知らせしますね。

 

 

 

 

・チャイコフスキー 「白鳥の湖」第二幕より グラン・アダージォ (デュオ)

・ラフマニノフ    ピアノトリオ第1番   (トリオ)

・ラフマニノフ   ロマンス      (6手連弾をトリオにアレンジ)  

・グリーグ     「過ぎにし春」   (弦楽合奏をトリオに)

・グリーグ      ヴァイオリンソナタ第3番   (デュオ)

 

 

1時間でこれだけ弾く、豪華でお得なプログラムです!

 

 

 

 

なかなか演奏者3名の予定が合わず、ようやくのリハーサルスタートですが、

各自勉強していましたから、大丈夫です(^-^)

 

 

 

そういうわけの今日のトリオ初リハーサル。

いや~楽しかった♪

クラシックでトリオというと、ヴァイオリン、チェロ、ピアノというのが主たる編成。

でも、今回はチェロではなく、コントラバスにご登場願います!

Img_1048_2

 

~コントラバスって大きい!!~

 

 

コントラバス女史は、とっても楽しく、熱く音楽に向かう人。

話して面白い、弾いて熱く盛り上がってまた楽しい、

共演者から引っ張りだこの彼女。

もちろん、お客さまにも大人気。

 

笑い声が絶えない休憩時間と、

エアコンが間に合わないくらいの熱量の高いリハーサル。

23度に設定しても、湿度が77%に上がり弦は湿気で下がり、もう暑くて暑くて!

少ない回数で仕上げますが、良いものをお届けできそう♪と

本番が楽しみになるリハーサルでした。

 

 

 

 

詳細については、

また次回お話ししたいと思います(^^

 

 

 

とりあえず、915日(金)1030開演アルスホールでの「つくば朝のサロンコンサート」

ぜひご予定に入れてくださいね!

1時間のコンサートで当日券のみで、¥1000です。

Dsc_0926_3

 

 

 

たくさんのお客様のご来場をお待ちしておりますm(_ _)m

«お盆休み