2020年11月28日 (土)

手術無事に終わりました!

 

昨日、娘は脳梁離断の手術を無事に終えました。

Facebookで手術成功の短い投稿に寄せられたお祝いと共感のメッセージに、

ますます嬉しくなりました💛

一人で、家族だけで悩むよりも、聞いてもらえる場があって、

Facebookをやっていて良かった、、、とつくづく思える毎日でした。

心を支えてくださって、ありがとう💛

そして、ブログを読んで応援してくださった方にも、心から感謝申し上げます💛

 

Img_7257

~簡易加湿で、殺風景な病室を明るく♪~

 

 

頭蓋骨が小さめだったため脳がいっぱいいっぱいで扱いが難しく、

脳の血管も太く(身体の血管は細いのに)少々大変だったそうですが、

手術時間もほぼ予定通りで、

怖い場面もなく終えることができてほっとしています。

 

手術の前の晩は二人とも夜9時には寝てしまい、

夜中一度娘が起きていたのでもう一度寝かしつけたりはしましたが、

5時まで熟睡。

コンディション良く笑顔で手術前の写真も収めました。

それを心配していた母に送ったらとても喜んでいました。

Img_7269

私は、自分なりの準備をやるだけやったことと、

本人の体調の良さから来る生命力への信頼で

意外なほど落ち着いて待っていられました。

 

夫と息子は1階で待つ間、私一人は病棟のデイルームで待機。

岡田暁生さんの新刊のMozartの本を読んで、

彼の音楽のフレーズを思い浮かべながら待つ時間は不思議なほど、

モーツァルトに護られて穏やかでした。✨

Img_7271

 

815には手術室に向かい、

先生からの術後の説明を伺ったのは1620

長い一日でしたが親の意向も受け入れていただき、

精いっぱいの医療を提供してくださった先生、

スタッフの皆様には感謝しかありません。🙏

 

昨晩から12泊を娘はHCUHigh Care Unit)で過ごします。

前日夕方に初めて告げられて驚き、

娘を置いて帰るのは後ろ髪引かれる思いもあったものの、

手厚い看護が受けられるので一番安心。

私は思いがけず一旦自宅に戻ることになり、

手術のために帰って来てくれた息子と過ごす時間も与えられました。

 

Img_7263

~麻酔が効くまでは、家族の音と、いつものお昼寝の音楽に護ってもらいました。

昨年5月の息子の結婚式での初の親子共演の~

 

 

手術は無事終わったと言っても、

まずは24時間何事も起こらず、

感染症のリスクもクリアして、

脳の手術後には付きものの40℃の高熱にも耐え、

その後はリハビリ、、、と

懸念材料、やることは続きます。

 

左右の脳の情報伝達を担う脳梁を切断したため、

脳は新しい回路をつなぐ必要があるそうですが、

おばあちゃんから届いたお守りと、

寂しくないように用意した家族の写真を持ってHCUに入って

「良くなったらお寿司を食べようね。ケーキも食べようね♪」の言葉には、

ほぼ寝ていた娘も目を開けて反応してくれて、

彼女らしい食いしん坊はそのままで安堵したところです。(笑)

Img_7273

 

しかし、病院の娘のことが気になって、

夜中に何度も目が覚めてしまいました。

子離れできない母親です。。

心の中で何度も抱きしめていました。

早く会いたい。。

 

Img_6978

~おばあちゃんの粘土で遊ぶ、無邪気な娘~

 

2020年11月24日 (火)

「運のいい人の法則」をシェア!

 

11月初めの帰省の際に持ち歩いた

リチャード・ワイズマンの「運のいい人の法則」。

世界30か国でベストセラーになった「運」の科学書の文庫版。

Img_6742

戻って来てから検査入院にも持ち込み、

気になった箇所を音声入力でスマホにメモしていたままだったのを

ようやくまとめたので、

シェアしたいと思います。

 

 

困難に向かう時、

幸運が味方してくれますように!と祈る気持ちはだれしも同じ。

我が家にとって決戦の11月。

娘の手術を目前に控えて今まさに山場!ですが、

コロナ禍の今、それぞれの状況に応じた何かしらの困難や不安を抱えている方は多いはず。

これをチラッと見て、面白そうだなと思ったら、

ぜひ原文を手に取ってみてくださいね。

ヒントがどこかにあるはずです。

Img_7232

リチャード・ワイズマン以外にも、

前回upしたブログ「今の元気のもと」にも書いた

サムさんの本要約チャンネルで聴いた

「科学がつきとめた運のいい人」中野信子氏 も合わせて考えるとさらに納得。

 

心理学者 中野信子さんの主張は、

 

幸運は公平に降っている。

試行回数が多く、

チャンスに気づける力、

チャンスに飛びつけるかどうか。

つまり運の良し悪しは考え方と行動次第。

 

運がいい人になる3つの方法とは

 

1・自分を大事にする=周りの人からも大事にされる。

 運=他人といい人間関係を築けているか。

幸運はひとから来る。

 

2・自分は運がいいと決め込む

 改善の余地があると考える

 

3.他人との共生を目指す。→自分のパフォーマンスを上げる

与える人こそ成功する

 

Img_7235

 

別の本要約チャンネルでも “科学的に幸せになれる脳磨き“と称して、

「脳を磨けば幸せになれる」を解説しています。

どれもとても面白く、そして元気になれる!

https://youtu.be/gjYCdzElj_0

 

 

予測不能のこの世を、たくましく生きる心の在り方について書かれた

これら心理学の本。

運は考え方と行動で変えられるというところに、

自分にもできることがあると希望が湧きます。

私の心に響いた箇所を抜粋し、シェアします。

みんなで幸せになりたいね!

 

今日の写真も、最近の散歩の時に撮影した身近な美しいものたち♪

Img_7228

・・・・・・・・・・・・

「運のいい人の法則」  リチャード・ワイズマン KADOKAWAより 抜粋

 

 

運とは自分が運がいいと信じることだ。

テネシー・ウィリアムズ(作家)

 

運とはチャンスに出会う準備ができていること

オプラ・ウィンフリー(女優)

 

 

運のいい人は、将来に対する期待が辛抱強さを生み、

かなりの逆境に立たされてもあきらめない。

 

たとえ可能性がわずかでも、目標を達成するために努力し、

失敗してもあきらめない。

目標達成するために、ときには一息ついたり、

違うやり方を試みたりすることも大切だ。

 

つまり、運のいい人は不運な出来事を経験しても、

それ以上に悪い事態になったかもしれないと考えることができる。

そのおかげで、将来に対して高い期待を抱き続け、

それが幸運の人生を招くのだ。

 

Img_7193

「今思うと、僕が経験してきた不運の大半は、

教訓を学ぶ機会だった。

自分では大切だと思っていたことがなくなっても、

人生はやっていけるという教訓も学んだ。

過去を悔やんだりする事は、まずない。

むしろ、僕はゴミの山から宝物を探す。

物事の否定的な面にこだわることも滅多にない。

肯定的な面に注目して、そこから何を得られるだろうかと考える。」

 

 

このように運のいい人悪い人は不運に対するアプローチが対照的で、

それが精神面を大きく左右している。

 

気分は記憶にも影響及ぼすと考えられている。

 

Img_7157

「ダンスを踊れないことや、自転車に乗れないことを嘆く代わりに、

自分に与えられた状況を楽しめば良い。

私は不運と戦うコツを知っている。

座り込んでくよくよ考えることもできるし、

幸運のきっかけをつかもうと前向きに考えることができる。

 

私にとって最も素晴らしい経験のいくつかは、最悪の経験から生まれた。

 

冒険心を忘れてしまったら、思いがけないご褒美も逃してしまう。

だから、それなりの楽しみを見つけて、

自分にふさわしいチャンスをつかもうと思っている。

運とはそういうものよ。

運がいい運がわるいと言うけれど、

私にとって運は運でしかない。

それを幸運と見るか不運と見るかは自分が決めること。」

 

Img_7134

運のいい人は、不運を経験したときに、

運の悪い人よりはるかに積極的なアプローチをする。

自ら行動を起こし、我慢して、新しい解決策を探る。

これらの努力が全て、将来さらに不運なことに遭遇する可能性を最小限にする。

 

 

まとめ

第一に 

目の前の不運よりさらに悪い結果になったかもしれないと想像して、

自分より運が悪い人と比べる。

 

第二に 

長い目で見て、不運な出来事があっても、

いずれ良い結果になると考える。

 

第三に

不運をいつまでも引きずらない。

 

そして第四に

不運な出来事について、自分が何かできると考える。

運の良い人はあきらめず、物事を様々な角度から見て、

自分の失敗から学ぶのだ。

 

 

・・・運を鍛える4つの法則と12のポイント・・・ 

 

法則1 チャンスを最大限に広げる。

運のいい人は、偶然のチャンスをつくりだし、チャンスの存在に気づき、

チャンスに基づいて行動する。

 

ポイント 

1・運のいい人は、「運のネットワーク」を築き、それを広げている。

2・運のいい人は、肩の力を抜いて生きている。

3・運のいい人は、新しい経験を喜んで受け入れる。

 

法則2 虫の知らせを聞き逃さない

運の良い人は、直観と本能を信じて正しい決断をする

 

ポイント

1運の良い人は、直観と本能に耳を傾ける。

2・運のいい人は、直観を高める方法を知っている。

 

法則3 幸運を期待する

運の良い人は、将来に対する期待や夢が目標の実現をうながす。

 

ポイント

1・運のいい人は、幸運が将来も続くだろうと期待している。

2・運のいい人は、たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、

失敗してもあきらめない。

3・運のいい人は、対人関係がうまくいくと思っている。

 

法則4 不運を幸運に変える

運のいい人は、不運を幸運に変えることができる

 

ポイント

1・運のいい人は、不運のプラス面を見ている

2・運のいい人は、不運な出来事も、長い目で見れば最高の結果になると信じている。

3・運のいい人は、不運にこだわらない。

4・運のいい人は、積極的に行動して将来の不運を避ける。

 

7

幸運のレッスン

 

8

幸運のワークショップ

運を鍛えるレッスン

 

 

訳者あとがき から

 

著者のリチャード・ワイズマンは、プロのマジシャンとして活躍しながら、

観客がトリックに騙される真理に興味を持ち、

それが高じて心理学者になった。

そのユニークな経歴のおかげだろう。

運を心理学的に分析すると言う、いささかミスマッチなテーマを思いついた。

 

ここでいう幸運とは例えば宝くじで当たるように、

偶然に任せる類のことではない。

仕事でチャンスを掴んで成功するとか、

直感で決めたことが最高の結果を生むとか、

自分の行動や考え方次第で変わる可能性のある幸運のことである。

 

だからそれにまつわる心理を研究すれば、

幸運に関する科学的な法則が見つかるのではないか。

こうしてワイズマンは、10年がかりで数百人の運のいい人運の悪い人を対象に

数々の実験を行い、ついに運を鍛える4つの法則を発見したのだ。

Img_7176

 

以上、リチャード・ワイズマン「運のいい人の法則」より一部抜粋

ぜひ原書を読んでみてくださいね。

Img_7145

 

 

 

2020年11月18日 (水)

今の 元気のもと 

 

以前にもこのタイトルでブログを書いたことがありますが、

そのPart 2  現在版!

 

コロナ禍にあっても、

てんかん発作の保護と介護に明け暮れる毎日であっても、

私が元気でいられるのは、

散歩と本とこれらの動画のお陰が大きい。

Img_7045

自分の世界だけでは固まってしまうから、

外に出て外の空気を吸い、太陽を浴び、

自然を目にして日々リフレッシュを図る。

とてもゆっくりの娘の散歩は、私にとってはあまり運動とはいえなくとも、

歩かないよりは身体にも心にも良いわけです。

 

最近気が付いたことは、

秋が美しいのは日が傾いているから。

正午の時間でも日は斜めに差し、

そうすると木々の葉は光というスポットライトを浴びて、

より美しく彩られるのだと。

俳優だって、頭上からスポットライトが当たると顔は暗く映る。

ライトは横から正面から。

自然の表情は刻一刻と変わっていく。

万物は変化する。

 

常緑樹の厚い葉は、

光を浴びると白く、あるいはシルバーに輝き、

落葉樹の薄い葉は、

光を透かして表情を変える。

 

黄色や赤の葉っぱ、黄緑の薄い葉っぱが美しいのはももちろん、

時には地面に落ちて茶色になった葉っぱでさえ、

光を浴びると黄金色に見えることがある!

全ては太陽の光のマジック。

光の恵み!

Img_7054  

真夏は真上から日が差すから、

そんな表情は生まれないのだと、

娘とゆっくり歩くからこそ気が付いたことに感謝💛

散歩のお仕事は小さな、

いえ私にとっては大きな発見の日々です。

 

今日の写真は、小貝川フラワーカナル。

本日は居宅介護のどんぐりさんが来てくれる日で、

病院にもう1通医療情報提供書を取りに行くついでに、

そこから車で9分ほどの小貝川に足を延ばす。

 

Dayキャンプや、ボートの人や、自転車の練習など少数が楽しむ以外、

本当に人が少なく広々とした景色は、

心を広げてくれました!

Img_7065

 

家に居ては、食事の支度をしながら、

勝間和代さんの毎晩7時からの6分のメッセージ、

サムさんの本要約チャンネルで勉強し、

昼食のお供は、中村じゅんじさんのパリ案内で観光&知的刺激。

夜は、あるいは朝の時間はDiscover Nipponの高画質な映像で

日本の美しい風景を流して心和む。

娘も見入って楽しんでいる。

 

今年は、ほぼステイホームの私たち。

住んでいる場所の自然豊かな環境の良さ、

文明の進化の恩恵、

ご近所さんや、介護のどんぐりさん、週1お世話になる通所施設の職員さん、

ほっと一息させてもらっているももcafeさんの温かさを有難く受け取り、

今日も無事に過ごせています。

 

こんなに気温差があるのに、

気圧もしょっちゅう上がり下がりしているのに、

なんとかなっています!!

薬もだけれど、

やはり散歩の力、太陽の力!

 

 

Img_7048

 以下、お気に入りのチャンネルの中からの一例をシェア

読んでくださっている方にも、

どれか元気のもとになるものがあったら嬉しいです♪

 

 

Discover Nipponの高画質で上質な映像美

家の中の空気が美しくなる!

*「4K 日本の紅葉 京都 東京 日光 箱根 軽井沢 裏磐梯 観光 旅行 Autumn leaves in Japan Kyoto Tokyo... 」

https://youtu.be/s2WN2_TIyPA

 

 

爽やかで聴きやすい声の中村じゅんじさん。

豊富な知識をわかりやすく伝えてくれて、旅気分を家にいて楽しめる!

*【パリ18区、芸術家の町「モンマルトル」】裏道散歩 !

パリ在住フランス政府公認ガイド中村じゅんじと歩くパリ散歩

https://youtu.be/8v6_1YmVoOU

 

*【パリ1区、世界最大の美術館「ルーブル美術館」】散歩 !

パリ在住フランス政府公認ガイド中村じゅんじと歩くパリ散歩

https://youtu.be/9x3nJarG028

 

 

とにかく元気になる勝間さんの動画。

みんなで幸せになろうよ!の気持ちが伝わってくる。

*「勝間和代の、

寝る前に1日の自分の幸せな時間とそうでない時間の棚卸しをする習慣をつけよう。

そして翌日から幸せな時間をもっと増やす行動をしよう。」

https://youtu.be/FLZ3fNSCHbQ

 

脳科学、心理学の本をコンパクトにわかりやすくまとめたサムさんの本解説チャンネル

*【15分で解説】運動の最強メリット3選【脳を鍛えるには運動しかない】

https://youtu.be/UGxLTYf3grI

 

 

そしてもちろん、CDも♪

車の中で聴いているのはこれ。

ブラームスは日頃は重厚過ぎて、特にコンチェルトを聴くことはないのだけれど、

卒業試験で弾いたこの曲は、広がりがあってスケールが大きくてやっぱり大好き。

演奏も雄大で繊細でとてもいい。

Img_7071

 

そして家ではやっぱり、菅野先生のモーツァルトが落ち着く。

優しく繊細な表情に安らぐのです。

 

Img_7072

 

そうそう Facebookも!

FBでつながる友人たちの投稿を見て、

会っているような気分になれたり、

ちょっとした会話を交わして楽しんで、

家に閉じこもっているだけでない感覚にも救われていますm(__)m

 

2020年11月10日 (火)

予習の検査入院

 

久しぶりのブログの 二つ目。

 

 

母に会いに行って帰ってきてから、

一日置いて手術前の検査入院。

バタバタと次の支度。

お陰でこの1週間以上、まったくヴァイオリンに触る余裕がない。

昨日ようやく練習できたら、ちょっと眠っていたヴァイオリンの音と、

久しぶりの感覚が嬉しかった。

 

Img_6798  

入院に際しての手続きを待っている間周りを見渡すと、

高齢の方が一人入院手続きしている。

一人では心細いだろうな、、、とちょっと寂しく思う。仕方がないのだろうけれど。

手術の時は、お子さんや親せき、お友達が来てくれるといいなと思う。

 

病棟には一人しか付添いは入れないので、

夫は10階のエレベーターまで。

SCUと書かれた10階の意味は何?と調べると

Stroke care unit とあり、

strokeとは脳卒中のことらしい。

つまり脳神経外科の階なのね。

5年前に完成したという新しい建物の10階は見晴らしが良い。

大きな窓から空を見るだけでも居心地の良さを確認して、ちょっとほっとする。

 

まずはコロナの検査。

唾液を集められなかったので、鼻から取るPCR検査の方に。

そして、15時からのMRI検査を待つ。

10年ほど前にMRIで眠るための鎮静剤で呼吸が低下し、

人工呼吸が必要になって慌てて以来、怖くて倦厭してきたけれど、

今回は手術のために仕方ない。

くれぐれも!!とドクターにお願いして臨んだら、

たったの2㏄で眠ってしまった。

 

50分もかけてじっくり検査をして出て来た時は

もう目が覚めていて安心。(^^

5人ものスタッフに囲まれて出て来た中に

一人親密な目の看護婦さん。

 

病室に戻ると「小学校時代一緒でした」と言ってくれて、

一気に記憶がよみがえる!

ああ、あのとても落ち着いていた彼女だ。

綺麗な字を書き、いつも笑顔で安定していて、

よく娘にも声をかけてくれた優しい女の子。

その彼女が今は看護師さんになって

手術の時もこの病棟でサポートしてくれると分かったことが

この検査入院中何よりも嬉しかった!!

 

MRIが終わったら脳波検査。

ビデオ撮影付きで丸一日。

発作があったらボタンを押すことになっている。

あとは脳波を撮りながらただ病棟で過ごすだけ。

 

Img_6844

お昼は抜きだったので、1800の夕食は一気に完食。

私のお昼用に買っていたサーモンの生春巻きやバナナまで食べてしまう。

その後何もすることなかったけれど、

娘は2140まで起きていてぐっすり眠る。

 

病室は昼間気温26度、湿度は20%を切ってLowになり、

夜になっても暑くて、

そのせいで娘も何度も寝返りしているうちに

気が付いたら隣に設置して付き添うベッドの私の方に侵入。

ほぼ斜めになって頭は寄り添って、

私は狭い介護ベッドの中のさらに端っこに小さくなって眠るものの、

愛おしい娘の可愛い頭がすぐ傍にいるのは全然苦にならない。

 

しかし寝返りを打とうとしては狭いので何度も目が覚めて、

朝5時から発作が始まって早起きもあって、

その日の夜は異様に眠かった。

Img_6836

 

検査入院の二日目の朝。

たいてい発作は5時頃が危ない時間。

目が覚めていきなり「ママ大好き♪」(彼女の言葉で)をとても久しぶりに聞いて

感激するものの、

こういう時は相当脳が興奮している証拠で、

この後大きな発作が来ることが多いと身構える。

 

案の定、小発作が始まり、最初は数分おきだったのが連続になり、

まずは布団をはぎ、服の前も開けて熱がこもらないようにして、

おしりもすっきりさせて、

歌を歌う。

 

いつもなら腕をとって指揮をするようにリズムを取るのだけれど、

腕に筋電図を付けているからそれもできないので、

今回は脚にリズムを送る。

そんなことをしているうちに5分で発作消失。

意識が低下していたのに、

歌には不思議な力がある。

音楽は生きていることを支えてくれる。

 

 

撮るべきものも捕れて、

手術の説明も聞いて16:30に退院。

1泊とはいえ、結構長い入院でした。

 

主治医からは「こんなリスクもある。こんな後遺症もあり得る」と怖いことを散々聞かされ、

説明を受けましたの同意書にサインをするけれども、

そんなことがあるならやめたい、、、という気持ちがさえよぎる。

しかし、もうこれしか選択肢はないところに来ているから、

私たちは頑張るしかないのだ。

 

Eb6ecf78fb444d5f968ffa720c230e90

今できることは、

体調を整えること、体力をつけること、そして幸運を呼び込めるように心を整える。

私が帰省で読んだ「運のいい人の法則」はそのためにあったはず。

手術までの日々、最も大事な期間。

より良い結果が出るように、

そして娘の笑顔と安定した状態を得られるように、

できることはすべてやりたい。

 

帰り際に見た10階からの素晴らしいまん丸の夕焼けの太陽に

手術の成功を想う。

写メにはあまりうまく映らなかったけれど。

 

今日は娘の週1の施設通所中にももcafeさんでブログを二つ書いて、

帰って即散歩に行き、

お昼ごはんと片付けの後、

整理してからup

Img_6848

~帰り道に寄ったつくばの人気お菓子屋さんコートダジュールで

モンブランを買って帰る。

手術の怖いことを聞いたあとのストレスは、やっぱり甘いもので!のわたしです(^^♪~

 

 

母に会いに

 

 

もう1週間も前のことになるけれども、

先週末の1113日、母に会いに行ってきました。

 

Img_6714

 

年に1度は帰る故郷。

ここ数年は、春か6月末あたりに。

しかし今年はコロナで帰省もためらわれた。

というか、娘のてんかん発作多発で帰れない。

それ以前に娘を飛行機に乗せるなんてもってのほか!の状態が続いていた。

でも、ここしばらく今年ではもっとも落ち着いたというか、ましな状態をキープし、

私一人なら今ならチャンス!と思いつき即飛行機を予約。

夫も交代で帰るので、留守番も交代で。

 

 

このところ寒さが増してきてコロナの感染者がじわりじわりと増えてきている中、

なんとかぎりぎりセーフで安全に一人行ってきました。

その次の週末昨日までの3日間は、夫が彼の両親に会いに行って、

この1週間は濃い大事な時間を過ごした。

その二つの帰省の間に検査入院もあったのだけれども、まずは帰省の方から。

 

 

羽田は今までで最も人が少なく感じたけれども、

守谷からのTXはスーツケースを持った人が多く目につき、

世のGoToの風を感じる。

季節も良いので、我慢も怖れもここでちょっと一息入れたいよね。(^^

 

安いスカイマークの旅は、座席3席を二列のコンパクトな機体がほぼ満席。

お隣の若い男性との間には1席空いていたので、

お隣さんから「ここ荷物どうぞ」と声をかけていただく。

降り際には「荷物下ろしましょうか?」と親切な申し出をいただいたので、

私からは「この本面白いですよ!」と機内で読んでいた

「運のいい人の法則」リチャード・ワイズマン をシェア。

さらにその人は、通路の人の流れを止めて「どうぞ」と紳士的に先に通してくださった。

今の世の中こんな素敵な若い人にも出会えた!と嬉しくなる帰省の旅の始まり。

 

 

到着ロビーに着くと、母と義妹が迎えに来てくれていて、

車で2年前に新築した実家に向かう。

新しいこの家に行くのは2回目。

母が「リモート食事会のおかげで、久しぶりの気がしないね」と嬉しそう。

 

Img_6736

福岡は帰る度にいろんなところが新しくなっていって、

エネルギーに溢れた街だといつも思う。

実家に着くといつもなら出迎えてくれる元気な愛犬がおらず、

物音がする度に彼がどこからか出てくるような気がしていた。

1か月半ほど前に亡くなった彼は、

周りにエネルギーを与えてくれる素晴らしい犬だった。

 

Img_6730

夕食は、3歳まで住んでいた大手門の近くの大濠公園のボートハウスへ。

大濠公園を半周ほど母と弟夫婦と4人で散歩。

当時母はよくここに乳母車を押して散歩に来ていたのだという。

ほとんど覚えていないのだけれど、

私が湖のあるロケーションにやたら弱いのは、

その記憶の彼方にあるものから来るのかしら、、、。

 

Img_6735

たくさんの犬の散歩の中から何度も同じ犬種の犬を見ると、皆で寄って行ってしまう。

私でさえこんなに懐かしく思うのだから、一緒に住んでいた家族はどんなに寂しいことか。

犬といっても大事な家族だから。

ありがとうしかないよね。

人が多かったのもあって、大濠公園の夕暮れは温かく感じた。

 

 

もともとよく喋る母。

9体1くらいの割合で、母の方がしゃべっている。

私の知らない親戚の話や、亡くなった父、妹の話など、過去のことが多いのだけれど、

伝えておきたいことは言っておきたいと願うのか?

あるいは未来のことを想うよりも人生を反芻する時間にいるのか、、、。

 

二日目は二人で福岡の中心地天神へ。

コロナ以降全く外食をしておらず、

仲良しの友人とも会っていない、

電話もしていないという母。

私が一人で来たものだから、

私たちの好きな雑貨を見て回ろうと思ったみたい。

私も天神は何年振り?

ここ数年娘の体調管理優先で、天神に出かけることもなかったなあ、、、。

そんな天神は、福岡の街はすっかり様変わりしてしまい、

私が知っている場所は本当に少なくなってしまった。

30年も経てば浦島太郎を実感。。

 

Img_6756

 

好きなもの、いいなと思うものが母子は近いようで、

素敵♪と喜ぶ心が響きあう。

一人でワクワクするよりも、より一層楽しくなる。

私もデパートを歩くのっていつ以来?

 

数百円から千円代の手ごろで素敵に思うものを買って、

天神の大通りを見下ろすレストランでランチ。

母にとって、コロナ以降初めての天神ランチ。

Img_6762

 

夜は母とLineを開通作業。

私は家族以外とはほとんどlineはやっていないので、

そもそもどうやって開通するのかもよくわかっていない。(>_<)

でもググって試みて何とかなった!

PCは人より早く始めた割には、ある範囲のことしか知らない無知な私。

この機械音痴の私が、さらに苦手な母に指南するという面白い構図(^^

 

お茶を教えている義妹がお花をしつらえてくれているお茶室で夜は早めに休んで、

ぐっすり眠るものの朝は5時には目が覚める。

でも、持って来た2冊の本があり、Facebookに投稿したりして、

何も仕事がない早朝の時間を布団の中でのんびり過ごす。

 

Img_6906

~もらって帰って来た母の梅酢と刻み梅。健康の元に。~

 

 

天神で買った物、母からもらった梅酢や刻み梅などを小さめの宅急便に仕立てて、

空港に向かう道中郵便局から送る。

空港で別れ際に母が

「えらい楽しかった!」と言ってくれた♪

 

Img_6887

~母が「これ玄関のドールハウスに飾って」と小さなクリスマスツリーをくれた~

 

 

思うに高齢者は、

コロナに怯え、

社会のIT化についていけず、

疎外感や不安の中で過ごしているのだろう。

母はもともととても気丈な人。

うちの母を知っている友人は母のことを

「明治のご婦人のような人」と言っていたけれど、

まさにそんな感じ。

 

年齢に思えない元気な母でさえ、コロナのせいで外に出ることを躊躇し、

その間に「頭が弱くなってきた」(本人の弁)と嘆き、

元気が失われて行っていた。

それが、弟曰く私が来る2週間前からだいぶ元気が回復して(多分、私が帰って来るのを楽しみに)

久しぶりに天神でショッピングを楽しみ、

たくさん喋って元気を取り戻せたみたい。

何もできていない私も、ささやかな親孝行ができているといいな。

 

 

年を取ると体力に応じて若い時よりも行動範囲が狭くなり、

楽しみに待つことが減ってくるように思う。

母は「東京オリンピックを目標に生きると思っていたのに、もうその年になってしまった、、」とちょっと寂し気に言っていたので、

「じゃあ コロナが終わったら、リフォームしたうちに来て!そして笠間に一緒に行こう」と誘ったら、先の目標ができたみたい。

小さな目標、先の予定は、まずはそこまで元気に頑張ろうという光になる。

 

Img_6889

~2020年のクリスマスの記念に。

帰ったらまずこれを飾る~

 

 

最終日の飛行機は13:50とゆっくり目に設定していたので、

お昼は空港で博多ラーメンを。

娘が一緒の時は、たいていパンなどを買って機内で食べることが多いけれど、

今回は一人なのでたまにはラーメン。

新しくなった福岡の板付空港には

弟から教えてもらった「ラーメン滑走路」なるラーメン店がひしめくコーナーがあり、

もっとも行列を作っていたお店に入る。

店内は臭いのだけれど、味は意外にあっさり塩気も強くなかった。

 

 

その後、

なかなかLineが既読にならず、

やっぱり面倒なのかな、、、とちょっと残念に思っていたら、

二日目からメッセージが入り、

毎日小さなメッセージのやり取りを楽しんでいる。

Img_6898

~お一人様用のティーセット。今日のお昼に出したら、娘が喜んだ♪

母も一人お茶の時に楽しんでいると思う。

上段は、母のドールハウスの粘土。~

 

 

一昨日母が「毎日会っているみたい。」

「楽しくなってきた。頭の体操になる」と言ってくれて、

Lineが元気のもとになってくれるといいなと思い、

今日もまたメッセージを送る。

もともと母も自分でPCで年賀状を作っていた人だから、意欲さえ戻れば!

コロナよ

母から、人々から、生きる気力を奪わないで!

 

83歳の母とのLine

新しい嬉しい習慣ができました♪

 

Img_6907

 ~母とは柄違いの木製のコースター。母は1個購入。~

 

 

 

 

 

2020年10月31日 (土)

この世は美しいものであふれている

 

Img_6678

10月も終わり。

台風がたくさん発生した割には、

今年は運よく日本には近づいてこなくて済んでほっとしていますが、

20号がまた発生しましたね。

 

多分そのせいで、せっかく発作が落ち着いていたというのに昨日久しぶりの大発作。

大発作はどうにも止められない。

でも、即頭を冷やし、1回30秒で終わり、

歌を歌ってすぐに落ち着いて、小鳥を呼び寄せて遊びながら様子を見ていました。

Img_6657

面白いことに、ピピも歌に合わせてジャンプジャンプ♪の踊りを踊る。

疲れるからか、2曲分くらいですけれどね。

そんな感じで、平和の象徴白い小鳥に守ってもらう気分で、

久しぶりの大発作を無事に終え、

いつものように散歩にも出かけられました。

小鳥も頼りになる?

そうなの。ありがとうね。ピピちゃん♪

 

明日の日曜日から私が23日で、

来週末は夫が23日でそれぞれの実家に帰るので、

気忙しい気分です。

母へのお土産の一部は、このごろ私の体調良くなった要因と思われるモリンガとその本。

せっせと友人に「これいいよ~」と宣伝中。

Img_6599

それぞれの帰省の間に、娘の手術前の脳波検査入院もある。

市長選挙の事前投票にも行かなきゃ。

今年初めて鍼の予約も取り、自分の体調も整えるチャンス。

明日からの夫のリフレッシュ休暇はそんな感じで有効に使います。

 

コロナが再び流行って来たので、

冬になる前に一度親に会っておかなきゃ。

年取ってくる親と会うのはカウントダウンの気持ちもある。

大事な帰省です。

Img_6614

ほぼ同じルーティーンの毎日ながらも、

最重要日課の散歩はなかなか楽しい。

歩行器押しながらゆっくり歩くので

景色もじっくり味わえる。

またその後、かわいいもの、綺麗なものに出会いましたよ!

今日の写真は今週出会った身近な美しいものたち。

Img_6639

それを先に「この世は美しいものであふれている」のコメントと共に

Facebookでシェアしたところ

「森さんの目を通して、誰にでもそう感じさせてください!」と

共感のコメントをいただいた。

Img_6644

もしかしたら今、私の今までの人生の中で最も美しいものに敏感になっている時期なのかもしれない、、、とたびたび思う。

もちろん、世の中すべてが美しいものばかりではないけれど、

美しいものに気が付いて心に取り入れたいと願う。

少なくとも自然は美しい。

Img_6692

もし今不安なら、憂鬱になるなら、

とにかく外に出て、光を浴び、

自然物を眺め、木に触り、

鳥や虫の声を聴き、植物や土の匂いを嗅ぎ、

葉っぱが風にそよぐのを見てそこに自分の心も乗せて遊んだり、

目にしたものの中に自分の中の物語を乗せて心で遊んだりしてみては?と思う。

感じることはすべて自分のものだから、

こどもも大人も自然の中で遊んでほしい。

最近何かで「仏教では、遊ぶとは神と対話すること」と聞いた。

Img_6595

今は何よりも、大変なことの前に、

体力をつけ、

娘にそして私たち家族にも、たくさんの小さな幸せを見つけて

それを子供が小さな石を宝物として集めるように、

心にしまっておきたいと願う日々。

秋はそんな気持ちに優しく寄り添ってくれています。

Img_6632

このところ日曜日の楽しみは、NHK総合でやっている「アンという名の少女」。

23時からの1時間、モンゴメリの名作「赤毛のアン」の実写版。

全てが手作りだった時代の丁寧に生きる暮らしぶり。

カナダの自然豊かな土地の中、孤児のアンが想像力豊かに賢く成長する物語。

アンの生活、登場人物の心理描写ももちろん、

家具や調度品、食器やしつらえなど古き善き時代の生活様式に見入っています。

 

特に、オープニングの映像の美しいこと!!

黄金と白を基調に少し茶色や色とりどりの花や鳥を加えて、

ロセッティの絵の構図を連想するほとんど美術品と思える美しい画面には、

毎回ため息が出ます。

 

ただ、放送に気が付いたのは第4回目。

明日はもう最終回だそうで残念!

でも、シリーズは続くみたいです♪

明日は夜1115からの放送予定。

1週間はネットで見られるみたいなので、

ぜひオープニングだけでも見てください💛

美しいものは心を揺さぶる。

心は固まってくると元気を失うから。

Img_6629

一つ前のブログに書いた、

今ハマっている勝間和代さんのYouTubeは相変わらず毎日面白く、

食事の支度をしながら「これは!」と思ったことについては、

手が濡れたままでも後ろのカウンターのノートにメモり、

ブックレビューで上がっていた本や、彼女の著作を読むのが楽しみな毎日。

Img_6686

物の考え方、考えの整理の仕方もだけれど、

IT社会に置いてけぼりにならないように勉強しなければと思う。

やりたいことは山のようにあるけれど、

もう1回パソコン教室に行って質問の山を解決したいなあ。

3年前に3か月で10回の講座は目から鱗で、毎回ワクワクしてとても楽しかった。

 

この1週間別れも出会いもあったけれど、

どれも大事なご縁。

あまり人に会えない今なので、

一人一人との会話とご縁をますます有難く思う。

Img_6592_20201031234501

無事に手術を終え、

しっかり養生して新しい脳神経をつなげるよう家で努力し、

その後完全社会復帰を目指して少しずつ身体を慣らして、

安心できる生活を取り戻したい。

そのころにはコロナも本当に落ち着いているかしら、、、。

私も音楽活動、何より娘の安定した将来、

これからの生活の改善など取り組めるよう、

今やれることをやる。

ただそれだけです!

 

明日は1115分発のスカイマーク。

行ってきます!

 

2020年10月22日 (木)

最近ハマっているもの

 

 

この前のブログは手術の日程が決まり、ちょっと気持ちが重かったけれど、

回復しています。

数日やたら食欲があって体重が増えたけれど、

今は食欲も落ち着いて、体重も落ちて来た。

 

食欲が増えたのは、決戦の前に蓄えようとする本能?

体重が落ちたのは、モリンガのお陰?

娘にはモリンガがどう作用しているか不明ですが、

私はモリンガを飲み始めて体調が良くなり、

少しずつ体重が落ち始めている。(とりあえず、最高記録から2キロほど減)

私に足りなかったものを補ってくれている気がする♪

利尿作用が高いようでやたらトイレが近いのだけれど、

こんなに元気なのは久しぶりで、モリンガとの相性は良いのだと思う。

 

Img_6565

 

ブログとFacebookの二本立てで書いていて、

どちらかだけに投稿の時もあれば、

どちらかが先でどちらかが後、にもなるものの、

じっくり書くのはブログの方。

なぜかというと、私の親しい友人とはあまりFacebookではつながっていないから。

でももしよかったら、Facebookでも探してみてくださいね!

 

Img_6558  

 

先週水曜日にカーテンが付いてリフォーム完全終了。

1階はまあ落ち着いたものの、

2階の物置状態にはちょっと途方に暮れていました。

でも、この前の週末土曜日は一日空けてあったので、

久しぶりに自然に目が覚めるまで眠れてエネルギーもチャージでき頭もすっきり!で

はかどりました!

 

Img_6535

 

Img_6518

 

Img_6547

~リビングのカーテンは、タッセルだけ換えたら表情が変わった♪~

 

 

後は、もと和室だった新しい寝室の押し入れと、

2階の押し入れの使い方を考えて、

新しい収納システムが整えば完了です。

もう半日あれば、何とかなりそう。

息子も妹の手術の応援に帰って来てくれるそうなので、

手術前までには終えたいな、、、。

 

 

私はもともとキッチンでは

天井スピーカーでテレビのニュースを聞いていたのが、

寝室にリビングのテレビを移し(後で目が覚める娘がぼんやりしないように必要)

新しいテレビを買ったところ(今のは超薄型!)

スピーカーにつなげない!

 

けれど、もうニュースやテレビに惑わされたくない、

と思っていたのでちょうどいい。

少ないチャンネル選択肢よりも、

発言者の意見が切り取られて曲げられて伝わるテレビよりも

一人の人が責任を持って自分の意見を発信するYouTubeの方が、

今は面白くなっています。

 

さらに、今の新しいテレビではYouTubeNETFLIX primvideo

いろいろなものが見れるようになっていてびっくり!

日本の製品は常に進化している。

私が知らないだけで、世界は相当進んでいるみたい、、、。

 

Img_6567

~玄関の脇に咲く小紫。切って家に入れると、数時間で葉っぱはしおれていく、、。

実だけ残して楽しむ~

 

 

最近のお昼ご飯とその片付け、夕食の支度をしながら聞いているのは、

断捨離のやましたひでこさんと

勝間和代さんのYouTube

 

 

ひでこさんのすっきり生活は、そこまで減らすの!と驚きの連続。

断捨離はすでに日本語の一部になるほど随分前から使われている言葉と概念で

何となくわかっていたつもりが、

初めてご本人の話を聞いてみて、少々の片づけとは別次元のすっきり感に

ちょっと心が動いています。

我が家は断捨離には程遠いレベル。

何度もやらないとね、、、。

Img_6569

で、最近は勝間和代さんを聞いている。

10年以上前にヒット作「お金は銀行に預けるな」を読んで影響を受け、

投資信託を始め、車は3年落ちの中古車にする、

などの彼女の指南に従って

いろいろ試みていた私。

私が使っているスマホも、パソコンも中古。

最新機種は割高だからという経済理論よりも、

私には宝の持ち腐れだからという理由の方が大きいのだけれど。

 

投資信託は銀行経由でやっていたので手数料を取られるものの、

ほぼ動かさないのでやっぱりそれなりに増え、

金利が付かない預金をよりも遥かに遥かにいい。

これからの生活、収入は減るので何とか資産運用を考えねば、、と思うものの、

もともと経済も数字も弱く基礎知識もない私はしり込みしてしまう。

でも、勉強します!

 

Img_2525

~キッチンからスマホを見ながら料理。

スマホスタンドは100均のもの。何かと重宝するセリア。~

 

 

157oneテーマの勝間さんのYouTubeは超早口の弾丸トークで、

あれこれ悩むことがばかばかしくなるくらい元気をもらえる。

彼女正直だし。

そうよね~!と思うこともあれば、

全く知らない!と思う話題もあり、

ブックレビューで紹介される本は読みたくなり、

今朝又5冊もAmazonで注文してしまいました。(>_<)

 

本ももちろん、なるべく安い中古を選ぶのだけれど、

私は本代がかかっている、、、、。

でも、自己投資がもっとも大事だと思うので、

未来のためにも、

繰り返す毎日の中で停滞しないためにも、

読書は大切な習慣と位置付ける。

 

勝間さんはナント、年に500冊も読むのだとか!

読むことがお好きなんでしょうけれど、向上心の表れでもある。

幅広い知識がないと、経済評論家、作家なんてやっていられないのでしょうね。

 

勝間和代さんも断捨離を実行した人のようで、

お宅は超すっきり!

そしてとても合理的、論理的な考え方の持ち主。

ぐちゃぐちゃ考えて同じところで足踏みしているより、

こうやって整理して明らかにしていくと、

物事は進んでいくのだなあと学んでいるところです。

 

Img_6554

夫のサマータイムが終わって夕方の散歩ができなくなってから、

ちょうど気温差が開き始めたりの気候条件が重なって、

発作が多発していたのが、

先週施設から全方位型歩行器を引き揚げて来て、

毎日それで散歩をするようになって以来、

発作が減って来ています。

 

それだけでなく、最も大きな要因は

ラミクタール(てんかん薬)を少量増やしたからかもしれないし、

もしかしたらここ毎日、お昼ごはんのデザートに食べているバナナもいいのかもしれない。

消化できない食べ物が多い娘。

栄養が偏っているから神経伝達物質も偏ると想像すると、

食事からのアプローチはやはり重要なのです。

 

昨日までの5日間は本当に平和な日々でした♪

でも、今日は気圧が急降下。

さてどうなるか?

 

今日の写真は、歩行器散歩でみつけた綺麗なもの、かわいいものたち♪

 

Img_6571

今日の玄関飾りは、庭の花や草を摘んで。コロンとした丸い小さな3兄弟の花瓶に~

 

 

 

2020年10月14日 (水)

本当の我が家最大イベント

 

ブログ ちょっと空いてしまいました。

書きかけたけれど途中で止まり、

話題が増え、

さて2週間ぶり、何に絞ろう?

 

まずはこれ。

月曜日に2回目の筑波大病院受診。

手術の日程を決めてきました。

年内かしら、もしかしたら年明け?と予想していたところ、

思いがけなく早い時期の1127日にできることになり、

どうせやるなら発作が多くなる季節の前にできた方がいいと思いこの日に決定です。

コロナもインフルエンザも何とかかわしたい。

 

その前に脳波検査の1泊入院がある。

先日は手術の準備で、血液検査(6本も!)、胸部レントゲン、

心電図の3つの検査をこなし、

13時の予約で会計が終わったのは1630

大病院はこんなものですね。

Img_6483

その晩気を張っていたのが、夕食が済むとどっちゃり疲れを感じ、

そして甘いものがやたら欲しくなりました。

これはストレスを受けた証拠。

そうよ!娘が脳の手術をすることが具体的に決まってストレスがないわけがない!

 

8月後半、リフォーム工事中は意外に発作が安定していたのが、

この2週間ほど発作多発中です。

しかも大発作が何度も。

1回は20秒ほどで済むので回復も早いけれど、

大発作だけはやめてほしい。

けれども、どうすることもできない。

歌を歌って意識が戻って来るように願って傍にいるだけだけれど、

たしかに以前に比べて回復は早くなっている。

歌には力があります。

Img_6486

~筑波大の帰り道の夕暮れ。この写真はあと10分で自宅というポイント。

つくばでは曇り空の下に輝く黄金の太陽を見て、希望を感じた。

自然よありがとう!~

 

 

これいかも!と思って発作対策で次から次へといろんなことを試みて、

結局は焼け石に水。

最初はいい!と思ってもやっぱりだめ、、、を繰り返し、

人知は尽くしたという心境です。

ここまで来たら手術が最も現実的な選択。

今の生活だけでなく、

将来も見据えて。

 

手術すれば治るわけではなく、発作が半分に減るということだけれど、

もうそれしかない。

息子も手術前日には帰って来てくれるそうで、

我が家の今年の最大のイベントはリフォームではなく、

脳梁離断手術なのでした。

Img_6432

~雨続きで散歩にも行けなかったある日、せめて何か喜ばせたいと一つだけ実をつけたヤマボウシを取ってきて娘の渡すも、

ぼんやりして反応なし、、、。~

 

 

魔法の杖を持たない私でも、

小さな魔法のかけらを集めて何とかできないか?と努力する日々ですが、

結局最も効くのは「歌」。

今朝も5時過ぎに小発作が始まり(このところ毎日)、

最初は歌えるほど覚醒していないのが、

発作が収まらなければこちらもはっきり目が覚めてくる。

そして1曲歌い始めると、

あら すぐ止まった!

 

私も歌っていることで不安や恐れから解放される。

彼女もきっと、心の中で歌っていると思う。

そして、発作の世界からこの世に戻って来る。

歌の架け橋を渡って。

 

昔、子供たちを出産した産婦人科では、分娩室で好きな音楽をかけていいと言われ、

私はアルバン・ベルグ弦楽四重奏団が演奏している

モーツアルトのハイドンセットのCDを持参した。

いざ生まれるというタイミングの時は何も覚えていなくて、

気が付くと次の曲になっていた、、と自分でも笑ってしまったけれど、

陣痛の波を音楽と共に耐えていたなあ、、、。

というか、気が紛れる以上に、音楽の世界に入って行って痛みに集中せずに済んだなあ、、という記憶が重なる。

 

今度の手術も、もしできることなら娘の好きなヴァイオリンの音楽をかけてもらえたら、どんなに安心か。

母の代わりに音楽に守ってもらいたいと願う。

 

担当医の先生も子供の頃にはヴァイオリンを習っていらっしゃったらしく、

脳外科医の先生の中に熱心にヴァイオリンに取り組んでいる方もいるという話。

それだけで、ちょっと親近感が湧く。

好きなもの、共通の体験があることが小さな安心の明かりを灯す。

 

手術日は1127日。

1週間の入院後は自宅療養。

娘の25回目のお誕生日1222日には、安心の笑顔で今年のクリスマスを迎えたいと願う。

Img_6293_20201014155401

~このバラとウマオイの写真、前にもupしたかも?保護色で美しい~

 

 

他にもいろいろ心が動いたことがあったけれど、

もう娘の手術の前には何も書けない気分です。

発作が増えたのは気温差、台風等に加えて

新しい発見ででは、どうも苦手な気圧帯がありそうだということ。

1010hPaあたりの領域が苦手な感じ。

 

それに、79月夫のサマータイム中は3人で夕方散歩ができていて、

45分くらい速い速度で休まずに歩けるようになっていたのも

発作には良かったと思える。

サマータイムが終わって、雨も多く、週に2回くらいしか歩かせられなくなって

発作が増えている。

運動は脳にはとても大きな要素。

気候の要素はどうしようもないけれど、

歩くことは工夫すれば何とかなる。

 

ということで、3月から施設に預けてあっただけで宝の持ち腐れになっていた

歩行器を引き揚げてきました。

急な発作でもサドルが体重を支え、

全方位型なので急な転倒も防げるはず。

Img_6496

昨日はこれを使って町内のお散歩デビュー。

ゴロゴロとすごくうるさいのでご近所迷惑ではあるけれど、許してね!

 

go toトラベルはとても無理なので、

日曜日は今年初めてのお出かけで笠間に行って来て、

お家時間が楽しくなる器を見つけて帰って来ました。

「ギャラリー門」(陶芸美術館前)が大好き♪

新しい器に料理を盛って、毎日の食事作りに励みます。

その器の写真はまたいつか。

Img_6462

 

 

 

 

2020年10月 1日 (木)

月を愛でる

 

 

今年は季節が極端ですね。

梅雨が異様に長くて涼しく過ごしたかと思ったら、

いきなりの酷暑の始まり。

そして急にパタンと涼しくなり、夏はすっかりどこかに行ってしまった感じ。

例年ならようやく秋になったとほっとしても暑さがぶり返すを繰り返すのに。

いや、まだまだわかりませんけれど、でも安心して秋を満喫といきたいな♪

今日のタイトルの気分になるのは、秋だから。

 

20201001_-b

~今日の満月。夫の撮影。我が家のベランダから~

 

Img_6389

21時過ぎにピピを連れて月を観にベランダに。

夜は鳥は飛んではいかないだろうから、、、と初めて外の夜に連れ出す。

私にしがみついていたけれど、興味津々でした。

この時間の月は、ちょうどピピが向いている方向に白く輝いていた。~

 

 

なので、お散歩も花摘みからどんぐり、栗拾いに。

これらの木の実を食する動物たちがこの辺りにはいないと思うので、

子供たちを喜ばせるだけだけれど、

いや、大人も目で秋を楽しむ。

そして、拾いあげて手の平でも楽しむ。

陽を浴びてピカピカ。つるつるとした質感。

Img_6319

 

夏は暑くて脳も茹っていたのか?思考回路も止まりがち、、。

肌にまとわりつく湿度感や肌を焦がす太陽熱などの感触に、

少なからずストレスを感じる季節だったのが、

秋になるとただそれだけで気持ちの良い空気、青空に、感性が再び喜ぶ。

四季があるのって本当に恵みですね~。

様々な秋のお印に会える散歩。

ウオーキングではないので、車椅子を押しながら娘と景色を楽しむ。

Img_6311

 

比較があるからこそ、はっきりと感じることができる。

その意味では、苦労があるから喜びがより大きく感じられるのですね。

わざわざ苦労したくないのだけれど。

先日付けていたTVから「真の希望は絶望から生まれる」という言葉が聞こえて来た。

Eテレでやっていた「100de名著」の三木清の言葉。

 

まるでベートーヴェンの言葉のようだと思って耳が止まり、

早速ネットでテキストを購入。

再放送されていたみたい。

本家の著作本を読む前に、軽く予習です。

Img_6382

 

ここ数か月気になっていた山口周氏の作品からは、

「哲学は武器になる」をまずはチョイス。

「ニュータイプの時代」

「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」

などなど興味があるものが多数あるけれども、

経営コンサルタントがビジネスマンに指南する哲学が私に縁があるかな?と

気になりつつ手が伸びるまでには至っていなかったこれらの本。

 

1冊目を火曜日の施設送迎の合間にももカフェさんに持って行って、

甘いはちみつラテと共に「武器になる哲学」の始めの部分だけを読んだら、

これ面白い!!

毎日少しずつ読むのが楽しみになっています。

哲学とは、目の前のことに反応したり、情報を集めて分析とは違うレベルの

もっと本質的な問いに向き合う姿勢のことともいえると思う。

Img_6333

 

発作の恐怖とコロナの恐怖に同時に翻弄された春から、

何が問題か?相手の正体は?をじっくり考えた夏を通り、

行動し、

家の中の環境も整い、

これからは落ち着いて思索、

そして何よりも勉強の秋の到来!といきたいもの。

Img_6340

~今週の火曜日は、施設の帰りに娘とランチでテネレの木へ。

何か刺激や楽しみがないとね、、、。とりあえず食べることかな。

くろねこかしやさんが作るデザートの、いちじくのミニパフェを二人で分けっこ♪

食欲の秋だけれど大丈夫。モリンガのお陰で体重がコントロールされつつある(^^♪~

 

 

現実的な我が家の報告としては、

今日手すりが付き、

リビングのドアまで車椅子で来たら、

その先の玄関、トイレまでは手すりを渡りながら歩いて行けるようになりました!

Img_6344

てんかん発作の時は、たとえほんの短い小発作でも意識が飛ぶので、

手すりがあっても本人の役に立つとは思えないけれど、

介護の私は手すりを使って怪我を防げないか?

どうか?と思っているところ。

なるべくなら自力で歩かせたいから。

本人も喜んでいる。

ただ、一人で付添いの場合は、慎重に介助しなければね。

 

懸案のカーテンも、結局はナルシマさん紹介の業者さんに来てもらい、

今日寸法を測って、カタログの中から選び、

14日には取り付けの日取りが決まったので、

そこで完了の予定です。

 

Img_6331

~拾ってきた小さな栗も玄関のお飾りに。

20年前に夫の故郷のお豆腐料理屋さんで買った小さな掛け軸(1000円代だった)も、

この時期限定でいつまでも愛用~ 

 

 

カーテンが付かないことには、

寝室の壁時計も、家族の写真も飾れない。

完成!を待つ楽しみが長くあると思いましょう。

ネットや近くのショップに比べるとかなりお高くなってしまうけれど、

ナルシマさんの紹介ということで50%引きは嬉しい。

しかも、専門の人に採寸してもらい取り付けてもらうので失敗はない。

リフォームイベントで長く楽しんでいます♪

 

Img_6383

~お風呂の掃除道具、カフェカーテン、リース以外

ほぼ持っていたもので済ませているけれど、

新たに買った中で特に気に入っているのはこのLEDランタン。

バルミューダのもの。

温かい光に心安らぐ。~

 

2020年9月24日 (木)

9月の4連休

 

Img_6221

春の連休と秋の連休。

一番いい季節に、政府の粋な計らいに思います。

(経済効果を狙ってだとしても)

今年は、感染拡大に注意しつつの連休。

日本は衛生教育が浸透し、コロナとの付き合い方にも慣れてきたので大丈夫と思う。

でも もともと我が家は、混雑する連休には出かけませんが。

 

Img_6217

~涼しくなったので、日中の散歩も復活。娘の麦わら帽子は20年前から愛用のもの。~

 

 

我が家の報告の前に、

 

宮沢先生と共に、先日の「本物の専門家によるコロナシンポジウム」の主催者である

京都大学レリジエンスユニット代表 藤井聡先生のYouTubeが連休中にupされましたので、

まずはそれをご紹介したいと思います。

 

2020.9.21放送]医学・獣医学者達と「第三波」の備え方を考える

~激論甲子園緊急シンポ報告~(藤井聡/KBS京都ラジオ)

https://youtu.be/dcLiNEq2c_Y

 

5名の専門家の講演の中で、実は最もインパクトがあったのは藤井先生。

熱意と頭の回転の速さで、超早口のガンガントーク。

時間が押した最後の講演者であったので、

何とか時間以内に伝えておきたい!と思われたのでしょう。

内容よりも先生の熱意に圧倒されて、ポカ~ンと口を開けて聞いていた気分でした。

 

レリジエンスユニットは、災害やパンデミック時の対応について研究しているチームで、

こんなコロナごときで社会が壊れるままにしていいわけがない!という危機感と、

専門家として何とかしたいとい!うという使命感にかられての

悲壮なまでの熱意が伝わってくる。

 

今インフォデミックで社会が混乱しているだけで、

もっと落ち着いて冷静に分析して有効な政策を立てて実行すれば、

失業や倒産が減るだけでなく、

大事な税金をこれほど失うことはない。

失った税金は、本来は災害の被害を少なくするための工事や、

教育、福祉をはじめとする日常生活を支えるために使われたはず。

どうして伝わらない~!という苛立ちや悲しみさえ伝わって来た講演でしたが、

ラジオでは落ち着いて話していらっしゃいました。(途中から熱くなる)

 

1放送のKBS京都「あるがままラジオ」今週の放送には、

簡単にわかりやすく講演会の内容がまとめられていましたが、

一番気になるのは今年の冬はコロナ要注意だとおっしゃっていたこと。

感染拡大を抑えつつ、経済を、社交を止めないというのは、

頭を使わばければならない。

 

冬は乾燥によりウイルスの粒子が小さくなって

より肺に直に届きやすいということはシンポジウムで西村先生もおっしゃっていましたが、

それ以外にも南半球オーストラリアでの夏場に比べて冬季の感染拡大という

現実の統計を分析して大変懸念されています。

 

「目、鼻、口に触らない。」

「換気をしっかり」の二つ。

つまり、接触感染、エアロゾル感染に気を付ける。

ウイルスは1個で感染するのではなく、

100分の1に減らせば感染は成立しないという「宮沢先生の100分の1作戦」。

 

秋を感じるようになった今、これらの感染対策をしっかり習慣にして、

今年の冬を元気に乗り切りたいと思います。

コロナと共に生きる秋の始まり。

たくましく賢く、楽しく生き抜いて参りましょう。

 

以上、いつもの「私は宮沢先生を支持!」のコメントでした。

私にできることは、支持表明くらいですが、

小さな石でも投げれば波紋は広がると願って。

 

 

さて、我が家の出来事としては先週の金曜日に一応リフォーム工事が終わり、

この4連休から新しい生活が始まっています!

まだクローゼットのロールスクリーンや洗面所、玄関の手すり設置など

いくつか細かいところは終わっていないものの、

予定通りの工期で引き渡し。

その晩は嬉しすぎて興奮して、すぐには眠れなかった。

 

Img_6282

 

工事が始まってから週末ごとに近場の

イオンタウンのボンメゾンと無印良品、西友楽市のニトリ、セリア等を見て回って、

どんなものがあるか調査していたけれども、

まだ何も用意していなかった。

イメージは育っていたものの、

現物を見てからその空間の大きさと質感を感じて決めようと考えていた。

 

なので、先週木曜日に「明日ガス工事も入って使えるようになります」と現場監督さんから告げられて、

ではその夜には買い物に行かなきゃ!と張り切りモード。

19時まで水は使えないとのことだったので。

出かけようと思って18時過ぎに玄関を開けると、

道路では新しい長い下水道管を切ろうとしていた。

小さな重機も入って洗面所脇の土を掘っていて驚いた!

 

Img_6251

          ↓

Img_6281

~普段はバスロープなんて使わないけれど、

もし入浴中に地震に見舞われてもさっと羽織れるように一応用意。~

 

 

我が家は下水管が思ったよりも深いところにあり、

新しい配管が必要だったらしい。

新築に比べてリフォームは、

開けてみないとわからないことが多くて新しい懸案が多数発生する。

 

ひどい場合は、床下が腐っていたり、もっとひどい時は

壁の中にゴミが詰め込まれたりしていることもあるという。

うちの場合はそんなことはなかった。

けれどもこの日は1930過ぎまで暗い中、職人さんたちは頑張ってくれました。

職人さんの体目いっぱいを使っての懸命なお仕事に感謝感謝!

 

 

その日はとりあえず1階のお風呂に入れるようにバスマットなどを用意して、

寝室に布団を運び込む。

今年に入ってからずっとリビングで寝ていたので、

ベッドで寝るのは久しい。

 

内窓を付けたのでとても静かでよく眠れる。

娘もリビングで寝ていた時はなかなか夜寝付けなかったけれども、

新しい寝室ではすぐに眠れる。

さらにリビングで寝ている時は、お気に入りのカメをしっかりつかんだまま寝ていて

緊張がうかがえたけれども、

新しい寝室では両手はバンザイの姿勢。

リラックスして眠れているね♪

ああ~良かった💛

睡眠は健康の要。

小鳥もぐっすり眠れています(^^

(朝、覆いを取ると熟睡しすぎていて、びっくりして怒る! 笑)

 

台風12号が発生した割には発作がましなのは、

もしかしたらリフォームの影響かも。

あるいは、ここ3週間試してみているモリンガもいいかな?

このところ発作が今年で最も安心なんです♫

 

Img_6111

モリンガは7年前に、沖縄就学旅行に発作の心配で別行動で付き添った際に、

地元の古い沖縄そば屋の壁に貼ってあったポスターを見てから。

モリンガという植物のギャバ含有量は、飛びぬけて多いということが書かれていて、

発作にも何か良いことないか?と期待してその時買って帰った。

何しろ娘は消化が悪く、食べたものがきちんと栄養となっていると思えない。

そこはずっと考えて来た大きな謎のポイントの一つ。

 

鬱でさえ薬に頼る前に食事を換える(特に鉄分)と改善されるという。

脳の伝達物質だって、食べ物が影響していないとは言えないと思うのだけれど、

夫は「素人考え」とそっけない。

ふん!

 

私は昔から「親こそ最良の医師」という考えのもと、

どんな小さなことでも、気になるならやってみる主義。

たとえ人に笑われようとも、毎日見ている親が一番自分の子供のことを知っていると思う。

ちなみに、親こそ最良の医師 とは、ドーマン研究所の障害児プログラムの本の題名でもある。

 

 

当時は茶葉しかなく、

娘と二人ご飯の上にふりかけのようにかけてしばらく食べていた。

それを見た息子が「うわ~まずそ~!」と一言。

やっぱりそう見える?(^^😉

まずいというよりも、口当たりがね、、、。

少々のやせ我慢もあったので、

ちょっといいかもとは思いつつも半年でやめてしまった。。

 

ところが、この前の筑波大てんかんセンター受診の際に、

鎖骨の下にペースメーカーを埋め込んでギャバを送るVNS療法の提案もあった際に、

記憶の倉庫からモリンガが甦って来た。

単なる連想ゲームのようなものですけれどね。(^^

Img_6112

今世の中で売っているモリンガは、粉末が主流。

これなら消化もよさそうだし、続けられそう!

販売元も増えていて、さらに様々な効果がはっきり謳われている。

必須アミノ酸をすべて含む唯一の植物で、栄養が大変豊富。

しかも土壌改良にも役立つときて、

貧困にあえぐ国々での食料支援にも大きな期待が持たれているらしい。

うちのむすめの発作に限らず、

いろんな意味で救世主となるか?と願わずにはいられない。

 

Img_6113

私が購入した書籍によると、

一日スプーン1杯から始めて、5g摂るようになると効果を感じられるとのこと。

私も元気になっている気がする。

期待からかしらね(^^

 

Img_6193

微粉末とはいえ、少量のお湯に溶かしてからの方が使いやすい。

 

Img_6277

~我が家の夕食後のお茶は緑茶とモリンガを混ぜたもの。モリンガだけでも十分緑茶っぽいのだけれど

一日に1回は緑茶も飲みたい。

あとは、季節の果物少し、ナッツの蜂蜜漬け1スプーン、小さなコップで自家製甘酒+豆乳、すりごま入り ~

 

 

4連休は、午前中生徒さんのレッスン、

午後は地元で友人のコンサートが土、日続いて足を運んだ。

土曜日はチェロのmamiさんのコンサートでゲストは新進気鋭のお琴奏者 中島裕康氏。

和と洋の作品、そして新曲初演をリニューアルしたばかりの

地元のホール 中央公民館で楽しんだ。

客席だけでなくステージの反響板も整い、

これから市民にとって良い演奏会、催しを提供する器に変化していて、

コロナ禍の中希望を感じて嬉しくなった。

Img_6255

 

 

日曜日の方は、山田圭子さんと山口泉恵さんの

ベートーヴェンヴァイオリンソナタ全曲演奏会第3回目。

充実の演奏をたった110名だけが聴く

贅沢なホームコンサートでもったいない限り。

演奏者は2回公演の難行。

しかし聴く方は、お二人のお陰で地元でベートーヴェンイヤーを楽しむことができて、

本当に感謝です♪

 

Img_6264

~日曜日のお昼は、この前イオンタウンのパンケーキやさんで食べたものを真似して。

パンケーキの生地がちょっと緑色なのは、モリンガを混ぜているため。

米粉のパンケーキ1袋に対して小さじ1杯は、味に影響がない。

ちなみに、炒り卵にモリンガも美味しい。

しかし、この日は時間がなかったので盛り付けが雑!~

 

 

月曜日は速攻で「マイバッハ」の映画も観に行き、

考え込んでしまった。

重い映画。

 

他はひたすら家の中の新しい体制を整える作業。

何度も階段を上ったり下りたりしながら、

少しずつ荷物を運ぶ。

新しいシステムを考えるのは楽しい。

Img_6274

~連休最終日のお昼は、吉右衛門さんの並握りをテイクアウト。我が家の煮物も一緒に~

 

Img_6275

~この日のお昼のデザートはあんみつ。小倉アイスクリームと一緒はますます美味しい♪

モリンガだけのお茶と一緒に。つまり三食食後はモリンガ茶。 ~

 

 

で、一応お風呂と洗面所は完成!

2階の洗面所に洗濯機があるので、1階の洗面所はレストルームといった感じに。

夫曰く「旅行に来た気分になる洗面所」とのこと。

このお風呂屋さんのような床材を選んだのは彼。

壁紙は私。

お風呂の壁の一部がピンクなので、

洗面所は白を基調に、少しグリーン系を入れて爽やか路線を目指しました♪

 

今日現場監督さんが、トイレの手すりの打ち合わせに来た際に

洗面所を見て感動してくれた。

この1か月毎日うちに通ってもらって、一緒に作りあげたんだからね~♪ 

喜びは分かち合いたい♪

本当にナルシマさんにお願いして良かった!

 

Img_6289

 納戸の奥から出て来た大きなロウソク。

これを飾ろうと決めてインテリアを考えた。

 

Img_6246

~もう一つ、この小さなイギリスの田舎の絵の額は、昔フェリシモで集めたもの。

階段に、2階の廊下に、そして元の寝室にも飾っているいくつもの12㎝角の絵が二つだけ余っていて、

これも飾ろうと決めていた。今日の写真では、まだ壁には掛けていないけれど。

定年後の我が家なので、なるべくお金を使わず、昔から持っている物を有効活用。

でも、リビングのテレビを寝室に移し、ビングには新しいテレビを。

このテレビ、何年後かに「コロナの時にいただいた給付金で買った」と懐かしむのかな ~

 

 

しかし、まだまだ新しい体制が完全に整うにはかなり時間がかかりそうです。

基本娘をほったらかしにできないので、

モニターを付けて、悪いけれど勝手に歩いて倒れないように

車椅子でシートベルトをしてもらって安全確保。

母はせっせと1階と2階を行ったり来たりしています。

 

2階はまだ物置状態で混乱中。

寝室については、カーテンができてからご報告します。

これから注文なので、多分まだまだ先の話になると思う。

 

昨日リビングは簡単に秋に模様替えして、

水色、青はまた来年夏までお休みして、落ち着いた茶色系になった室内。

家の中の季節も進みます。

あまり出かけられない娘と私は、工夫して家に居ても季節の移ろいを楽しむ。

go to トラベルも活用したいんだけれどな~。

 

Img_6290

 

«刺激的な毎日 2・リフォーム工事  その後