2021年6月 9日 (水)

幸せな一日

 

とても楽しい一日でした。

大事なDUOのパートナーのお誕生日前祝いを、

スパイスガーデンさんで!

Img_0477

~竹林を借景に建つ隠家レストランのスパイスガーデンさんは、

手作りの離れにもこだわりのインテリアで

居心地よさ満点!~

Img_0487

~お誕生日おめでとうのデザートは、花に囲まれて。

パイナップルのロウソク立ても楽しい♪~

 

 

たくさんの温かいおめでとうが詰まったスペシャルランチに、

これまでの疲れが吹き飛び、

お腹も心も大満足♪

何より、彼女の喜んでくれる笑顔が一番嬉しい!

14195387825201

~泉恵さんへのプレゼントはマルちゃんの爪とぎ(^^;)

一番喜ぶかな、、、と思って。

送ってくださった写真を拝借~

 

 

娘もスパイスガーデンさんへ曲がる道のところで

あっ!と喜び、

さすが私の血を引いている人は、

美味しい場所を忘れません(^^♪

このところ、急な気候の変化についていけずに発作が心配ながらも、

マイペースで寝て、美味しいものも食べれて、

きっと元気に過ごせるのではないかな、、、と

今日のお料理に元気をいただきました!

スパイスガーデンのかおりさん、ありがとう♪

Img_0473

~「祝」の文字のパンも!~

Img_0478

~かおりさん 温かいメッセージもありがとうございました!~

 

Img_0481

~今日も暑い日だったので、冷たい人参のスープからスタート~

 

Img_0483

~どうやって作るの~?の美味しい魚料理~

 

Img_0484

~お肉3種のプレート。スペアリブも柔らかくて、フォークだけでOK~

 

Img_0489

~私たちのデザートにも可憐な花が添えられて~

 

 

午後は、

お誕生日&CD録音打ち上げランチだった訳ですが、

午前中は2時間半かけて、

録音の判定会議

多数のテイクからどれなら使えそうか?を

各自前もって選定し、

ヴァイオリンの立場では、

ピアノの立場では、

これを選びたい!を提案し、

ほぼ一致。

Img_0469

~今日の我が家のウエルカムの卓上花。

水に浮かべる夏椿~

 

 

数曲だけ意見が分かれた曲を改めて聴きながら協議。

何しろ初めての録音

しかも手作りなので右も左もわからない中、

試行錯誤しながら一つ一つ作り上げて行きます。

これからジャケット、リーフレットのデザイン、

配置を考えるのもまた楽しい。

 

時間も労力も膨大にかかっても、

コロナ禍でなかなか生の本番ができない今は

最適な取り組みかもしれない、、、と思う。

完成までの道のりを一歩一歩、楽しんで歩みます!

 

Img_0470

~朝は、まずはハーブティーと、季節のビワ、イチジクのゼリー~

 

お昼にこんなに食べては当然、夕食は抜き。

いえ、フルーツは食べました(^^;)

もちろん夫の分は作って、私たちのは明日のお昼に回します。

 

 

 

2021年6月 5日 (土)

「月の光」でYouTubeデビュー!

 

私たちデュオ「Luna Classica」

昨晩無事にYouTubeデビューを果たしました!

 

https://youtu.be/2Mb9CNt3Mro

 

 

コロナが始まって以来、若者はもちろん、

ベテラン超一流奏者に至るまで

皆がYouTubeで発信する時代になりました。

Lina_wall-paper

私は去年、娘のてんかん発作との戦いの一年だったので、

時流を眺めていただけでしたが、

遅ればせながらのスタートです。

 

動画の表紙の月の写真は、2014年の夫の作品。

2015の「月の光に魅せられて」というタイトルで

4曲の「月の光」を並べたフレンチプログラムでコンサートを企画した際に、

そのチラシに使ったものです。

ちょっとその時のチラシがPCの中から見つからないので、

またわかったら後ほどupしたいと思います。

 

と、昼間書きましたが、過去のチラシのストックの中からみつかりました。

月が左上にあるようにと、上の元写真の右側だけを使ったみたいですね。

Img_0416

 

初めての動画upは、

ドビュッシー作曲「月の光」のヴァイオリン&ピアノ版。

20代の終わりに楽譜をみつけ、

今までいろいろな機会に様々なピアニストと演奏する機会を持ちましたが、

何と言ってもLuna Classicaの泉恵さんとが

説明しなくてもピッタリくる!

微妙なルバートの加減が一致するパートナーです。

 

たまたま私たちデュオのユニット名も、

月を意味する「Luna」。

弾きなれていて、

考えなくてもリラックスして弾ける余裕があることはもちろん、

二人で弾くのに最適なデュオをお聴きいただけるであろうと思い、

まずはこの作品からの動画スタートです。

 

録音は会場にある吊りマイクの方を採用。

自宅の録音機も持ち込み、

1階10列15番のS席に設置した分のもありますが、

こちらはさらにホールの豊かな響きを楽しめる録音。

 

ヴァイオリンは会場の一番後ろにもっとも音が飛ぶようで、

最後列がバランスとしては最もヴァイオリンが聴こえる

と会場で聴いていてくれた友人の言葉もあるのだけれど、

すぐ近くで撮ることで細かいニュアンスが伝わる

舞台の吊りマイクの方を採用することにしました。

 

一般的なヴァイオリン&ピアノの演奏のCDは、

ピアノはいかにも伴奏という感じに

控えめに入っていることが多いのですが、

私たちはどの作品もデュオとして演奏したく、

対等に近いバランスを好みます。

 

世の中に出回っているCDでは、

いつもピアノパートが聴こえなくて不満でした。

だって、ヴァイオリンは旋律という言葉を奏でているのであって、

作品に込められた作曲家の感情は

和声を担うピアノパートに多くが書かれているのです。

だから、そのニュアンスを聴きたい。

もちろん、私もピアノパートを読み込み、

それを踏まえた上でヴァイオリンパートを表現したいと考えています。

 

しかしだからと言って、

ピアノパートが、その音の全部を弾いてうるさいのはもちろんごめんです!

そこのところのバランスが難しいのですが、

ちょうどいい感じに入っているのでは?と思っています。

 

作品についての解説は、

またCDが完成した折に。

まずはCDの予告編として、動画をご覧いただければ嬉しいです。

さらに、音楽の響きの中で和んでいただければ尚。

Img_1272

動画の最後に出てくる月とネコと小鳥の絵は、

泉恵さんの作品。

私たちのコンサートの看板です。

バックの楽譜は二人で弾いている「月の光」。

お洒落でしょ?(^^♪

 

 

2021年6月 4日 (金)

間もなく動画アップします!

 

今日は大雨の予報。

とりあえず一日中雨、、、くらいで収まっているものの、

様子見の週末金曜日です。

Img_0410

~我が家のもう一本のヤマボウシ(常緑)が花盛りです~

 

 

気圧も急降下で997hPaまで落ちる底の時間が近づいている。

16時あたりが一番下。

なので要注意していました。

このところ娘はちょっと疲れたら自主的に寝室に行くので、

体調がわかりやすい。

1130あたりに眠り始め、30分経って目を覚まして

トイレに連れていく途中で発作で前に倒れる!

ちょっと膝をついただけで済んだけれど、

手術で倒れなくなる、、、という話は通用しなかったみたい。。

とても残念だけれど、

それでも去年よりは格段にまし!です。

 

今週はあっという間に時間が過ぎていきました。

梅雨入り前に、お風呂の大掃除、布団の片づけ、花の植え替え、

などなどのたまっていた家仕事を片付けたいと張り切り、

録音の頭出し作業を行っています。

 

先週の今頃はノバで弾いていたなあ、、、と思い出す。

ずっと早起きモードが続いているのが、

徐々に解除されつつあり、今朝は6時起床。

毎日録音を聴いているので、なかなか興奮は収まらない(>_<)

 

CDができる前に、まずは動画をupしようと考えていて準備中です。

Luna Classica 初YouTube

今誰でも動画を投稿できる、投稿する時代。

遅ればせながら、時代の波の一番端っこでついていきます。

コロナの時代、なかなか生の本番が難しいのでね、、、。

 

まずupしようと計画しているのは「月の光」。

ほぼ出来ていますが、ちょっと手を入れる箇所があり、

今晩中に何とかなるか?

あるいは週末には?かな。

 

もちろん、私でなく夫が作ってくれています。

私にはそんなPCスキルはありません。

私は素案と、いろいろな希望と、あれこれ横やりを入れるだけ。

ホールの響きの中ではお化粧したように音が美しく聴こえるので

夫もとても張り切ってくれています。

つまり、家での練習の音は素顔ってこと!

夫曰く「なんだ、、ホールなんだ、、、。」

そう、大きな良いホールで弾きたい!!は私の願いでした。

一つ叶った。

Img_0326

~我が家の紫陽花2種。~

 

 

どのテイクなら使えるか?選ぶのはなかなか大変で、

どれならましか、、、という選択になります。

せっかく音楽的に良いのに、肝心なところで外すとか

がっかりが続出。

かといって、傷が少ないのは面白みに欠け、

もう~悩ましすぎる。

 

個人で考えて、

来週デュオの二人で判定会議の時間を持ち、

そのまま打ち上げランチ♪という予定。

しかし、編集できればねえ~~とはつくづく思う。

わかっていたけれど。

でもいいとこだけ集めて作れたら、うそができる?

世の中のCDはそうなんですけれどね。

 

動画のバックには、当日夫が撮ってくれた会場写真を使うので、

雰囲気も伝わると思います。

実は、初日の木曜日の午後は、

娘をヘルパーさんにガイドしてもらって、

夫と3人で来てくれていたのでした。

 

あの日夜中の小発作連続、

朝起きてからの大発作だったので

無理しなくていいよ と伝えていたけれど、

大丈夫そうだからと来てくれた。

Hiromi_fb

あの日も大雨だったなあ。

そして後で知ったのは、

27日木曜日は台風3号のたまごが発生していたこと。

そういう日は大きな発作が起こりやすい。

何も大事な日にそんなお天気に当たらなくても、、、と思っても、

私の人生らしい気もする。

何があってもやるよ。

 

娘にも本番の収録風景と、生の音を聴かせたかったというのもあり、

来てもらえたのは嬉しかったけれども、

「ママのそばに行きたい!」と「あ~~!」との声がホールに響き、

1曲で退場でした💦

 

ロビーで待ってくれている娘に会い、

ありがとうを伝える。

ママ頑張るよ。

Img_0332

でももちろん、娘のためだけではない。

息子ももちろん、

新しく生まれ出る命、

遠くに住む年老いていく親たち(皆クラシック大好き)、

お世話になった方々にぜひ聴いていただければと思います。

いつも応援ありがとうございますm(__)m

とりあえず、CDの予告第1弾で「月の光」をupしますので、

ご感想などいただけたら嬉しいです。

 

 

2021年5月29日 (土)

録音!

 

木、金の二日間、贅沢にノバホールで遊んで参りました!

と言っても、真剣勝負の張りつめた時間。

初めての自主制作CD作り。

 

CDのタイトルは「祈り」。

それに沿って作品を集め、新曲を依頼し、

考え悩み進めて来てのいよいよ本番!

14127127275950

その穏やかな美しい世界を表現するためには、

薄氷を踏んで歩くように神経を使うシュトラウス~フバイの「モルゲン」。

美しく複雑な和声感から、

作曲家のたくさんの想いと温かい懐かしさを引き出したいと願って弾いた

クライスラー編曲の「ロンドンデリー」。

何よりもこのコロナ禍の私たちに、演奏する私たちに

力を与えてくれる相馬邦子さん作曲の「祈り~希望」。

たくさんの小品にどれも今できる精いっぱいのこと、

心からの祈りを込めて演奏しました。

二日間お付き合いくださった友人が撮ってくれた動画を聴いただけなので、

まだどうだったのかを細かく聴いていない時点での本番後の感想です。

14127127392037

なるべくお金をかけずに業者を入れずに

切り貼りなしで

いくつかのテイクの中から選んでCDを作るというのは、至難の業💦

案の定無傷のものはなく、ここは良かったのにあそこが~~!の連続。

かといって、いちいちめげていては音楽が委縮して死んでしまう。

何度も何度も撮りなおして時間いっぱい使って、粘りに粘って。

しかし、大きなホールの響きの中で弾けるのは、

この10年一緒に音楽を作って来た友人との

かけがえのない幸せな時間でもありました。

 

二人で活動する時は「Luna Classica」というユニット名を使っていますが、

奇しくも録音前日は24年ぶりのスーパムーン。

今までも二人で何度も弾いたドビュッシー「月の光」の際、

昔々にこの作品をヴァイオリンで弾きたいと思った時に心の中に描いた情景が

私の中に広がりました。

 

満月の夜。

湖面に月がかかる。

水に何かがぽちゃんと落ちて波紋が広がる。

その後はただただピアノが創り出す美しい響きの中を

月夜にキラキラ光る水の中にいるような感覚で弾いていた私。

最後の音は「なんて月が綺麗!」と夜空を見上げる。

14127127374558

最近はとても調子が良かった娘は、

この二日間はお天気の急降下で発作がとても多く、

夜は二日とも小発作連続で起き、それから私は眠れなくなり

何とか4時間は眠れたかな、、、、という中での本番。

3:30起きが2連続は辛い。。

でも、それが私の日常。

自分の現実を受け入れて頑張るしかない。

睡眠不足なのに、弾けば弾くほど集中力が深まっていく。

かといって、傷がなくなるというわけではなく、

作品世界に深く入っていける感覚。

 

昨年はとにかく娘のてんかん発作がひどく、年末には手術、

思いがけない長い入院など、

音楽から遠ざかっていたこの1年。

今の生活はモニターで娘の様子を見ながら練習しているため、

なかなかきっちり集中できるわけではなく、

本番も久しぶりで感覚が完全に鈍っていたのが、

ステージでたくさん弾いているうちにいろんなものが甦って来ました。

Img_0168

~1日目のお昼休憩の際、ロビーの窓のところにアカハラが!

こんな街中でも野鳥が見られる。この子も懸命に生きている~

 

 

音楽は消えてなくなるものなのに、

CDの中では永遠に生きられる。

毎年何かチャレンジしたいと思い、

もとは2020記念として企画したCD。

しかし入院中からこのCDは、

もし先に私がいなくなっても娘が寂しくないように、、

という願いも込めて作りたいという個人的な気持ちも入り、

ちょうどすべての練習を聴いた娘の記憶には

どの曲も深く刻まれたことと思います。

Img_0150

~わたしもずっと聴いていたよ~!とうちのピピ。

音が鳴る木の箱が気になって仕方ない~

 

 

完全ではなくても、

私たちらしい音楽、

自分らしい音と想い、

そして様々な祈り。

夫の写真を解説ブックレットに織り込み、

これからどんな形にしていくのかの作業が始まります。

 

Img_0267

~二日間お付き合いいただいた友人からのプレゼント。

お祝いとお疲れ様の気持ちがいっぱい詰まったこれらの物に、

彼女の温かさと友情が伝わって来て、ますます感謝!~

 

14127127476734

~二日目のお昼はおこわ屋さんで可愛いお弁当を買って来て。

他にうちから持って来たゆで卵、ホットクックで蒸したキャベツ、カボチャ、オクラをオリーブオイルと、

彼女からいただいた沖縄の塩でシンプルに~

Img_0268

~晩ごはんはお寿司に、ホットクックの煮物等で~

 

2021年5月16日 (日)

この1週間の日記

 

今日はこの1週間を日記形式で。

連休前半は不安定だった娘も今週は安定して元気だったので、

私は元気にFacebookに毎日投稿していました。

誰かが反応してくれるので、Facebookはコミュニティ、村感覚です(^^

ブログの方は、もともとの仲良しの友人、

コンサートを応援してくださる方が読んでくださっているので、

もう少し追加して。

Img_9880

510

名前がわからない差し技で育ったミニ薔薇が

ようやく咲き始めて嬉しい!

いつもたくさんつぼみがついても、

無農薬のせいか、アブラムシにやられる、

あるいはつぼみが黒くなって枯れるなどで、

なかなかいい感じには咲かせてあげられないのが、

今年は運が良いらしい。

私たちもこの花の運にあやかりたいものですね。

Img_9875

511

急に冷えた割には、うちの娘元気にしています!

昨晩からマイスキーが弾くバッハを流しているのがいいのかな?

Img_9925

週一の施設通所から帰って即散歩。

フランス菊が咲き乱れるの丘の反対側に野バラの茂みを発見。

この奥にものすごくたくさん咲いているのに、

遠いし、誰も通らないので見る人もいない。

それでも花は与えられた場所で、

生を謳歌しています。

Img_9904

久しぶりに会った公園の白ネコとも

目が合って挨拶。

2歳くらいの女の子に触らせてあげる

心の広いノラちゃん。

実は私はこの猫のことを、敬意を持って見守っている。

-8℃の冬の日も、大雨の日も公園で生き抜き、なんとたくましいことか!

Img_9901

 

 

5月13日

火曜日の朝のこと。

娘を送迎バスに乗せてちょっと庭仕事。

終わったクリスマスローズを切っていたら

頭上で野鳩の声。

何度も同じ節。(鳥はその個体独自の歌を唄う♪)

ホッホホッホ ホッ ホッホ ホッホホッホ ホッ

と鳴く。🕊

Img_9948

あれ?これって何かの民謡のリズム!

何度も聴いているうちに、そののどかな歌に可笑しくて仕方なくなった

朝から楽しい気分をありがとう♪

しかし、曲名が未だに思い出せないーー!

だれかわかりませんか?

でも私こんな曲弾いてないよー!

うちの庭に棲んでいる野鳩に違いないけれど。

Img_9951

と、FBでコメントしたところ、

いろいろアイディアをいただき、

その後夫が探してくれてどうも「炭坑節」に似ている!ということに落ち着いた。

「炭坑節」は福岡県民の私にとっては、盆踊りの定番の曲。

そういえば、お祭りって去年も今年もないのよね。。

来年はお祭りができる世の中になっているといいなあ、、、と

鳩の歌を聴いて思う。

鳩が代わりに歌ってくれたね。

Img_9909

 

5月14日

リハーサル

初の録音を2週間後に控え、詰めの練習です。

録音と言っても、なるべくお金を使わずに業者も入れずに自前で作る手作り品。

とは言っても、証拠を残すCDというのは

いつもとは違う緊張感があります。

 

一人で練習すると作品の一部でしかないヴァイオリンは、

全体を知ることが何より大切!

今回は自分で、いつも以上にピアノパートも弾いて研究しています。

 

音程もここ数年旋律的な組み立てをやっていたのをやめて、

やはり和声的な音程に戻ることにしました。

同じ音でも和声が変われば色合い(音程)が変わる妙を表現できたらいいなあ、、、と願って日々、

この音はこう?どう?と探り、考えながら練習。

 

それをリハーサルでピアノと合わせていただく時にどうなっているか確認するわけです。

というか、実際はピアノと弾く際は音程のことは考えない。

音程は録音を聴いて確認する。

弾きながら気になったりはするけれど。

リハーサルの時は、自分を差し出し、相手を聴いて受け入れ、

何が起こるか楽しみに波乗りする。

 

で、だいぶましになりました。

あと細かいところをもっと詰めて、

弓の技術的なことももっと整理して、

ゆっくり練習しつつ

和声的、音楽的なニュアンスをもっと探して、

構成をさらに考えて、、、とまだまだやること満載です!

 

3月の試演会と比べたら雲泥の差。

とはいっても、こんなもんで満足なんかしていられない。

よく頑張っている!と一応自分をほめてあげても、

まだまだ自分に対する欲と期待と希望は持っています。

 

Img_9964

 

Img_9965

~リハーサルの日のランチ。

音楽家も腹が空いては戦はできぬ!と。

自家製パンと、タンドリーチキンを作って、あとは野菜がいっぱい。

そしてデザートは美味しいフルーツがあったので、アイスクリームを添えて♪~

 

 

リハーサルは、ピアノがどうするか?

何をしたいかもキャッチしながら、

二人で弾いているうちに、

一人では考えていないものが出てくるのが楽しみ。

そんなパートナーに恵まれて大変幸せです💛

 

娘はその間居宅介護のヘルパーさんにお願いしていますが、

その日の朝久しぶりの大発作があり、

お昼前から寝ていたようでした。

午後も昼食が終わったらまた寝てしまい、

延々と寝る一日だった金曜日。

梅雨前線の影響を早くも察知している!

さすがのお天気娘です。

 

これで落ち着いたかと思いきや、

翌朝も重い発作。

さすがに私もちょっと気も重い。。

お天気がガラッと変わるのにはついて行くのが大変です。

私もこの日は一日頭痛がどこかにあるお天気だった。

Img_9973

 

5月16日 本日!

土曜日があまりにも暑かったので、

今年の冷やし中華始めました!

いつものようにパフェのデザート付き。

娘に「ママがお母さんでよかったでしょ?」と同意を求める(^^;)

パフェはすっかり週末の恒例となってしまいました。

でも、バナナ一本、アイスクリーム一つを3人で分けているので大丈夫なはず(^^♪

早くも梅雨入りした地方があるという季節の進みの早さ!(やっぱりね!)

 

Img_9983

Img_9986

 

関東地方も間もなくの気配。

このところとても元気だったのに、

金、土と久しぶりに発作でちょっと大変だった娘も、

今日は低気圧に覆われた状態に慣れたみたい。

日本列島が大雨に悩ませられずに済みますように!

 

Img_9802

そして、梅シロップ作りが始まりました。

でも、あとは待つだけです。

夏に炭酸水で割って、暑さをしのぐ助けになるようにと。

 

今月の初めにはもう収穫した我が家の梅は、

息子の幼稚園の卒園の記念樹。

裏にあるのであまり見ないのだけれど、

すごく茂ったので夫に剪定してもらう際に収穫したのが5/5。

しばらく冷凍庫に入れていて、氷砂糖と一緒になってもらうだけ。

Img_9962

実家の母から、梅は5月末から6月に入ってからなのにずいぶん早い!と言われていたら、

案の定 史上最速での梅雨入り。

すべてがすごい速さで先に進んでいます。

どこかでカレンダーを2週間ほど早くするとか?

 

そんな感じで日々の生活を大事にしながら、

娘のケアをしながら、

地道な練習続けています。

つくづく、私には音楽があるから生きていられる、、、と思う日々に感謝。

目標があるというのは希望につながっていると実感。

その希望を音に乗せたい!

Img_9887

~紫の紫蘭の中に、白い紫蘭が咲く姿は、一族に護られた姫のよう。

まるで我が家の姫を見ている気分です~

 

2021年5月 6日 (木)

復活の気分

 

連休中にお誕生日を迎えました。

今年も無事に!という気持ちです。

ちょっと前まではかなり滅入っていましたが、

けっこうすんなり元気になった♪と喜んでいる5月です。

Img_9712

お誕生日の日は鍼&マッサージ以外予定はなく、

家の花の手入れをして、ごはん作って、

午後は娘のお供でお昼寝したら延々と寝てしまった💦というのんびりできた一日でした。

たまにこういう日があるといいなあと改めて思います。

それでこそ、次も頑張れる。

Img_9726

Img_9739

Img_9730

~草取りしていたらいい香りだったので植え替えてお茶にして楽しむことにしたレモンバーム~

 

 

GW中は家族で散歩、食べること、片付け掃除、と定番。

1年ぶりの小貝川フラワーカナルは、着いたら早々に雨が落ち始め、

雷鳴も鳴り響く。

外で雷を聴くのはなかなかスリルがありましたが、

とにかくポニーに会ってからと足早に歩き、

車に戻っての帰り道は本降りの雨でした。

もう少し遅かったらずぶ濡れだった。。

Img_9713

三食作って食べるのは何を作ろうか?と頭を悩ませるものだけれど、

今年の私にはホットクックがある!

新しい器具を使って料理するのはけっこう楽しみでもあります。

でも、ややこしいことはせず、

素材の味が活きる単純な料理。

蒸すことが多い。

Img_9718

一品作っては掃除をする、

次の一品を作っては練習する

といった感じ。

以前とは料理の手順が違うので、

どうしたらいいか考えるのも新しいことで楽しい。

ホットクックは火の傍に付いていなくて済むのがいい!

私にはぴったりです。

野菜が生きていた時のそのものの味と香りが楽しめるから

毎食嬉しくなります💛

Img_9743

そして念願の古着整理。

似合わなくなった服(主にサイズ💦)が多すぎて処分したいのだけれど、

捨てるのももったいないという罪悪感、

かといってメルカリなどを利用するとその手間がかかって時間はない。

今回はお誕生日の感謝の寄付ということで

「古着でワクチン」を申し込みました。

Img_9734

3300を支払って、大きな袋いっぱいの洋服等を引き取ってもらって

ワクチンに換えてもらえるというシステム。

ゴミにもならず、誰かに喜んでもらえるのならさらに嬉しい。

そして、こんなに大きくても¥3300に送料が含まれているので大丈夫。

お誕生日は自分も嬉しいし、

家族や友達にたくさんのお祝いのメッセージをもらえて嬉しいし、

もちろん両親への感謝が先だけれど、

今生かされていることの感謝の日でもある。

Img_9742 Img_9741

今日は午前中に草取り、剪定に励み、散歩に出かけ、

お昼はお誕生会ランチ。

1年に一度は訪れる取手の老舗フレンチ「ラ・ベル・フォンテーヌ」へ。

シックなインテリア、季節によって室礼を換え、

本格的で美味しいお料理は特別感満載です!

予約の際に「今3組しか予約を取っていないから安心して来てね」と言われ、

今日は平日に戻ったので私たちだけの貸し切りでした。

お昼から爽やかな五月晴れになったのも嬉しかった。

Img_9750

 

Img_9764

~うちの町内のはずれ~

 

 

毎年必ず晴れのお天気の私の誕生日、

今年は雨で珍しかったけれども、

それも新鮮でした。

一時に気力が枯渇していたところから、

また新たに始められるという気持ちになるお誕生日を迎えられ、

感謝しかありません。

Img_9795

Img_9784

~ラ・ベル・フォンテーヌ  取手市野々井166-6 0297-78-3152 ~

 

2021年4月28日 (水)

誕生日の季節

Img_9436

ちょっと投稿が開きました。

このところは無事に過ごしています。

お陰で私もまあまあ安心して練習に取り組めています。

とにかく練習時間確保を第一に、

娘のお散歩、家のこと、その他を組み込んでいく毎日です。

Img_9431

~我が家の白いモッコウバラ。今年は頑張ってよく咲いてくれました!~

 

 

3月に非公開本番で身体の硬さを自覚して、

鍼とマッサージ2回、カイロプラクティック2回、

そしてリンパを流すトークセンと

自分のケアを集中して行いました。

もちろん毎日の自力でのケアも。

お陰様で回復~!です。

入院していたのは私ではないのに、付き添いですらこんなに体調を崩す。

病院とは大変な場所です💦

Img_9442

~カーポートの方の黄色いモッコウバラは毎年元気~

 

Img_9561

~うちのピピちゃんはモッコウバラが大好き~

 

 

YouTubeで本要約チャンネルを見るのもしばらくお休み。

脳を音楽のチャンネルに切り替えようと考え、

弾いていないときも頭の中で練習する。

でないと、練習時間が足りなさすぎる。

最近楽器も鳴り始め、調子は上向きになってきて、

ようやく!の感じ。

Img_9471

娘は明日からの荒天の影響で今朝は久しぶりの小発作連続→

ちょっとご機嫌が悪い一日となりましたが、

以前に比べると全体にずいぶん良くなっていると評価できる。

ある意味仕方ない、

不自由や悲しさやあきらめる部分も必要と納得し、

今の生活に二人とも慣れたということです。

Img_9564

このところ玄関で練習していて、

格子ガラスの扉から、

モニターから娘の様子を見ながらなので、

なかなか完全集中できないのが辛いところだけれど、

それでも音楽に支えられ、

今日も元気に生きています。

という気分になった。

Img_9446

~3つ目のツツジ、白い琉球ツツジと、実家から宅急便でやってきて増えた紫蘭が花盛り~

 

 

散歩でみつける身近な自然の美しさ、

日々の身体のケアもさながら、

最近CDYouTubeでみつけた演奏にも

大いにエネルギーをいただいていました。

 

 

ちょっと前に生徒さんから教えてもらった江口玲さんの演奏は、

ホロビッツが弾いたスタインウエイを使用し、

カーネギーホールにて彼の調整で幻の音を再現するという試み。

極上の音と華やかな技巧の両方が楽しめる素晴らしい1枚。

Img_9632

 

Img_8692
~こちらはピアノという楽器の奥深さを知る興味深い本~

 

 

他には、フォルテ君というひたむきで元気な青年の頑張りに、

ちょっと笑いながらも大いに元気をもらった。

 

最近は32歳のヴァイオリニスト レイチェンさんにはまっています。

すごい集中力!

巨大掃除機のようにすべてを吸い込み、

そして巨大扇風機のように放出する。

変な喩えだけれど、エネルギーの高さたるや、まあすごくて!

生徒さんたちにも ちょっとこれ凄いから見てね!とお知らせしました。

1の感性豊かな女の子なんかは、

こわい、、、と思ってしまうかも。。

 

 

Img_9469

現実には、

私が今取り組んでいる作品は静かな曲ばかりなので、

反対にエネルギー放出する曲の動画などを見てバランスを取っているのかしら?

静かな曲は、それはそれでまた別のエネルギーを使うのですけれどね。

ああでもないこうでもない、、、と考えながら、

少しずつ前に進む自分を楽しめる音楽の道は辛くとも、

一生面白いと思う。

 

ようやく再び頑張ろうと思える身体に戻った喜びがあります。

Img_9627

~近くの公園の大島桜は実がたくさん付いている。

まるでマリンバのバチのよう。

桜の樹からは賑やかな音楽が聴こえてきそう~

 

 

2021年4月19日 (月)

私にも春が来た

 

先週金曜日、

つくばサロンコンサートの再出発を一緒に見届けられ、

大切な日常が戻って来た安堵と嬉しさから、

ようやくリラックス。

Img_9360

週末の散歩で見たのは、

もう一つの桜吹雪 桜の絨毯 関山と松月。

ソメイヨシノが終わると皆さん出て来なくなる。

もったいないなぁ。。

Img_9366

私の好きな黄色と黄緑の組み合わせの山吹も咲き、

タンポポのファミリーは、

旅に出る準備ができた者から、

次の場所へと飛び立つ。

それにしても、タンポポの綿毛って綺麗。

Img_9346

 

Img_9341

 

Img_9340

 

今日はもう一つの近所の公園へお散歩。

葡萄のような藤棚にはブンブン言う蜂の羽音が必ずセット。

美味しいんだろうなあ、、と思う甘い香り。

ツツジやサツキも開花が早く、

よく見るとカールした美しいまつ毛のようなおしべたち。

白にわずかにピンクがかって綺麗で、

思わず写メ。

Img_9384

 

Img_9377

台風2号は猛烈な勢力だそうで、今朝は大きな発作→小発作と続いたものの、

回復早く元気にお散歩。

発作のタイプが変わったのにも少し慣れて来た。

Img_9370

この一週間、1年以上ぶりにいろいろな人と会う機会が多数あり、

人に会えるって、話ができるっていいなあ、、、と思いました。

家に居ると、1週間の間同じ2枚の服を洗って着まわしてるだけだったのが、

外に出るとなると何を着ていこうか考えるのも新鮮なくらいのお篭り生活。

 

いろいろあるけれどそれでも、

ようやく春になった気がします。

 

2021年4月14日 (水)

つくばサロンコンサート 再出発!

 

今週の金曜日から、「つくばサロンコンサート」が再スタートいたします!

一日降り続いた今日の雨の後は、

きっと植物が生き生きと輝くように、

コロナ禍にあっても変わらずにいつものように、

生活に寄り添う音楽をお届けいたします。

Img_8821_20210414204201

毎月第3金曜日に、

時間は各月様々に、出演者もバラエティーに富んで、

憩いの1時間を、つくば駅から歩いて3分のアルスホールでいかがでしょうか?

お待ち申し上げております💛

 

詳細はHPをご覧ください。

尚、ネット予約が優先されます。

 

WEB

 https://tsalonconcert.wixsite.com/website-1

 

 Facebook

 https://www.facebook.com/tsukubasalonconcert/

2021年4月13日 (火)

新学期スタート

ようやく我が家も新年度スタート。

今日から4か月以上ぶりに施設通所が始まりました。

といっても最初は、去年と同じ火曜日の午前中のみ。

娘も施設の方もお互いに慣れていきながら、少しずつ施設利用を増やしていく計画。

Img_9290

~日曜日。近所の公園では八重桜の関山が満開に~

 

 

去年は週1回、10時から12時の2時間利用で、

私は送り迎えの間どこかで用事を済ませているというパターンでしたが、

今日からは朝はお迎えのバスが9時に来て、

私は12時に迎えにいくというもの。

家に一人でいる時間が14か月ぶりにできました。

 

いや、もちろん誰よりも愛する娘なので、

一緒に居ることは可愛くて嬉しいけれども、

そうは言っても四六時中見守りをするのは、

神経が疲れます。

夜中も発作対応だしね。

 

毎日眠い、、。

大したことやってないのに、なんか疲れる、、、

目がかすむ、晴れの日は眩しい、

さらに先週の水曜日は左目が痛い

などいろいろ不調があったため、考えていました。

 

もちろん、まずは睡眠確保。

余計なことは極力しないように努める。

で、最近聞いた論文解説チャンネルによると、

マルチタスクが脳を疲労させるので、

なるべくシングルタスクにチェンジした方がいいという話にヒントをみつける。

 

私はほぼ一日中マルチタスク。

料理をしていても、ヴァイオリンを弾いていても、何をしていても、

常に危なくないか娘のことを見ている。

さらに、本要約チャンネル、論文解説チャンネルにこのところはまっているため、

家事をしながら、昼食を摂りながらもそれらを聞いていると、

ますますマルチの時間ばかりになる。

頭(欲)は「聴きたい」と思うけれど、身体はちょっと拒否する感じがある。

で、減らしました。

 

そういうのは、同時進行で何かをやっているのではなく、

二つの回路を切り替えているのだそう。

だから、疲れるらしい。

数年前から流行っているマインドフルネス瞑想は、

だからこそ忙しい現代に求められている。

私も20代の頃から瞑想には興味があって、

いくつかのワークショップに参加して、

その気持ちよさ、他では得られない充実感などを体験済みですが、

なかなか自分の生活には取り入れられずに時が過ぎていく。

 

マインドフルネスはとりあえず脇に置いておいたとしても、

これから火曜日の午前中は、集中して練習できる!と思うと、

今日はとても張り切った新鮮な気持ちになれました。

練習で集中できるだけでも少しは、

今ここに居る瞑想に近いものはある。

Img_9245

~モッコウバラも咲き始めました。木漏れ日が散った花びらのようにも見える~

 

 

で、一人で練習してみると、

ああ集中するってこういう感覚だったな、、、と思い出す。(笑)

つまり、この1年半、私の練習ってなんだった?

いや、鍛えられて来た!と思いましょう。(^^

 

施設から、週に1回半日しか受け入れられないと聞いた当初は、

え~??うちの娘はこんなに頑張って大変な手術を経て、

てんかんという病気を戦って、

以前よりよくなっているのに、、、。

悲しいやら怒りやら落胆やら、

うちの娘の社会での居場所はないの!と泣きたいような気持など

いろんな感情が渦巻きましたが、

こちらの体制は整っても、

あちらの体制(新しい職員さんが多くてスキル不足)の事情もあるのだ

と最近ようやく頭だけでなく、心も納得できました。

Img_9312  

~今までで一番たくさん咲いてくれたヤマツツジももうすぐ終わり~

 

 

今日は初日を終えて、

娘が元気に過ごせたと喜んでくれる職員さんたちの見送りに

施設なりに精いっぱいやってくれていることが伝わり、

こちらの都合で さあ元通りの生活に!とはすんなりいかないことも

受け入れられる気持ち。

コロナの第4波も懸念されるので余計に、

少しずつがちょうどいい時期かな。

 

昨晩はまるで新学期を迎える幼稚園生の親のように(幼稚園とか言ってごめんね!)

持ち物、発作の新しいマニュアル作り、非常時の3日間の薬の準備、連絡帳と

久しぶりの社会生活の準備に忙しく、でも嬉しかった。

落胆と希望と、失敗と工夫と。

いや、今や慣れて当たり前に思っていた福祉サービスも本来感謝でしかなく、

時には我慢も、時にははっきり希望を伝えることも、

もちろん相手を思いやることも、

すべては学びだなと改めて思う。

 

私は娘のてんかんという難しい病気を課題に持っているためか、

人間関係の煩わしさからは解放されている。

娘のお陰で、周りには良い人しか縁がない。

晴れの日も雨の日も、とにかく歩み続けると誓う新年度です。

Img_9211

~先週、ヘルパーさんとあけぼのやま公園にチューリップを見に。

近場のオランダの風景~

 

Img_9216

~ドラえもんのどこでもドアが出現!~

 

Img_9241

~金曜日は薬もらいの通院の帰りに、娘とテネレの木でランチ~

 

 

«音楽の力